ブラガ、ポルティモネンセ主軸に再オファーを用意。昨夏に続くラブコールは実るか

『zerozero.pt』

ブラガが、ポルティモネンセのブラジル人MFパウリーニョの獲得を引き続き目指しているようだ。

ポルトガル北部有数の強豪チームであるブラガは、夏にもパウリーニョへの獲得オファーを提示したが、提示額がポルティモネンセを納得させることができず交渉はまとまらなかった。ポルティモネンセがチームの主軸である23歳のブラジル人に設定する違約金は2000万ユーロと想定されており、獲得にはそれなりの資金が必要であるが、ブラガが用意する再オファーは、またしてもこれを満たしていない。しかし、『zerozero.pt』よると「アルガルベ地方のチームにとって有益な合意が含まれる」とし、ポルティモネンセの要求額を満たさない金額のオファーに、ブラガが何かしらのメリットを付け加えることが予想されている。

日本人FW中島翔哉の活躍もあり、今季のポルトガルリーグで最大のサプライズのひとつとなっているポルティモネンセ。パウリーニョは、そのチームで18試合に出場し、3ゴールを挙げている活躍をし、国内外の複数クラブから関心を寄せられている。

©FutePor -ふとぽる-