ビラス・ボアスと4冠も経験したポルトのレジェンドGKが監督として現場復帰!

『zerozero.pt』

かつてポルトに所属し、2015-16シーズンに引退を表明した元ブラジル代表GKエウトンが、ポルトガル選手権に所属するフレアムンデの監督に就任することが正式に発表された。

フレアムンデは、現在ポルトガル3部相当のポルトガル選手権を戦うチーム。現在選手権セリエBの降格圏に位置しており、エウトンには降格圏脱出という難しい使命が託されたようだ。

エウトンといえば、アンドレ・ビラス・ボアス時代の2010-11シーズンに、4冠の歴史的な1年を送るなど、黄金期を作ったポルトでキャプテンを務めたクラブのレジェンド。監督デビュー戦が、そのポルト郊外に位置するゴンドマールとの対戦になることも決まっており、地元では大きな注目が集まりそうだ。

©FutePor -ふとぽる-