代表コーチがポルティモネンセ中島翔哉を視察!1G1Aの活躍で日本代表入りに一歩前進?

『maisfutebol』

敵地フェイレンセ戦で1-3の勝利を飾り、自らも1ゴール1アシストの大車輪の活躍を果たしたポルティモネンセ中島翔哉。この日、フェイレンセのマルコリーノ・デ・カストロ・スタジアムに、日本代表監督ヴァイッド・ハリルホジッチのアシスタントコーチが視察に訪れていたようだ。フェイレンセの首脳陣が、試合後ポルトガルメディアに公表した。

まさに「試合に出れば決める」と言っても過言ではないほどに、ポルティモネンセの得点源として活躍している中島は、この日もウイングのポジションでスタメン出場を果たした。70分には、敵ディフェンスライン裏への絶妙なスルーパスでウェリントンのゴールをお膳立てし、88分には、右サイドからのクロスをトラップした後、わずかに前に出ていた敵GKのポジショニングを見極めて技ありのループを沈め、今季リーグ9得点目を決めた。

いよいよロシアW杯が直前に迫る中、視察に訪れた日本代表コーチに自らの存在を存分に見せつけた中島。1ゴール1アシストでまたもポルトガルメディアを賑わす活躍で、滑り込みでの日本代表メンバー入りに一歩近づいたのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-