英誌「次世代の監督」25名にポルトガル人監督4名が選出!PSG後任候補に上がった2人も

『maisfutebol』

英誌『World Soccer』が3月、「世界のサッカーシーンにおける次世代の監督」25名を選定。ポルトガル人監督からは4名が選ばれた。

今回選ばれた4名は、ポルトのセルジオ・コンセイサオン、リオ・アベのミゲウ・カルドーゾ、シャフタール・ドネツクのパウロ・フォンセッカ、そして、トンデーラのペパ。
コンセイサオンは、ポルトガルリーグ第27節時点でポルトを首位に導き、2012-13シーズン以来となるリーグ王者のタイトル獲得が期待されている。
パウロ・フォンセッカは、リーグ3位の奇跡を成し遂げたパソス・デ・フェレイラやポルト、ブラガなどで実績を積み、現在はシャフタール・ドネツクを率いてリーグ首位。CLでは、ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティに勝利するなど、世界のサッカーシーンで赤丸急上昇中のポルトガル人指揮官の1人であり、コンセイサオンとともにパリ・サンジェルマンの次期指揮官候補にも報じられている。
ミゲウ・カルドーゾは、このフォンセッカのもとでアシスタントコーチを務め、今季よりポルトガルのリオ・アベを率いている。ポルト近郊の中クラブを現在リーグ5位に導いており、国内での評価を高めている。
今回選出された4人のうち最年少となる37歳のペパは、毎年降格候補に挙げられるトンデーラを今季途中より率い、リーグ11位と大健闘している期待の新星である。

なお、今回選出された25名のうち、上記ポルトガル人監督4名以外には、ニコ・コバチ、ユリアン・ナーゲルスマン、マッシモ・オッド、マウリツィオ・サッリ、パトリック・ヴィエラなどが選ばれている。

「次世代の監督」として挙げられた4名は、ジョゼ・モウリーニョ、アンドレ・ビラス・ボアスレオナルド・ジャルディンマルコ・シウバなど、海外リーグやCLで躍進し一時代を築いた先人に並べるか。今後の活躍に期待がかかる。

※セルジオ・コンセイサオン、ミゲウ・カルドーゾ、ペパについては、下記記事も是非ご参考ください。

©FutePor -ふとぽる-