ポルト、5年ぶりのリーグ優勝!記録的な戦績で、2節を残して「ホテルで」祝福!

2017-18シーズンのポルトガルリーグは、最終節を残しリーグ王者が決定。リーグ4連覇中のベンフィカの猛追を振り切り、ポルトがアンドレ・ビラス・ボアスビトール・ペレイラに率いられ3連覇を達成した2012-13シーズン以来となるリーグタイトルを獲得した。

今季は序盤から圧倒的な強さを見せつけ、リーグ首位を独走していたポルト。しかし、終盤に失速し、序盤戦では苦戦を強いられたベンフィカの猛追を受け、一時リーグ首位の座を受け渡した。それでも、2位で迎えたベンフィカとのクラシコを、メキシコ代表エクトル・エレーラの終了間際の歴史的な決勝弾で制して首位を奪還。第33節にホームでフェイレンセを破れば優勝が決まるという前日に、ともに勝ち点5差で追い上げられていたベンフィカとスポルティングによるリスボン・ダービーがスコアレスドローに終わったことで、フェイレンセ戦を戦わずして、リーグ優勝を決定させた。

そのため、ポルトの面々は宿泊していたホテルでタイトル獲得の瞬間を祝うことに。ポルトの市民も、試合を翌日に控えながら、街の中心部につめかけ、2013年にスーペルタッサを制して以来5年ぶりとなるタイトルを祝福した。

今季より古巣ポルトの監督に就任したセルジオ・コンセイサオンにとって、嬉しい監督初タイトルは、ポルトの選手・監督両方でリーグを制した3人目という歴史的なタイトルに。第32節までに勝ち点82という驚異的な数字は、2002-03シーズンのジョゼ・モウリーニョ以来となる好成績で、見事クラブのレジェンド監督と名を連ねる形となった。

ベンフィカのリーグ5連覇を阻止し、28個目のタイトルを獲得したポルト。「Sempre a cantar por ti. Contigo até o fim. Tu és o nosso amor.(いつまでもお前のために歌う。最後までともに。お前は俺らの愛)」とシーズンを通して歌い続けた熱きサポーターの思いが、ようやく報われた瞬間だった。

©FutePor -ふとぽる-