ポルトガル代表がロシアW杯に臨む23名を発表!バルセロナの2人が外れる

『zerozero.pt』

ポルトガル代表フェルナンド・サントス監督が、ロシアW杯に臨む23名のメンバーを発表した。

これまで代表チームを支えてきた主力選手の怪我やコンディション不良等により、直前の代表招集でしか登用されていない数名の選手がサプライズ招集となった。

CBには、ベンフィカの若手ルーベン・ディアスがサプライズ選出。また、怪我が心配されたぺぺもメンバー入りを果たした。1番の激戦区であるRSBには、ポルトで好調の1年を過ごしたリカルド・ペレイラが選ばれ、これまで代表を支えてきたネウソン・セメード(バルセロナ)とジョアン・カンセーロ(インテル)が招集外となった。また、ファビオ・コエントラン(スポルティング)が辞退したとされるLSBには、ナポリのマリオ・ルイが土壇場でメンバー入りを果たした。

ポルトのダニーロ・ペレイラが負傷離脱となったCMFのポジションには、ロシアでプレーするマヌエル・フェルナンデスがサプライズ選出。イングランドチャンピオンシップで充実の1年を過ごしたルーベン・ネーベスらは外れた。多くのタレントを有するOMFのポジションは、スポルティングでリーグMVP級の活躍を見せたブルーノ・フェルナンデスや、代表の「10番」ジョアン・マリオらが選ばれ、バルセロナのアンドレ・ゴメスが23名の枠から弾き出された。

FW陣は順当に選出。注目された最後の1枠は、バレンシアの若手ゴンサロ・グエデスが勝ち取り、ベテランのルイス・ナニや、EURO2016優勝のヒーロー、エデルらは外れた。

いよいよ開幕が迫ったロシアW杯。EUROとのダブルを狙うポルトガルは、グループBに所属し、スペイン、イラン、モロッコと対戦する。

以下、ロシアW杯に臨むポルトガル代表23名(☆印はサプライズ選出)

GK
ルイ・パトリシオ(スポルティング)
ベト(ギョズテペ)
アントニー・ロペス(リヨン)

DF
ルーベン・ディアス(ベンフィカ)☆
リカルド・ペレイラ(ポルト)☆
マリオ・ルイ(ナポリ)☆
ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)
セドリック・ソアレス(サウサンプトン)
ジョゼ・フォンテ(大連一方)
ぺぺ(ベシクタシュ)
ブルーノ・アウベス(レンジャーズ)

MF
マヌエル・フェルナンデス(ロコモティフ)☆
ウィリアン・カルバーリョ(スポルティング)
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
ジョアン・マリオ(ウェストハム)
ジョアン・モウティーニョ(モナコ)
ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)
アドリエン・シウバ(レスター・シティ)

FW
リカルド・クアレスマ(ベシクタシュ)
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)
アンドレ・シウバ(ミラン)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
ゴンサロ・グエデス(バレンシア)

©FutePor -ふとぽる-