ロシアW杯後初のポルトガル代表が発表!ロナウド不在で準王者戦と新リーグ開幕戦の2連戦へ

『zerozero.pt』

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が、ロシアW杯以後初となる代表メンバーを発表した。

新しく始まるネーションズ・リーグ、大会王者として臨むEURO2020、そしてベスト16に終わったロシア大会からの挽回を目指す2022年カタールW杯。新たな4年間の船出となる新生ポルトガル代表には、多くのサプライズ招集が巻き起こった。

これまでポルトガル代表を牽引してきたキャプテンでありエースのクリスティアーノ・ロナウドは、ユベントス移籍による新環境への適応を考慮して選外に。ロシア大会を戦ったジョゼ・フォンテやリカルド・クアレスマ、ジョアン・モウリーニョらベテラン選手のほか、これまで主軸として代表を支えてきたジョアン・マリオアドリエン・シウバらもリストから外れた。

代わって、多くの若手選手やサプライズ選出となる選手が招集された。トンデーラGKクラウディオ・ラモス、モンペリエDFペドロ・メンデス、リーグ王者ポルト中盤の要セルジオ・オリベイラらは、20代も中盤に差し掛かる年齢でようやくフル代表に初招集。次世代のDFリーダーとして、ロシア大会では出場機会なしに終わったルーベン・ディアスが引き続き選出された。中盤にはベンフィカの新生ジェドソン・フェルナンデスが初選出され、ウルバーハンプトンで好調を維持するルーベン・ネーベスや、EURO2016で大ブレイクした怪物レナト・サンチェス、ポルトガルリーグで開幕から得点を量産するピッツィらが復帰。FWには、ロニー・ロペスやブルーマなど若手選手が復帰し、前線の陣容は一気に若返った。

大エース、クリスティアーノ・ロナウドを温存した新生ポルトガル代表は、9月6日にロシアW杯準王者のクロアチアと親善試合を行い、10日には新大会ネーションズ・リーグの初戦イタリア戦を戦う。

以下、新生ポルトガル代表メンバー24名

GK
クラウディオ・ラモス(トンデーラ)初
ルイ・パトリシオ(ウルバーハンプトン)
ベト(ギョズテペ)

DF
ジョアン・カンセーロ(ユベントス)
ルイス・ネト(ゼニト)
ペドロ・メンデス(モンペリエ)初
ぺぺ(ベシクタシュ)
ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)
ルーベン・ディアス(ベンフィカ)
マリオ・ルイ(ナポリ)
セドリック・ソアレス(サウサンプトン)

MF
ジェドソン・フェルナンデス(ベンフィカ)初
ルーベン・ネーベス(ウルバーハンプトン)
ピッツィ(ベンフィカ)
セルジオ・オリベイラ(ポルト)初
レナト・サンチェス(バイエルン)
ウィリアン・カルバーリョ(ベティス)
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)

FW
ロニー・ロペス(モナコ)
ブルーマ(ライプツィヒ)
アンドレ・シウバ(セビージャ)
ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)
ゴンサロ・グエデス(バレンシア)
ジェウソン・マルティンス(アトレティコ・マドリード)

リストから外れたロシアW杯出場選手

アントニー・ロペス
ブルーノ・アウベス
ジョゼ・フォンテ
リカルド・ペレイラ
マヌエル・フェルナンデス
ジョアン・モウティーニョ
ジョアン・マリオ
アドリエン・シウバ
リカルド・クアレスマ
クリスティアーノ・ロナウド

©FutePor -ふとぽる-