【動画付き】中島翔哉、2G1Aの大暴れで5試合目にして初白星!現地メディアも大絶賛「メッシのようなゴール」

18-19季ポルトガルリーグ第5節、ポルティモネンセ対ビトーリア・ギマラインスの試合が行われ、ホームのポルティモネンセが一昨季4位の強豪チームを3-2で撃破。5試合目にして今季リーグ初白星を挙げた。

ようやく長いトンネルから抜け出したポルティモネンセ。暗闇に沈むチームで一際輝いたのが日本代表FW中島翔哉だった。試合開始早々の5分に個人技で先制点を挙げ、嬉しい今季リーグ初ゴールを記録。さらに、1-1で迎えた69分には、ポルトから復帰した昨季の黄金コンビ、パウリーニョのゴールをお膳立てして勝ち越し弾を演出した。その後82分にギマラインスFWオラ・ジョンの得点により2-2に追いつかれるも、直後の86分には相手守備陣のミスからライン裏に抜け出すと、芸術的な「シャペウ(ポルトガル語でループシュート)」でGKとの1対1を制し、決勝点を叩き込んだ。

2ゴール1アシストと大車輪の活躍を見せた中島翔哉をポルトガルメディアはこぞって称賛。以下の通り、各メディアが同選手の活躍ぶりをタイトルにした記事を掲載した。

『zerozero.pt』:「ナカジマという名の小さな天才」

『Record』:「東洋の輝きが美しい試合を決定づける」

『Record』:「動画-ポルティモネンセに勝利をもたらしたナカジマの「メッシのような」ゴール」

中島の決勝点により強豪ギマラインスを下したポルティモネンセは、15位に浮上して降格圏を脱出。試合終盤には、今夏獲得した元ポルトガルリーグ3年連続得点王ジャクソン・マルティネスが、中国で大怪我を負って以来約2年ぶりにピッチに戻り、即座に2度の決定機を作るなど明るい話題尽くし。破壊的な攻撃力でリーグを席巻した昨季のように、今季もダークホースとなれるか。新たなエースFWをエンジンに搭載し、いよいよポルティモネンセがそのアクセルを踏み出した。

©FutePor -ふとぽる-