浦和レッズCBマウリシオ、中島翔哉について語る「彼は日本代表の未来」

『O JOGO』

昨季は初挑戦のポルトガルリーグで2桁得点2桁アシストの衝撃を残し、今季も3強の一角スポルティング相手に2ゴール2アシストを記録するなど、センセーショナルな活躍を見せている中島翔哉。日本代表の10番として臨んだウルグアイ戦でも、南野拓実の先制点をアシスト、大迫勇也があげた2点目の起点になるなど、エースに相応しい活躍をして、代表でもその価値を急上昇させている。

そんな中島翔哉について、かつてポルティモネンセに所属した経歴もある現浦和レッズCBマウリシオがコメント。ポルトガルメディア『O JOGO』が報じた。

「当初、ナカジマはよく知られてなかったけど、ポルティモネンセで良いパフォーマンスを発揮してから代表に呼ばれ、今や「宝石」※のように扱われている。アナリストたちにとって、彼は日本代表の未来なんだ」

(※ポルトガル語で宝石はjoia。shoyaと発音が似ていることから、現地メディアでは頻繁に中島翔哉を指す言葉として使用される)

「日本人は、代表にものすごく重きを置く。代理人も、W杯を含め、代表選手としてなるべく高いステージに到達できるような計画を描いている。ナカジマはそのような「賭け」において、いま最も可能性がある選手の1人とされているんだ」

「(セビージャからの関心など)自分自身もそういった情報は追っているし、試合も見ている。ここ数年ポルティモネンセが示してきたように、あのクラブはナカジマが成長し、自身の価値を高めるのには最適だ」

Jリーグでプレーする元ポルトガルリーガーにも活躍ぶりを認められた中島翔哉。その勢いは衰える気配がない。出色の活躍を果たしたウルグアイ戦を経て、今後ポルトガルリーグでもどのような活躍を見せてくれるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-