フェネルバフチェのビトール・ペレイラ監督が古巣の元10番キンテロ獲得に興味

『zerozero.pt』

CL予選から敗退したものの、フェネルバフチェは移籍市場にて積極的な動きを見せている。ルイス・ナニら、ビトール・ペレイラ新監督の所縁の地であるポルトガルから有力選手を数名獲得しているが、トルコクラブの次なるターゲットとして浮上したのが、ポルトで戦力外となったコロンビア代表MFファン・キンテロだ。

トルコメディアによると、キンテロはビトール・ペレイラが獲得を望む選手の1人であるようだ。フェネルバフチェはポルトから同選手をレンタルで獲得する意向だ。

キンテロは2017年までポルトと契約を残している。しかし、これまで背負ってきたエースナンバー10番を新加入のオズバルドに奪われるなど、ロペテギ監督の構想には入れていない。同選手は、かつて所属したセリエAから熱い視線を浴びており、他にはボローニャやキエーボ、サンプドリアなどが獲得を狙っている。

©FutePor -ふとぽる-