前田大然、マリティモでの充実を語る「もうこのクラブのファミリーなのだと感じた」

松本山雅からマリティモにレンタル移籍を果たした日本代表FW前田大然が、マデイラ諸島のクラブにおける充実の生活についてコメント。クラブ公式HPが紹介した。

前田は、マデイラの地元メディア『JM』のインタビューに応答。ポルトガルサッカーと日本のサッカーの違いについては、「大きな違いは、ゲームを取り巻く環境。スタジアムが満員になり、サポーターが叫んでいる様子を気に入ったし、マリティモのことを呼んでいるのだと聞いていて分かった」と、約1万人収容の小規模スタジアムの雰囲気に、早速感動していることを語った。

スポルティングとのリーグ開幕戦に途中出場した前田は、このサポーターの熱量について、「最も印象的だったのは、プレシーズン、ラス・パルマスとのホームお披露目試合。数日前に到着したばかりだったけれど、ピッチに入ったときは、もうこのクラブのファミリーなのだと感じられた」と感激。「このような環境は幸せに感じるし、おかげでピッチ内で楽しむことができる。全員が勝利のために戦っていることが分かるので」と、ホームスタジアムでの充実ぶりを明かした。

最後に、「自分の仕事、そして、ここで学ぶことに集中している。自分信じて賭けてくれたチームに役立てるように」と、意気込みを口にした。

(※上記日本語は、現地メディアのポルトガル語を日本語訳したもの)

すでに、ポルトガルの3強スポルティング相手に十分なインパクトを残した前田大然。今後はマリティモのサポーターが彼の名前を叫ぶ機会が一層増えることだろう。

©FutePor -ふとぽる-