スポルティングでスーペルタッサ優勝のジョルジ・ジェズスが新たな記録で歴史に名を刻む

『zerozero.pt』

日曜日のスーペルタッサで、6年間率いた古巣ベンフィカを下し、スポルティングに今季初のタイトルをもたらしたジョルジ・ジェズス監督。この優勝によって、新たな記録が作られた。

ジョルジ・ジェズスは、異なる2チームでスーペルタッサを2年連続獲得した初の監督となった。昨季にはベンフィカを率い、アベイロの地にてリオ・アベをPK戦の末に下した。そして、今季は新天地スポルティングで2年連続のスーペルタッサを祝福したのだ。

これまでは、アントニオ・オリベイラとオタービオ・マシャードが記録を保持していた。かつての名監督である2人は、異なる2チームでスーペルタッサを獲得したが、2年連続での偉業は今回のジョルジ・ジェズスが初となったようだ。

©FutePor -ふとぽる-