ルイ・コスタがスーペルタッサ敗北を語る「チームは補強に向かうが、それはたった1試合によるものではない」

『A BOLA』

かつてのベンフィカの名選手で、現在はクラブのディレクターを務めるルイ・コスタがインタビューに登場し、シーズン最初のトロフィーを掲げることができなかった悲しみを認めた。しかし同時に、将来への自信を語り、チームのさらなる補強を明言した。

「ベンフィカは移籍市場へ向かうが、それはたった1試合のせいではない。8月31日まで分析し決断する時間はある」

「ベンフィカがスポルティングに敗れたという事実は、我々が慣れていない出来事であり、欲してもいなかったことだ。しかし、これはシーズンの最初の試合にすぎない。まだ修正できる試合はたくさんある。普段のシーズンの始まりのようには素晴らしい試合とはならなかったが、この先控えている試合への準備はできている」

「私は、ベンフィカとルイ・ビトーリアについて、比較することなく話している。残念ながら勝つことはできなかったが、勝利のために戦えた。サポーターの支えには感謝している。シーズンを通して、最善を尽くして戦うことを誓おう」

©FutePor -ふとぽる-