日本人投資家がポルトガル2部オリベイレンセに経営参画!

Pocket

ポルトガル2部リーグに所属するオリベイレンセが、日本人投資家である金哲碩(Akihiro Kin)氏からの資金調達を受けて、同クラブの経営主体となる公開有限会社(SAD:Sociedade Anónima Desportiva)を創設。SADのプレジデントには、シントトロイデンなどで経営幹部を務めてきた山形伸之氏が就任することを発表した。

オリベイレンセの公式HPによると、金哲碩氏は、nuts&aboutという投資会社を経由して、SADの株式の70%を取得。金哲碩氏は東京都出身の39歳であり、現在はスマホゲームアプリの開発会社f4samuraiの代表取締役社長を務めている。今回の実質的なクラブ買収に際して、金氏は「ヨーロッパのクラブに投資したかった、それが私の大きな挑戦。その際に、山形氏と話をして、ポルトガルリーグを選んだ。幸いにも、オリベイレンセという97年の偉大な歴史を誇るクラブと話すことができた。クラブの方々、オラーシオ会長、街の雰囲気全てを気に入って、投資することを決めた。オリベイレンセには、成長のポテンシャルがあると感じている。ポテンシャルを最大限引き出せるよう、良い組織制度やトレーニングセンターを構築したい」と意気込んだ。

経営の実務を担う山形伸之氏は、東京都出身の49歳。同氏は、DMMによるベルギーのシントトロイデン買収とその後の経営に関与していた経歴を持つ。「現時点で、我々の主な目標は2部リーグ残留。それに全員が集中している。そのために全力を尽くすし、それが自分にとってシーズン末までの挑戦であり仕事」と、下位に低迷するクラブの残留を誓った。

日本企業から投資を決意した背景として、オリベイレンセの会長であるオラーシオ・バストス氏は、「我々の理解では、プロリーグで競争力のあるチームになり、市場にくらいつけるタレントを育成するプロジェクトを成し遂げるためには、オリベイレンセを公開有限会社化する必要があった。いくつかのプロジェクトや投資家から話を聞いが、我々の現実と野心に適切なものを選んだ。クラブはいまも、そしてこれからも常にソシオとともにある」と、経営実権の交代について、ファン・サポーターへの声明を発表した。

オリベイレンセは1922年創設、ポルト郊外のオリベイラ・デ・アゼメイスに位置するクラブ。本拠地のカルロス・オゾーリオスタジアムは4000人のキャパシティを保有する小クラブである。現在、2部リーグで16位に沈んでおり、ひとつ順位を落とせば3部相当のポルトガル選手権に降格する危機に瀕している。

ポルトガルでは、1部ポルティモネンセが多くの日本人選手をプレーさせていることが知られるが、同クラブも今後、日本人選手にとってヨーロッパの舞台に一歩踏み出す足がかりになるに違いない。

©FutePor -ふとぽる-