スポルティングの主力2選手がクラブと契約延長

『A BOLA』

木曜日、スポルティングが主力選手2名との契約延長を公式発表した。

1人目が中盤の要ジョアン・マリオ。2018年6月までの契約を2020年まで延長した。4500万ユーロに設定されていた違約金は6000万ユーロへ高騰。若手ポルトガル代表MFを狙う世界の強豪クラブを牽制する形となった。

「もっと多くの時をスポルティングと過ごすことができ、とても幸せだ。今日は僕にとって素晴らしい1日になった。僕の仕事と価値が認められた証だ。長年この場所にいるけれど、ファーストチームでプレーすることは常に夢だった。そして幸運にも、その夢を達成してこれた」

2人目がエースのイスラム・スリマニ。ジョアン・マリオの契約延長が発表されたすぐ後にこちらも正式発表された。スリマニも2017年の契約を2020年まで延長し、違約金は3000万ユーロが維持された。

「ここで選手として大きく進化できた。昨年のカップ戦と昨日のスーペルタッサに続き、より多くのタイトルをスポルティングで獲得できるよう願っている。スポルティングと契約延長できたことはとても嬉しい。僕がしてきた仕事が認められた証だ」

世界各国のクラブが獲得を狙った両者を、ジョルジ・ジェズス新監督はチームの中心に据えると度々明言してきた。ベンフィカやポルトらライバルが主力選手を引き抜かれる中、スポルティングは無事残留させることに成功したのだった。彼らの契約延長が、スポルティングがタイトルを本気で狙う今季の、最重要な補強になったことだろう。

©FutePor -ふとぽる-