アデルラン・サントス獲得のため繰り広げられたポルトガル人監督による三つ巴の争い。制したのはバレンシア

『zerozero.pt』

3人のポルトガル人監督が率いるビッグクラブが競合して獲得を狙っていたブラガCBアデルラン・サントス。その移籍先は、レオナルド・ジャルディンのモナコと、マルコ・シウバのオリンピアコスを退けた、ヌーノ・エスピリト・サント率いるバレンシアになりそうだ。

ブラジル人大型CBであるアデルラン・サントスは、2012-13シーズンよりブラガでプレー。現在はバレンシアの地でメディカルチェックを受けており、木曜日には契約が正式に発表されるようだ。ポルトガルリーグきっての注目選手を国外のポルトガル人監督が放っておくはずもなく、レオナルド・ジャルディン率いるモナコもその獲得に躍起になっていた。しかし、奇しくもCLプレーオフ同様、バレンシアに敗れ去る形となってしまった。

ヌーノ・エスピリト・サントは、マンチェスター・シティに移籍したニコラス・オタメンディの後継者として、アデルランに注目していた。ポルトガル人監督による三つ巴の争奪戦を制し、無事に期待の大型CBをチームに迎え入れることができそうだ。

©FutePor -ふとぽる-