EURO準Vの注目世代U-21ポルトガル代表が大会後初の新メンバーを発表!新戦力がズラリ

『zerozero.pt』

金曜日、U-21ポルトガル代表監督ルイ・ジョルジが、9月8日に控えた2017欧州選手権予選アルバニア戦に向けた代表メンバーを発表した。

A代表と日程が重なったことから、ジョアン・マリオベルナルド・シウバラファエル・ゲヘイロら、先日の2015欧州選手権準優勝の立役者がこぞって離脱。フル代表に抜擢された。そのため、前回の準優勝メンバーのうち残ったのは、ブルーノ・バレーラ、トビアス・フィゲイレード、ルーベン・ネーベスカルロス・マネーゴンサロ・パシエンシアリカルド・オルタの6選手のみとなり、クラブのBチーム所属を含めた新顔が多く招集された。

すでに2017欧州選手権を見据えた注目の世代。次なるステージに向けて、新たな戦力の発掘を最重要課題に設定したようだ。

以下、U-21ポルトガル代表メンバー
(☆印は筆者が独断と偏見で選出した注目選手。☆の数が多いほど要注目)

GK
アンドレ・モレイラ(U.マデイラ)
ジョエル・ペレイラ(マンチェスターU)
ブルーノ・バレーラ(ベンフィカ)☆

DF
ヌーリオ・フォルトゥーナ(ブラガ)☆
ペドロ・ヘボッショ(ベンフィカ)
ラファ(ポルト)
マウロ・ヒキーショ(スポルティング)
ルーベン・ベーゾ(バレンシア)☆
ファビオ・カルドーゾ(パソス)
トビアス・フィゲイレード(スポルティング)☆☆☆
エドガル・レー(ビジャレアル)

MF
ジョアン・テイシェイラ(ベンフィカ)☆
ブルーノ・フェルナンデス(ウディネーゼ)
ルーベン・ネーベス(ポルト)☆☆☆
ラファエル・グッゾ(トンデーラ)
ロニー・ロペス(モナコ)☆☆
フランシスコ・ラモス(ポルト)

FW
アンドレ・シウバ(ポルト)☆
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)☆☆☆
リカルド・オルタ(マラガ)☆☆☆
ゴンサロ・パシエンシア(アカデミカ)☆☆
カルロス・マネー(スポルティング)☆☆☆
ブルーマ(レアル・ソシエダ)☆☆

©FutePor -ふとぽる-