ギマラインスが新監督コンセイサオンの就任を正式発表!初戦は古巣ブラガとのミーニョ・ダービーへ

『A BOLA』

アルマンド・エバンジェリスタを成績不振を理由に解任していたギマラインスは、新監督セルジオ・コンセイサオンの就任を正式発表した。

ギマラインスは、昨季チームを5位に導いたルイ・ビトーリアをベンフィカに引き抜かれ、Bチームのエバンジェリスタを今季より昇格させていたが、41歳、トップチーム経験の浅い若手監督は、開幕から5試合を戦って1勝3分1敗と不振に陥っていた。

新たにクラブを率いるセルジオ・コンセイサオンは、昨季ブラガをリーグ4位に導いた経験豊富な名将。ポルトガルカップで当時マルコ・シウバ率いるスポルティングに、試合を有利に運びながらもまさかの敗北を喫したこともあり、わずか1シーズンで解任されていた。

そんな個人的因縁を持つブラガとは、北部ミーニョ地方のライバルクラブであるギマラインス。その監督に就任したコンセイサオンの初戦の対戦相手は、なんという偶然か、ブラガに決まった。

「他の試合と同じように、この試合にも勝つために立ち向かう。勝利への新たな冒険が始まるという壮大な想いを抱いている。復讐などといったものはない。両クラブに存在するライバル関係については理解している」

新たに率いる強豪クラブを「ミーニョ・ダービー」勝利に導き、自らを切り捨てた古巣相手にリベンジを果たせるだろうか。ちなみに、現在ブラガの監督を務めるパウロ・フォンセッカがポルトを率いていた当時、コンセイサオンはアカデミカの監督としてポルト相手に歴史的勝利を挙げた過去を持つ(写真)。ポルトガル国王が誕生した地ギマラインスで、名将コンセイサオンが新たな冒険に挑む。

©FutePor -ふとぽる-