ここまで全試合にスタメン出場。ベンフィカの新鋭RSBにインテルがスカウトを送る

『zerozero.pt』

マキシ・ペレイラがポルトへ移籍したベンフィカRSBのポジジョンに今季より抜擢されたネウソン・セメード。シーズンスタートの活躍は特筆すべきものであり、早くも数クラブから関心が寄せられている。その中でも、インテルが獲得へ強い興味を示しており、2-1でアウェイのベンフィカが勝利したアトレティコ・マドリード戦にスカウトを送っていたという。

『Corriere dello Sport』によると、インテルのピエロ・アウシリオ氏が、ビセンテ・カルデロンで行われたベンフィカ対アトレティコ戦を現地で観戦。お目当てのセメードに好印象を抱いたようだ。インテルは、将来性のある同選手の獲得競争が激化する前に獲得に漕ぎ着けたい意向だ。しかし、ベンフィカも契約延長および年俸の増額を検討しているため、交渉は容易ではないという。

現在21歳のネウソン・セメードは、今季ここまで全試合に先発出場し、第1節のエストリル戦では、ゴールを決めている。ポルトガルとカーボ・ベルデの二重国籍を保持しており、直近の活躍からカーボ・ベルデがセメードの代表入りを望む声もある。

©FutePor -ふとぽる-