バルセロナの若手DF獲得へ向け、ポルトガルクラシコが勃発

『zerozero.pt』

バルセロナBに所属するスペイン人DFアレックス・グリマルドが、来夏にクラブを退団することが濃厚となった。

バルセロナの下部チームで最も将来性があるうちの1人と目されているグリマルドだが、来夏にクラブとの契約が終わりを迎える中で、トップチームから声がかからない状況なのだという。選手自身もAチームのルイス・エンリケ監督に対し「彼とは一切のコンタクトを取っていないし、彼と話すことも何もない」と言及しており、グリマルドのトップチーム昇格の可能性は限りなく低いと見積もられている。

そんな中で、ポルトとベンフィカが同選手の獲得を狙っており、ベンフィカが獲得競争をリードしているようだ。現在20歳のグリマルドは、昨季バルセロナBで36試合に出場していた。

©FutePor -ふとぽる-