ファルカオにポルト復帰の可能性。他にもイタリアやスペインクラブが興味

『zerozero.pt』

マンチェスター・ユナイテッド時代同様、チェルシーでも本領を発揮しきれないファルカオに、冬の移籍市場での退団が噂されている。

ファルカオのパスはモナコが保有しているが、イギリスメディア『Daily Mirror』によると、その将来はポルトガル、スペイン、イタリアの3国となる可能性があるという。

水曜日には、かつてファルカオが大活躍したポルトが、クラブの英雄の復帰を望んでいることが報じられた。「エル・ティグレ」の復帰は、代理人ジョルジ・メンデスきっての希望であるとも噂されている。

ポルト以外にファルカオの獲得に関心を抱いているクラブは3つ。かつてアトレティコの一員としてプレーしたスペインからは、バレンシアとビジャレアルが、そしてポルトガル人監督パウロ・ソウザ率いるイタリアのフィオレンティーナが、それぞれファルカオへの関心を明かしている。

プレミアでは失意のシーズンを送っているファルカオ。新天地に移り、汚名返上となるのか。

©FutePor -ふとぽる-