CLプレーオフ、スポルティングは「夢を阻んだ」CSKAモスクワと因縁の対決へ

『zerozero.pt』

CLプレーオフの組み合わせ抽選会が行われ、スポルティングはロシアのCSKAモスクワと対戦することに決まった。両者はかつて一度だけ激突したことがあるが、その一戦はスポルティンギスタにとって決して忘れられない試合となった。

悲劇は2005年5月18日に起きた。

両者は、満員となったスポルティングのホームスタジアム「ジョゼ・アウバラーデスタジアム」で対戦した。この年のUEFAカップの決勝だった。スポルティングにとっては、ホームスタジアムに駆けつけたファンに優勝杯をプレゼントする絶好のチャンスだった。しかし、結果は1-3でCSKAに敗北。目前で夢を奪われてしまったのだ。

それ以来、スポルティングはヨーロッパ大会の決勝を戦うことはなかった。10年の月日が経ち、スポルティングは再び因縁の相手とCL出場権を賭けた「決戦」に挑む。

©FutePor -ふとぽる-