元新潟FWドウグラス・タンキがロングインタビューに応答「日本は驚異的な国」

『maisfutebol』

かつてJリーグのザスパクサツ群馬やアルビレックス新潟に所属し、現在はポルトガル1部パソス・デ・フェレイラでプレーするブラジル人FWドウグラス・タンキが、ポルトガルメディア『maisfutebol』のインタビューに応答。新型コロナウイルスの感染拡大を受けてリーグ戦の中断が続く中、毎日の生活やこれまでのキャリアに関する質問に答えた。その一部を抜粋して紹介する。

まず、自宅待機が続く現在の生活について、タンキは奥さんと3歳の娘と多くの時間を過ごしているようだ。平均的な1日の生活として、「朝起きて、朝食を取り、クラブが選手に課しているトレーニングをし、昼食のあとにNetflixを見ながら少し休む。夕食の後にはPlayStationでFIFAやCall of Dutyをやり、またNetflixを見て…といった生活を送っている」と、自宅トレーニングに励みながらも、リラックスした落ち着いた日々を送っていることを明かした。

昨季は2部に所属していたパソスで、タンキは14ゴールを挙げ、チームの1部昇格に大きく貢献した。インタビューでは、自らのキャリアを大きく飛躍させることとなったパソスでの経験について、改めて振り返った。

「パソスのことは知らなかったけど、ポルトガルサッカーについてはずっと知っていた。ポルトやベンフィカといった、常にCLを戦っているクラブなどだね。ヨーロッパに来て自分のサッカーを見せることは夢だった。ここは自分を世界に披露するにはうってつけのショーケースだよ。パソスからのオファーをもらったときは、すぐに受け入れた。1年目は全てがうまくいったし、今シーズンもいい感じに来ている。毎日より良くなるよう追い求めている」

タンキのキャリアを大きく押し上げた功労者として、当時の監督ビトール・オリベイラの名は欠かせない。「ポルトガルの昇格王」と称される名将で、これまで2部チームを1部に昇格させた回数は実に2桁にのぼる。ポルティモネンセでは中島翔哉らを指導し、日本サッカー界にも名が知れた監督である。

「ミステル、ビトール・オリベイラとともに仕事ができたのは、自分にとってはセンセーショナルなこと。最初は、監督はしょっちゅう叫んでいたし、多くのことを要求してきたから、『鬱陶しい監督だ!』なんて言っていたね(笑)。でも監督は、誰が一番トレーニングに励んでいるかを知りたいだけだということが分かったよ。AチームもBチームもない。監督はよく言っていた『ベストな選手が試合に出られる』とね。監督が昇格王と言われる所以はブレないから。チャンスを与えるに値する選手に、チャンスを与えている。だから、多くの選手が監督と一緒に働くことを好んでいるんじゃないかな」

パソスでの活躍の秘訣を、タンキは「すぐに順応できたこと」と述べた。「言語が同じである」ことはひとつの要因であり、他にも、1部で3位に輝いたこともあるパソスの「2部のチームとは思えないほど良い環境」も要因だという。一方で、その以前に所属したタイリーグでは適応に苦しんだようだ。

「タイにはうまく適応できなかった。すごく難しかった。タイ語も英語も話さなかった。プレーできていなく、半年間経ってパソスからのオファーを受けた際に、ここに来ることを決断した。(タイのポリス・ユナイテッドとは)友好的に合意し、移籍できた」

それでも、タイ、メキシコ、そして日本と、母国ブラジルを離れてから各国を転々としてきたキャリアは、タンキにとって無駄ではなかったようだ。常に自身をそばでサポートしてくれた奥さんに感謝を述べながら、日本での生活を振り返った。

「各国での経験のおかげで今の自分がある。力強く、よく働く選手だ。でもこのようになれたのは妻のおかげ。いつも自分のそばにいてくれた。日本でプレーした当初、膝に2度の大怪我を負ったときでもね」

「リーグ戦が始まってすぐ3節の時点で、膝の十字靭帯を手術しないといけなくなった。6ヶ月かかってようやく復帰できたけど、復帰初戦でまた同じところを怪我してしまった。今度は9ヶ月。でもこの経験を経て、自分は強くなり、さらに良くなって戻ってこられた」

「(素晴らしいプレー環境にある)パソスでの生活は、日本について言えば大きな違いはない。彼らもすごく進歩していて、プロフェッショナルだ。驚異的な国だよ。メキシコもタイも、あれほど整ってはいなかった。あれほどクオリティが高く、競争力のあるリーグではなかった」

左足の強烈なシュートを武器に、コリンチャンス時代は同僚であるあの「皇帝アドリアーノの息子」と称されタンキ。パソスではスポルティングやブラガなどの強豪相手にゴールを叩き込み、ポルトガル1部リーグでも着実にインパクトを残している。新型コロナウイルスによる中断期間を経た後、さらなるステップアップに期待がかかる。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトのチーム得点王SB、中島翔哉とのエピソードを明かす

『Record』

ポルトのブラジル人LSBアレックス・テレスが、ポルト公式が公開した番組「FC Porto em casa (お家でFCポルト)」に出演。チームの左サイドで共演することも多い中島翔哉とのエピソードを語った。

「僕らが彼(中島)に教えた最初の言葉は、『cansado (疲れた) 』、次に『folga (休み)』だよ。それで(セルジオ・コンセイサオン)監督が、彼のところに行って尋ねたんだ、『それで、ナカ、今日の言葉は何だい?』って。すると彼は答えるんだ、『疲れた』『休みをください』ってね」

「彼は冗談でひとつふたつの言葉を言うけれど、たくさん会話をすることはできない。自分は、チームで一番彼に冗談を言っているうちのひとり。日本語を話そうとチャレンジしてしても、ほとんど何も出てこないけどね。

彼は自分の世界にすごく閉じているよ、否定的に言っているのではなくてね。彼は静かにしている。コミュニケーションが容易ではなく、英語も少ししか話せないからね。僕らは、彼が心地よく過ごせるように務めている。監督もよく彼に冗談を言うし、同様に努めている。デンベレという通訳が、中島には英語で話している。

彼が静かなのは、たぶん彼が僕らの言語を話していたとしても変わらないんじゃないかな。彼のやり方の中では、お茶とケータイを携え、でもピッチの中では、印象的なクオリティを持っている。信じられないものだよ」

アレックス・テレスは、SBながら現在リーグで8ゴールを挙げてチーム得点王に君臨。チェルシーやバルセロナ、パリ・サンジェルマンら強豪クラブが関心を寄せると言われる、まさにチームの中心選手。そんなテレスやセルジオ・コンセイサオン監督のサポートのもと、中島はマイペースながらもピッチ上でその技術を見せつけているようだ。

©FutePor -ふとぽる-

日本人投資家がポルトガル2部オリベイレンセに経営参画!

ポルトガル2部リーグに所属するオリベイレンセが、日本人投資家である金哲碩(Akihiro Kin)氏からの資金調達を受けて、同クラブの経営主体となる公開有限会社(SAD:Sociedade Anónima Desportiva)を創設。SADのプレジデントには、シントトロイデンなどで経営幹部を務めてきた山形伸之氏が就任することを発表した。

オリベイレンセの公式HPによると、金哲碩氏は、nuts&aboutという投資会社を経由して、SADの株式の70%を取得。金哲碩氏は東京都出身の39歳であり、現在はスマホゲームアプリの開発会社f4samuraiの代表取締役社長を務めている。今回の実質的なクラブ買収に際して、金氏は「ヨーロッパのクラブに投資したかった、それが私の大きな挑戦。その際に、山形氏と話をして、ポルトガルリーグを選んだ。幸いにも、オリベイレンセという97年の偉大な歴史を誇るクラブと話すことができた。クラブの方々、オラーシオ会長、街の雰囲気全てを気に入って、投資することを決めた。オリベイレンセには、成長のポテンシャルがあると感じている。ポテンシャルを最大限引き出せるよう、良い組織制度やトレーニングセンターを構築したい」と意気込んだ。

経営の実務を担う山形伸之氏は、東京都出身の49歳。同氏は、DMMによるベルギーのシントトロイデン買収とその後の経営に関与していた経歴を持つ。「現時点で、我々の主な目標は2部リーグ残留。それに全員が集中している。そのために全力を尽くすし、それが自分にとってシーズン末までの挑戦であり仕事」と、下位に低迷するクラブの残留を誓った。

日本企業から投資を決意した背景として、オリベイレンセの会長であるオラーシオ・バストス氏は、「我々の理解では、プロリーグで競争力のあるチームになり、市場にくらいつけるタレントを育成するプロジェクトを成し遂げるためには、オリベイレンセを公開有限会社化する必要があった。いくつかのプロジェクトや投資家から話を聞いが、我々の現実と野心に適切なものを選んだ。クラブはいまも、そしてこれからも常にソシオとともにある」と、経営実権の交代について、ファン・サポーターへの声明を発表した。

オリベイレンセは1922年創設、ポルト郊外のオリベイラ・デ・アゼメイスに位置するクラブ。本拠地のカルロス・オゾーリオスタジアムは4000人のキャパシティを保有する小クラブである。現在、2部リーグで16位に沈んでおり、ひとつ順位を落とせば3部相当のポルトガル選手権に降格する危機に瀕している。

ポルトガルでは、1部ポルティモネンセが多くの日本人選手をプレーさせていることが知られるが、同クラブも今後、日本人選手にとってヨーロッパの舞台に一歩踏み出す足がかりになるに違いない。

©FutePor -ふとぽる-

【動画付き】ジョルジ・ジェズス、国際大会3度目の正直!リベルタドーレス杯を劇的優勝!

ポルトガル人監督ジョルジ・ジェズス率いるフラメンゴが、リーベルプレートと対峙したリベルタドーレス杯決勝は、歴史的な大逆転劇で幕を閉じた。

フラメンゴは前半14分にリーベルのボレに先制弾を許し、その後は得点を奪えずに敗戦濃厚に。しかし、ジョルジ・ジェズスのもと母国ブラジルでかつての輝きを取り戻したガビゴウことガブリエウ・バルボーザが、89分と92分に立て続けにゴール。わずか3分間の大逆転劇を演じたフラメンゴが優勝を飾った。

フラメンゴは1981年の優勝以来、実に38年ぶりとなる大会王者に。前回優勝時には、神様ジーコが、この日のガビゴウ同様2ゴールを決めていた。クラブを逆転優勝に導いたガビゴウは、グループステージからベスト16、ベスト8、準決勝、決勝の全てのフェーズで得点をマーク。わずか3分での2ゴールはリベルタドーレス杯最速記録となった。

また、ベンフィカでは6年間で10つのタイトルを勝ち取ってきたジョルジ・ジェズスにとって、国際大会での優勝はキャリア初。ベンフィカ時代には、ELで2年連続決勝敗退の悔しさを味わってきた監督は、3度目の正直でついに大陸王者の栄誉を手に。リベルタドーレス杯を手にしたのは、外国人監督としては、1991年にコロコロを率いたミルコ・ヨジッチ以来、史上2人目。自身16つ目のタイトル獲得に、選手・サポーターのみならず、ポルトガルリーグ公式や自身が3289番目のソシオであるスポルティングなど、各ポルトガルクラブからも祝福が寄せられた。

フラメンゴはこの優勝でクラブW杯出場が決定。ブラジルリーグでも次節勝利で優勝が決まる。リベルタドーレス制覇の余韻を残しつつ、今後もジョルジ・ジェズス率いるフラメンゴの躍進には目が離せない。

©FutePor -ふとぽる-

7戦連続スタメン。なぜ前田大然はマリティモで試合に出続けられるのか

日本代表FW前田大然が今季より加入したマリティモは、第9節を終えた時点で、2勝4分3敗でリーグ12位につける。ポルトガル屈指の若手戦術家ヌーノ・マンタ・サントス監督に率いられる国内でも有数の名門クラブとしては決して満足できる数字ではないが、第9節にはホームで首位ポルト相手に粘り強い守備を見せつけ、勝ち点1をもぎ取った。

前田大然は、プレシーズンや開幕序盤こそ途中出場が多かったが、ここ数ヶ月は完全にレギュラーを奪取。第9節までに7試合連続でスタメン出場を果たし、すでにポルトガルリーグでは2ゴールをあげるなど、初の海外挑戦で順風満帆なスタートを切っていると言えよう。

なぜ前田大然は、現在のチーム状況はどうあれ、ポルトガル屈指の名門クラブのひとつであるマリティモでコンスタントにプレー機会を得ることができているのだろうか。

ヌーノ・マンタ率いるチームは、シーズン序盤は5-4-1のシステムをベースに試行錯誤を重ねてきたが、直近では4-5-1システムが定着しつつある。前田大然はその中で、右サイドハーフを中心に、メンバー編成によっては最前線を任せられるなど、複数のポジションを経験しているが、彼の主戦場である両サイドハーフに対して、ヌーノ・マンタは身体・状況判断(頭)の両面で、負荷の高いタスクを与えており、前田はそれに十分に応えているのが要因だろう。

マリティモでのプレー原則として、ボール非保持時には、サイドハーフは相手サイドバックをほぼマンツーマン気味にケアしなくてはならない。そのため、サイドバックが高い位置を取り続けるポルト相手には、ほぼ6-3-1と言っても過言ではないほどに右の前田大然と左の8番ホルヘ・コレアが最終ラインに吸収されていた。

チームの守備の基準点は、相手がハーフウェイランを超え、サイドにボールを預けたタイミング。中央を強固に締めていた3センターハーフが前進し、サイドハーフとサイドバックと連動してボールをからめ取る。ポルト戦でも、マリティモの3枚のセンターハーフ、キャプテンマークを巻いた12番のエドガル・コスタ、19歳の若手MFである背番号60のペドロ・ペラージオ、そして2012年には川崎フロンターレでプレーしていた25番のレネ・サントスは、ポルトの豪華攻撃陣を完全に制圧していた。

松本山雅時代には、最前線でボールを追いかけ回す印象の強かった前田大然だが、マリティモで求められる守備を理解し、あくまで相手サイドバックをケアするためのポジションを取り、それ以外には無闇にチェイスせず、奪いどころで味方と連動してボールをからめ取る、というタスクを十分に遂行していた。(ただし、味方とのマークの受け渡し等は未だ改善の余地が大きく、相手サイドハーフをフリーにさせてるしまうシーンも散見された)

ボール保持時には、ヌーノ・マンタが所属選手各々の個性を把握したうえで最適化したであろう、彼のエッセンスが表出した特徴が出ており、前田にはサイドハーフらしからぬ役割が与えられている。

非保持時には4-5-1の低いポジションでブロックを組むサイドハーフだが、ボール保持時には4-3-3に近い形で、運動量をもってポジションを上げる。その際に、右サイドハーフの前田大然は、ワントップである192センチの長身FW21番ルチアーノ・ネケカウルと、ツートップに近いポジションを取り、左サイドハーフのコレアはワイドに位置取る、左右非対称な布陣が基本となる。コレアは左利きのドリブラーであり、ワイドに張りながら一人で局面を打開できるタイプであるため、右サイドハーフはかつての日本代表で岡崎慎司がその役割を果たしたように、中央に待ち構えゴールを陥れる役目を期待されている。

一方で、右サイドはというと、右サイドバックのギニアビサウ代表31番のナヌーが、見かけによらずボールの扱いがうまく、高い位置で攻撃参加する。ツートップに近い動き方をする前田は、中央からサイドに抜けてナヌーからボールを受けたり、反対にサイドから中央にダイアゴナルに動き出してゴールへ向かったりと、柔軟な動きを見せる。特にダイアゴナルな動きについては、ポルト戦でも、相方の長身FWネケカウルがボールを競ってそらす裏のスペースを、前田は虎視眈々と狙っている印象があった。(ネケカウルがぺぺやマルカーノらとのエアバトルに歯が立たず、実際に裏で得点機を迎えることはなかったが)

まとめると、ボール非保持時には、最終ラインに吸収されることを厭わず、味方と連動して集中力を持って守備網を形成し、ボール保持時には運動量を上げて最前線に位置どり、サイドハーフながらツートップ的な役目を全うする。まさに、松本山雅時代にトップやトップ下のポジションを主戦場としていた前田だからこそ体現できるサイドハーフ像なのだ。逆サイドのコレアには、このオフェンスタスクは決して成し得ないし、ポルトガルリーグ全チームを探しても、このようなサイドハーフ像は見当たらない希少な存在だ。ちなみに、ポルト戦でもそうだったように、チームの選手交代によって、ワントップや左サイドハーフなどポジションを取っ替え引っ替えする柔軟性も、スタメンでプレーする選手として重宝されている理由だろう。

現在の前田大然は、上記のような献身的なプレーを高く評価され、一家に一台必要な便利屋としてチームに十分に貢献している。自身初の海外リーグで、間違いなく選手としての幅を広げているし、その手応えも感じつつあるに違いない。今後のさらなる躍進に期待したい。

日本発!ポルトガルサッカー総合情報サイト

Top