ポルティモネンセ会長「中島翔哉のウルバーハンプトン移籍は80%」残された論点とは?

ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉のプレミアリーグ移籍が間近に迫ってきた。

第一報を報じたのは、ポルトガル最大手サッカーメディア『A BOLA』。「中島翔哉のウルバーハンプトン移籍交渉が最終段階にあり、移籍の実現は時間の問題」と、ポルトガルリーグから多くの選手を獲得しているウルバーハンプトン移籍の可能性が濃厚であることを報じた。

そして報道の翌日、ポルティモネンセ会長ロドニー・サンパイオ氏が、地元ラジオ『Renascença』に真相を語った。

「(ウルバーハンプトンとの)会話はあった。まだ100%決まってはいない。ただ、1月には起こり得る。残論点は違約金を全額支払うかどうか。だからまだ決まっていない。でも中島のウルバーハンプトン移籍の可能性は80%ほどだ」

「我々にとっては大きな損失になるだろう。中島は素晴らしい選手であり、ポルティモネンセによく適応してくれた。みんなが彼の退団を悲しむだろう。チームもそしてサポーターも。もはや彼を慰留できる可能性はない」

サンパイオ氏によると、移籍の実現に向けて残された論点は違約金の支払い。中島には4000万ユーロの違約金が設定されているが、ウルバーハンプトンが提示したのは半額である2000万ユーロとみられている。これまでサンパイオ氏は、度々メディアに対して中島の放出は移籍金満額が支払わない限り認めないという断固とした姿勢を示してきた。

かりに中島翔哉の移籍が2000万ユーロで実現した場合、ポルティモネンセにとって今夏500万ユーロで浦和レッズに移籍したファブリシオを抜き、クラブ歴代最高額のディールとなる。ポルトガルの3強クラブに所属する代表選手ですら4000万ユーロで移籍することは稀であることを鑑みても、ポルティモネンセ側が満額の支払いを要求し続けることは考えにくいのではないか。ウルバーハンプトンに深く関与する敏腕代理人ジョルジ・メンデスの存在も、本移籍交渉に大きな影響を与えることが想定される。

現在ウルバーハンプトンを率いるのは、中島がかつて現地メディアに対して移籍願望を語ったポルトのOBであり元監督でもあるヌーノ・エスピリト・サント氏。果たして、偶然の縁もあるウルバーハンプトンへの移籍は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

浦和レッズCBマウリシオ、中島翔哉について語る「彼は日本代表の未来」

『O JOGO』

昨季は初挑戦のポルトガルリーグで2桁得点2桁アシストの衝撃を残し、今季も3強の一角スポルティング相手に2ゴール2アシストを記録するなど、センセーショナルな活躍を見せている中島翔哉。日本代表の10番として臨んだウルグアイ戦でも、南野拓実の先制点をアシスト、大迫勇也があげた2点目の起点になるなど、エースに相応しい活躍をして、代表でもその価値を急上昇させている。

そんな中島翔哉について、かつてポルティモネンセに所属した経歴もある現浦和レッズCBマウリシオがコメント。ポルトガルメディア『O JOGO』が報じた。

「当初、ナカジマはよく知られてなかったけど、ポルティモネンセで良いパフォーマンスを発揮してから代表に呼ばれ、今や「宝石」※のように扱われている。アナリストたちにとって、彼は日本代表の未来なんだ」

(※ポルトガル語で宝石はjoia。shoyaと発音が似ていることから、現地メディアでは頻繁に中島翔哉を指す言葉として使用される)

「日本人は、代表にものすごく重きを置く。代理人も、W杯を含め、代表選手としてなるべく高いステージに到達できるような計画を描いている。ナカジマはそのような「賭け」において、いま最も可能性がある選手の1人とされているんだ」

「(セビージャからの関心など)自分自身もそういった情報は追っているし、試合も見ている。ここ数年ポルティモネンセが示してきたように、あのクラブはナカジマが成長し、自身の価値を高めるのには最適だ」

Jリーグでプレーする元ポルトガルリーガーにも活躍ぶりを認められた中島翔哉。その勢いは衰える気配がない。出色の活躍を果たしたウルグアイ戦を経て、今後ポルトガルリーグでもどのような活躍を見せてくれるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

【動画付き】中島翔哉、2G1Aの大暴れで5試合目にして初白星!現地メディアも大絶賛「メッシのようなゴール」

18-19季ポルトガルリーグ第5節、ポルティモネンセ対ビトーリア・ギマラインスの試合が行われ、ホームのポルティモネンセが一昨季4位の強豪チームを3-2で撃破。5試合目にして今季リーグ初白星を挙げた。

ようやく長いトンネルから抜け出したポルティモネンセ。暗闇に沈むチームで一際輝いたのが日本代表FW中島翔哉だった。試合開始早々の5分に個人技で先制点を挙げ、嬉しい今季リーグ初ゴールを記録。さらに、1-1で迎えた69分には、ポルトから復帰した昨季の黄金コンビ、パウリーニョのゴールをお膳立てして勝ち越し弾を演出した。その後82分にギマラインスFWオラ・ジョンの得点により2-2に追いつかれるも、直後の86分には相手守備陣のミスからライン裏に抜け出すと、芸術的な「シャペウ(ポルトガル語でループシュート)」でGKとの1対1を制し、決勝点を叩き込んだ。

2ゴール1アシストと大車輪の活躍を見せた中島翔哉をポルトガルメディアはこぞって称賛。以下の通り、各メディアが同選手の活躍ぶりをタイトルにした記事を掲載した。

『zerozero.pt』:「ナカジマという名の小さな天才」

『Record』:「東洋の輝きが美しい試合を決定づける」

『Record』:「動画-ポルティモネンセに勝利をもたらしたナカジマの「メッシのような」ゴール」

中島の決勝点により強豪ギマラインスを下したポルティモネンセは、15位に浮上して降格圏を脱出。試合終盤には、今夏獲得した元ポルトガルリーグ3年連続得点王ジャクソン・マルティネスが、中国で大怪我を負って以来約2年ぶりにピッチに戻り、即座に2度の決定機を作るなど明るい話題尽くし。破壊的な攻撃力でリーグを席巻した昨季のように、今季もダークホースとなれるか。新たなエースFWをエンジンに搭載し、いよいよポルティモネンセがそのアクセルを踏み出した。

©FutePor -ふとぽる-

日本初の放映年、ポルトガルリーグへ復帰した4人のスーパースターを紹介

例年と比べてもの静かな移籍市場を送った18-19シーズンのポルトガルリーグ。前クラブ会長の選手批判により数名の主力選手が退団したスポルティングを除き、ポルトやベンフィカは中心選手を慰留し、大幅な選手の流出を避けることに成功した。

そんな中でも、例年とは異なる形で市場を賑わせたのは、かつてリーグでプレーしたレジェンドたちの復帰であった。ある選手はスーパースターへの階段を駆け上がる第一歩となった古巣に帰還。そしてある選手は所属したことのない新クラブに加入してかつての名声を取り戻すチャレンジに挑む。今回は、それぞれの思惑交わる移籍劇が繰り広げられた末にポルトガルリーグに復帰した4名のスーパースターを紹介する。

1.ジャクソン・マルティネス(ポルティモネンセ)

かつてポルトで3年連続リーグ得点王の栄光を手にしたストライカーは、センターFW不足に苦しむポルティモネンセに加入した。失意のシーズンを送ったアトレティコ・マドリードを経て、中国の広州恒大では大怪我に見舞われ、ついには無所属になるまでキャリアは失墜。欧州の表舞台から忘れ去られた中でのポルトガルリーグ復帰となった。

昨シーズンのリーグ得点ランキング4位の点取り屋ファブリシオ(浦和レッズ)やベテランFWピレス(ペナフィエル)らがチームを去り、本来はウイングの選手がセンターFWを務めるほかない窮地に陥っていたポルティモネンセと、ポルト時代の栄光の日々を取り戻したいジャクソン・マルティネス。両者の思惑が合致した期限終了間際の駆け込み移籍となった。与えられた背番号は9番。10番を背負う中島翔哉との共演にも期待がかかる。

2.ファビオ・コエントラン(リオ・アベ)

ジャクソン・マルティネスのポルティモネンセ加入と同じく、移籍市場閉幕間際のサプライズとなったのが、ファビオ・コエントランのリオ・アベ復帰だ。ベンフィカでの活躍や2010年南アフリカW杯ポルトガル代表でのパフォーマンスを受け、レアル・マドリードに加入した同選手だったが、銀河系軍団加入以降は、レンタル移籍を繰り返した。昨季はベンフィカ時代の恩師ジョルジ・ジェズスの後を追い、スポルティングへの禁断の移籍でポルトガルリーグ復帰を果たしていた。そして、今回は華々しいキャリアを送るきっかけとなったベンフィカよりも前、駆け出し時代の古巣リオ・アベに電撃復帰した。ポルト郊外のこの中小クラブは、コエントランがユース時代を過ごしプロデビューを飾った思い出の地。キャリアの礎を築いてくれたクラブに、世界トップクラスの経験を還元できるか。

3.ルイス・ナニ(スポルティング)

愛するスポルティングに加入すること、実に3度目。またもやクラブのレジェンドがリスボンに帰還した。

2度目の古巣復帰となったナニは、ユース時代を過ごしたスポルティングでプロデビュー。その後、マンチェスター・ユナイテッドでの経験を経て、2014年にレンタルの形で古巣に初復帰した。レンタル期間は1年で終わり、その後フェネルバフチェとラツィオを経由。そして今季、またもスポルティングに舞い戻ったのだった。現在チームの指揮を執るジョゼ・ペゼイロは、ナニをスポルティングのトップチームに引き上げた監督。恩師のもと、数十年リーグタイトルに見放されている強豪に念願のリーグ制覇をもたらせるか。

4.ダニー(マリティモ)

ユース時代を過ごし、プロデビューも果たした古巣に、エースナンバー10番を背負って復帰した。ロシアでは、ディナモ・モスクワとゼニトの2クラブで合わせて10年以上プレーするなどポルトガル人選手としては異才を放つ経験を、愛する古巣の上位定着に還元できるか。

例年、ポルトガルリーグを観る楽しみといえば、ビッグクラブに羽ばたくスターの卵を発見できる点はひとつあるが、今季は、満を持してリーグに復帰した上記4名のスター選手の活躍を拝めるのもまたひとつ見どころになるだろう。特に、今季はスカパーがポルティモネンセの試合の放映権を獲得し、史上初めてポルトガルリーグを日本で見られる年である。ポルティモネンセのエースとして活躍するジャクソン・マルティネス、そして彼らと対戦するファビオ・コエントラン、ルイス・ナニ、ダニーら元ポルトガル代表の名手らのプレーに是非とも注目いただきたい。

18年9月のU-21ポルトガル代表メンバーが発表!トゥーロン日本戦で芸術弾の次世代エースも招集

『maisfutebol』

U-21ポルトガル代表監督ルイ・ジョルジが、9月のルーマニア戦およびウェールズ戦の2連戦に臨む22名の代表メンバーを発表した。

注目は、今年U-19世代の欧州選手権で王者に輝いた2人の飛び級選手。アーセナルの下部組織に所属するGKジョアン・ビルジーニアが初選出され、トゥーロン国際大会では日本戦で芸術的なFKを沈め、U-19欧州選手権では得点王に輝いたジョアン・フィリペも再度選出された。

他にも、マンチェスター・ユナイテッドから今季セトゥバルにレンタル移籍したジョエル・ペレイラや、今季ポルトのトップチームでデビューし早くも得点を記録したディオゴ・レイテ、アメリカに活躍の場を移したアンドレ・オルタ、20歳で名門ブラガの10番を背負うブルーノ・シャダス、ウルバーハンプトンで活躍するディオゴ・ジョッタら注目の若手選手もリストに名を連ね、ロシアW杯では悔しい結果に終わった母国の将来を担う若手選手が集った。

以下、U-21ポルトガル代表メンバー22名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手)

GK
ジョアン・ビルジーニア(アーセナル)☆ 初
ジョエル・ペレイラ(ビトーリア・セトゥバル)☆☆

DF
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆
ディオゴ・レイテ(ポルト)☆
フェーホ(ベンフィカ)
イバニウド・フェルナンデス(モレイレンセ) 初
ジョルジ・フェルナンデス(トンデーラ)
ペドロ・アマラウ(ベンフィカ)
ユーリ・ヒベイロ(ベンフィカ)☆☆

DF
ぺぺ(ビトーリア・ギマラインス)
ステファン・エウスターキオ(シャービス)
ブルーノ・コスタ(ポルト)
アンドレ・オルタ(ロサンゼルス)☆☆
ブルーノ・シャダス(ブラガ)☆☆☆
ジョアン・カルバーリョ(ノッティンガム・フォレスト)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)☆
ペレイラ・ラージュ(クレルモン・フット) 初

FW
ディオゴ・ゴンサウベス(ノッティンガム・フォレスト)☆
ディオゴ・ジョッタ(ウルバーハンプトン)☆☆☆
ジウ・ディアス(ノッティンガム・フォレスト)☆
エリベルト(モレイレンセ)
ジョアン・フィリペ(ベンフィカ)☆☆

©FutePor -ふとぽる-

日本発!ポルトガルサッカー総合情報サイト

Top