タグ別アーカイブ: アトレティコ・マドリード

ジョアン・フェリックスのアトレティコ移籍が決定!注目の移籍金、契約期間、背番号は?

アトレティコ・マドリードが、ベンフィカのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスを獲得したことを発表。19歳の若手選手には異例づくめといえる移籍劇となった。

まずは移籍金。アトレティコがベンフィカに支払ったとされるのは、1億2600万ユーロ。これは、元ブラジル代表FWフッキが、ポルトからゼニトに移籍した際に要した移籍金6000万ユーロを優に上回り、ポルトガルリーグ史上最高額を記録。ベンフィカにとっても、ウィツェルがゼニトに移籍した際の移籍金4000万ユーロの3倍にも上る、クラブ史上最高額となった。

そして、契約期間と背番号。アトレティコはジョアン・フェリックスに対して異例の長期契約となる7年間の契約を締結。チームの顔であったグリーズマンが背負っていた「7番」のユニフォームを託した。

2018-19シーズンにベンフィカのトップチームデビューを飾ったフェリックスは、わずか1年間で公式戦43試合に出場し20ゴール8アシストを記録。ELでもフランクフルト相手にハットトリックを決めてEL最年少記録を更新。リーグ戦ではポルトを逆転優勝で退けてタイトル獲得に大いに貢献していた。

移籍に際して、ベンフィカはジョアン・フェリックスへのお別れ動画を公開。それに対して、同選手は「ありがとうベンフィカ。いつまでも僕の心の中に。また会おう!」と返信。ヨーロッパの舞台で再会することはあるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ティアゴ、アトレティコを去るのは「選手」として?シメオネがアシスタントコーチにオファーか

『zerozero.pt』

「チームメイトと同じレベルにはいない」と自身の衰えを感じ、アトレティコからの退団を明言していたティアゴ・メンデスだが、7年半を過ごした愛するクラブとの関係はまだ続くのかもしれない。

スペインメディア『AS』によると、アトレティコの監督ディエゴ・シメオネが、ティアゴがアシスタントコーチになることを望んでいるようだ。36歳の同選手とはここ数週間にわたり話し合いが行われており、数日中には正式決定に至る可能性があるという。

18年のプロ生活に終わりを迎えるティアゴだが、アトレティコでのキャリアが終わるのは「選手として」であり、来季からはシメオネの横でチームメイトを鼓舞する姿が見られるのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、38試合8得点ディオゴ・ジョッタのレンタル延長を打診へ。シメオネの決断が鍵に

『SAPO Desporto』

ポルトがアトレティコ・マドリードからレンタルしているU-21ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタのレンタル延長を検討しているようだ。

昨季、パソス・デ・フェレイラからアトレティコへ移籍したジョッタは、シーズン開幕前にポルトへレンタル移籍。シーズン前半戦は、アンドレ・シウバと組んだ2トップなどでアシストを量産する活躍。ポルトのポルトガル人としては最年少でのハットトリックも記録した。後半戦こそ、新加入チキーニョ・ソアレスにポジションを奪われたが、途中出場から絶えず結果を残し続け、直近の6試合も2ゴール1アシストと控え選手としては十分な成績を残している。

ポルトは、そんなジョッタを来季もチームに残したいと考えており、2200万ユーロという高額な買い取りオプションを行使する経済的な余裕がないことから、アトレティコにもう1年のレンタル延長を申し込む意向だという。

もし、アトレティコのシメオネ監督が同選手の復帰を望めば、ポルトの願いは叶わない。しかし、ジョッタ本人がシメオネ監督からの信頼を得ることを難しく感じ、出場機会を求めてポルトへの残留を希望すれば、もう1年の残留は実現するだろう。シメオネ監督の決断が、ポルトとジョッタの運命を握っている。

今季はアシストだけでなく、38試合で8ゴールを記録するなど、その得点力を十分に見せつけている20歳のディオゴ・ジョッタ。多くのポルトガル国民は、母国期待の若手選手の残留を望んでいることだろう。

©FutePor -ふとぽる-

冬の移籍市場でスペインの強豪2クラブがゴンサロ・グエデスを巡り争奪戦へ

『A BOLA』

アトレティコ・マドリードとバレンシアの2クラブが、冬の移籍市場でベンフィカのU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・グエデスの獲得を目指すようだ。

近年、度重なる移籍交渉によりベンフィカと良好な関係を築いている両クラブは、絶対的エースFWジョナスを負傷離脱で失ったチームで、その代わりとして奮闘する若手FWに強い関心を抱いているという。特に、バレンシアは今季開幕前に2000万ユーロ+500万ユーロのボーナスという破格の金額を提示してグエデスの獲得に迫っており、移籍市場が再開したあかつきには再度獲得オファーを提示することが有力視されている。

19歳ながらポルトガルA代表にも選出された過去を持ち、U-21代表でも主力を張るベンフィカ期待の生え抜きであるゴンサロ・グエデス。早くも欧州屈指のメガクラブへとステップアップを果たすのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

アトレティコ、シメオネ退団に備えジョルジ・ジェズス監督に興味か

『A BOLA』

今季末にスポルティング監督ジョルジ・ジェズスがアトレティコ・マドリードからのオファーを提示される可能性をイタリアメディアが報じた。

『Calcimercato』によると、アトレティコは来季プレミアリーグ行きの噂があるディエゴ・シメオネ監督の後任としてジョルジ・ジェズスに興味。ジェノバを率いるイバン・ユリッチらとともにリストに名前を記載しているようだ。

昨季、心のクラブであるスポルティングの監督に就任したジェズスは、惜しくも勝ち点差2でポルトガルリーグ王者の座を逃し、今季も現在リーグ4位と苦戦を強いられている。しかし、ベンフィカでの6年間で10のタイトルを獲得した経歴は未だ色あせていない。果たして、国内屈指の名監督は、自身初となる海外のトップクラブでの監督指揮を実現させるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-