タグ別アーカイブ: アドリエン・シウバ

メガクラブが狙う人材の宝庫!O JOGOが2016年ポルトガルリーグベスト11を選定!

『O JOGO』

『O JOGO』が、約3万人の読者投票から、2016年のポルトガルリーグベストイレブンを選定した。

対象となったのは、ベンフィカが快進撃を見せ逆転優勝をした昨15-16シーズンの後半戦と、今16-17シーズンの前半戦をプレーした選手。昨季活躍した選手からは、ベンフィカの大逆転優勝を支えたGKエデルソン・モラエスや、インテルへ羽ばたいたポルトガル代表の10番ジョアン・マリオ、昨季の得点王ジョナスら。今季のポルトガルリーグからは、ポルトへ新加入したブラジル人フィリペや、ポルトガル代表にも選ばれるほどにブレイクしたジェウソン・マルティンスアンドレ・シウバの若手注目2選手が選ばれた。

以下、O JOGOが選定した2016年ポルトガルリーグベストイレブン

GK
エデルソン・モラエス(ベンフィカ)

DF
ネウソン・セメード(ベンフィカ)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ)
フェリペ(ポルト)
グリマルド(ベンフィカ)

MF
ジョアン・マリオ(当時スポルティング)
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
アドリエン・シウバ(スポルティング)
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)

FW
ジョナス(ベンフィカ)
アンドレ・シウバ(ポルト)

©FutePor -ふとぽる-

アドリエンのレスター行きをスポルティングが強烈に否定。「父親に騙されている」

『O JOGO』のインタビューに対し、スポルティングからの退団意思とレスターからのオファーを語ったポルトガル代表MFアドリエン・シウバ。しかし、すぐにスポルティングがオファーを全面的に否定。ファンやサポーターに不安を与えるこの状況を弁明すべく、クラブHPにアドリエン退団を否定する6箇条の理由を掲載した。(以下、長文のため要点のみ翻訳)

1.アドリエンが2016年2月に契約更新した際には大金が積まれた。それは選手がキャリアを終えるまでスポルティングに所属することを意味する。またその旨は会長より選手および代理人である父に明確に伝えられた。

2.さらに、アドリエンは5月23日のインタビューで、チャンピオンにならずにスポルティングを退団することはないと明言した。

3.スポルティングはアドリエンに対するオファーをひとつも受けていないし、会長も代理人である選手の父と話をしていない。もし誰かがアドリエンを騙しているのだとしたらそれは代理人の父であり、 スポルティングではない。

4.アドリエンはスポルティングで育ち、クラブを尊敬する選手。契約の観点、プロの観点からも正真正銘スポルティングの選手である。

5.スポルティング、特に会長は、常にクラブの利益を守る。

6.選手の代理人・エージェントが、アドリエン自身に不安やプレッシャーを与えている状況である。クラブやその関連者が第三者的な影響を受けるものでは全くない。

代理人である父に騙されているとまで明記したスポルティング。それほどまでに同選手の退団はファンにとって衝撃的であり、クラブとしても絶対に手放したくなく、何としてでも騒動を沈静化したいのだろう。しかし、これほどまでに強烈な否認はアドリエンへの敬意を欠いており、クラブへの愛を失いかねないとするメディアもある。移籍市場の閉幕が迫る中、果たして、アドリエンとその父、そしてクラブの選択やいかに。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティングに衝撃…キャプテンのアドリエンが退団の意思を表明。新天地はレスターか

『O JOGO』

スポルティングのキャプテンを務めるポルトガル代表MFアドリエン・シウバが、クラブを退団する意思を表明。『O JOGO』のインタビューに回答した。

ポルトガル代表としてEURO2016決勝フランス戦にも出場したスポルティング中盤の要、アドリエン。どうやら同選手は推定2500万ユーロの移籍金で、プレミア王者レスターに移籍する可能性が高いようだ。選手自身が明言した。

「そのオファー(レスターの2500万ユーロのオファー)を受け入れた。レスターのプロジェクトは非常に興味深く、自分のキャリアの目標に合致している」

27歳の同選手は、スポルティングで計15年間プレー。クラブへの愛を語ると同時に、新たな挑戦への意欲を示した。

「スポルティングのことは家族のように愛している。12歳の頃からこのクラブに捧げてきたんだ。スポルティングとともに、数え切れないほどの幸せな時を過ごしてきた。クラブとともに成長してきたと言えよう。家から去るのは辛いことだ。けれど、自分の心はいつまでもここにある」

なお、レスターはスポルティングのエースFWスリマニの獲得にも迫っている。スポルティングが求める4000万ユーロとレスターが用意する3500万ユーロに開きがあり、まだ交渉は締結していないが、ポルトガルの複数メディアが移籍を有力視している。

インテルに移籍したジョアン・マリオに続き、スポルティングの背骨を支えるアドリエンとスリマニもクラブを去るのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

トッテナム、ポルトガル代表MFアドリエン・シウバに1500万ユーロを用意か

『Record』

フランス紙『レキップ』によると、トッテナムがスポルティングのポルトガル代表MFアドリエン・シウバに1500万ユーロのオファーを用意しているようだ。

トッテナムを率いるポチェッティーノ監督が、スポルティングでキャプテンを務め、ポルトガル代表ではEURO2016決勝でもプレーし欧州王者に輝いたアドリエンを高く評価。数名の余剰戦力を放出し次第、獲得に向かう意向であるようだ。

27歳のアドリエンは、昨季スポルティングとの契約を2020年まで延長。違約金は4500万ユーロに設定されている。

©FutePor -ふとぽる-

ナポリがEURO2016で躍動するスポルティングMFに関心。プレミアの2クラブも獲得に興味

『O JOGO』

EURO2016に参戦中のスポルティングMFアドリエン・シウバが多くのクラブから関心を集めている。

『Goal』によると、プレミアリーグからはクリスタルパレスとストークが、スポルティングでキャプテンを務める同選手に関心を寄せているという。また、セリエAからは強豪ナポリの名前も浮上している。

アドリエンは2019-20シーズン末までスポルティングとの契約を保持。違約金は4500万ユーロに設定されている。

©FutePor -ふとぽる-