タグ別アーカイブ: アラン・ルイス

スポルティングが、ポルティモネンセMFに関心か。10番の後釜として今冬に獲得へ?

『O JOGO』

スポルティングが、ポルティモネンセに所属する23歳のブラジル人MFパウリーニョの獲得を狙っているようだ。

スポルティングは、今季より1部に昇格したポルティモネンセで主軸として活躍する同選手に、チームで大ブレイク中のブルーノ・フェルナンデスや、10番アラン・ルイスらの代わりとして関心を抱いているようだ。特に、アラン・ルイスは冬の移籍市場での退団が噂されているため、ポルトガルメディア『O JOGO』は、1月の移籍市場でパウリーニョのスポルティング行きが実現し得ることを報じた。

パウリーニョは昨季、2部リーグを戦ったポルティモネンセの主軸選手として、39試合に出場。9ゴールを記録するなど、攻撃的なアタッカーとしてチームの主軸を担っていた。今季も、ここまで9試合で2ゴールと、さらなる活躍を予感させている。

ポルティモネンセでは、今季開幕直後にブラジル人FWブルーノ・タバタに、昨季リーグ4位ビトーリア・ギマラインスからの関心が報じられるなど、1部に昇格したことで所属選手への注目度が高まっている。ポルト相手にゴールを沈めた中島翔哉や、ベンフィカ相手に得点を決めたファブリシオらへの注目度も、今後高まっていくことが予想される。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティング監督、失った主力3選手と過大評価される新戦力の「ギャップ」を語る

『zerozero.pt』

スポルティング監督ジョルジ・ジェズスが、『Record』のインタビューに応じ、閉幕した夏の移籍市場についてコメント。チーム力を大幅に低下させることとなる主力3選手の退団とメガクラブから移籍した2選手を含む新戦力の加入の間にある「ギャップ」を語った。

「(新戦力について)私がすでに知っていた選手もいれば、所属クラブでプレーしていなかった選手もいる。エリアス、バス・ドスト、アンドレー、アラン・ルイスを獲得したが、他はそれぞれのチームで出場機会を得ていない。多くの人がマルコビッチとジョエル・キャンベルを話題にしているところを聞くが、彼らはこの2年間で何か成し遂げたかい?もちろん彼らの能力を信じているし、大きなポテンシャルのある選手だということは分かっている。しかし、スポルティングで価値を見せられるかを判断するのは時期尚早だ。例えば、もしマルコビッチがベンフィカでプレーしていたときのレベルにあれば…彼らがクラブを去ることはなかっただろう」

「移籍市場ではチームの主軸3選手を失った。テオ・グティエレス(ロザリオ・セントラル)、ジョアン・マリオ(インテル)、スリマニ(レスター)だ。テオとスリマニに関しては昨季合計47ゴールも記録している。我々のFW陣がそんなに多くのゴールを決められるかは疑わしい」

ジョアン・マリオとスリマニは合わせて7000万(ボーナス含めると8000万ユーロ)をクラブに残して巣立ったが、ジェズスが言及したマルコビッチやキャンベルはジョアン・マリオの、アンドレーやバス・ドスト、ルーク・カスタイニョスらはスリマニの代替選手として活躍する使命を追っている。新戦力に厳しい言葉を投げかけたのは、それほどのビッグネームの代わりとしてプレーしなければならない重圧を取り除く意図があったのだろう。

今こそ、そのマルコビッチの移籍を許容したベンフィカで多くの戦力を失いながらリーグを制したジョルジ・ジェズスの手腕が試されている。

©FutePor -ふとぽる-