タグ別アーカイブ: アンドレ・オルタ

18年9月のU-21ポルトガル代表メンバーが発表!トゥーロン日本戦で芸術弾の次世代エースも招集

『maisfutebol』

U-21ポルトガル代表監督ルイ・ジョルジが、9月のルーマニア戦およびウェールズ戦の2連戦に臨む22名の代表メンバーを発表した。

注目は、今年U-19世代の欧州選手権で王者に輝いた2人の飛び級選手。アーセナルの下部組織に所属するGKジョアン・ビルジーニアが初選出され、トゥーロン国際大会では日本戦で芸術的なFKを沈め、U-19欧州選手権では得点王に輝いたジョアン・フィリペも再度選出された。

他にも、マンチェスター・ユナイテッドから今季セトゥバルにレンタル移籍したジョエル・ペレイラや、今季ポルトのトップチームでデビューし早くも得点を記録したディオゴ・レイテ、アメリカに活躍の場を移したアンドレ・オルタ、20歳で名門ブラガの10番を背負うブルーノ・シャダス、ウルバーハンプトンで活躍するディオゴ・ジョッタら注目の若手選手もリストに名を連ね、ロシアW杯では悔しい結果に終わった母国の将来を担う若手選手が集った。

以下、U-21ポルトガル代表メンバー22名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手)

GK
ジョアン・ビルジーニア(アーセナル)☆ 初
ジョエル・ペレイラ(ビトーリア・セトゥバル)☆☆

DF
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆
ディオゴ・レイテ(ポルト)☆
フェーホ(ベンフィカ)
イバニウド・フェルナンデス(モレイレンセ) 初
ジョルジ・フェルナンデス(トンデーラ)
ペドロ・アマラウ(ベンフィカ)
ユーリ・ヒベイロ(ベンフィカ)☆☆

DF
ぺぺ(ビトーリア・ギマラインス)
ステファン・エウスターキオ(シャービス)
ブルーノ・コスタ(ポルト)
アンドレ・オルタ(ロサンゼルス)☆☆
ブルーノ・シャダス(ブラガ)☆☆☆
ジョアン・カルバーリョ(ノッティンガム・フォレスト)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)☆
ペレイラ・ラージュ(クレルモン・フット) 初

FW
ディオゴ・ゴンサウベス(ノッティンガム・フォレスト)☆
ディオゴ・ジョッタ(ウルバーハンプトン)☆☆☆
ジウ・ディアス(ノッティンガム・フォレスト)☆
エリベルト(モレイレンセ)
ジョアン・フィリペ(ベンフィカ)☆☆

©FutePor -ふとぽる-

U-21ポルトガル代表が16年10月の新メンバーを発表!注目のオルタ兄弟が今回も共演

『SAPO Desporto』

U-21ポルトガル代表監督ルイ・ジョルジが、EURO2017予選ハンガリー戦およびリヒテンシュタイン戦に向けた代表メンバー23名を発表した。

すでに勝ち抜きを決めたポルトガル代表は、消化試合としてこれまでプレーしてこなかった選手を大量に選出。好調アンドレ・オルタリカルド・オルタのオルタ兄弟も前回に続き選出された。一方で、リオ・オリンピックでエースを担ったゴンサロ・パシエンシア(オリンピアコス)らが招集外となった。

以下、U-21ポルトガル代表メンバー23名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手)

GK
ミゲウ・シウバ(ビトーリア・ギマラインス)
ブルーノ・バレーラ(ビトーリア・セトゥバル)☆
アンドレ・モレイラ(アトレティコ・マドリード)

DF
ドミンゴス・ドゥアルテ(ベレネンセス)
ペドロ・ヘボッショ(モレイレンセ)
ルーベン・セメード(スポルティング)☆☆
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆
ペドロ・エンピス(スポルティング)
トビアス・フィゲイレード(ナシオナル)☆☆
エドガル・イエー(ビジャレアル)☆

MF
ルーベン・ネーベス(ポルト)☆☆☆
ディオゴ・ジョッタ(ポルト)☆☆☆
ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)☆☆☆
ジョアン・カルバーリョ(ベンフィカ)
ロニー・ロペス(リール)☆
アンドレ・オルタ(ベンフィカ)☆☆
フランシスコ・ジェラウデス(モレイレンセ)
ジョアン・テイシェイラ(ウルバーハンプトン)

FW
ゴンサロ・グエデス(ベンフィカ)☆☆☆
ダニエル・ポデンセ(モレイレンセ)
リカルド・オルタ(ブラガ)☆☆☆
シマオン・アゼベード(ブラガ)
ブルマ(ガラタサライ)☆

©FutePor -ふとぽる-

ユベントス、ベンフィカ期待の若手2選手を視察

『zerozero.pt』

ユベントスが、先日ルス・スタジアムで行われたベンフィカ対ブラガの一戦にスカウトを派遣し、ベンフィカの若手2選手を視察したようだ。

『Gazzetta dello Sport』によると、ユベントスが視察したのは、DFビクトル・リンデロフとMFアンドレ・オルタ。22歳のリンデロフはチェルシーやリバプールといったプレミアの強豪クラブに、ユベントスのライバルであるインテルら数々のメガクラブが関心を寄せるスウェーデン代表CB。19歳のアンドレ・オルタは、この日対戦したリカルド・オルタの実弟であり、U-21ポルトガル代表でもプレーする母国期待の若手MFである。

この日、両者はともにスタメン出場し、90分間プレー。ユベントスのスカウト陣に好印象を与えたようだ。RSBネウソン・セメードにインテル行きの噂が生じるなど、今季も、早くもメガクラブの草刈り場となりつつあるベンフィカ。1月の移籍市場では、これらクラブの未来を担う若手選手を失ってしまうのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

16-17季の主役候補!ポルトガル3強に加入した6名の注目新戦力

2016-17シーズンのポルトガルリーグが開幕してからはや2週間。夏の移籍市場はもうじき閉幕を迎え、いよいよポルトガルリーグの覇権争いも本格化する。その中心を担うであろうベンフィカ、スポルティング、ベンフィカも、一席の王座を目指しチームの強化に精を出した。

リーグ4連覇を目指すベンフィカは、すでに国内で結果を残している若手選手を多く獲得。約10年ぶりのリーグ制覇を目論むスポルティングはライバルに比べ控え目の補強。このところ調子の上がらないかつての絶対王者ポルトは、新監督ヌーノ・エスピリト・サント招聘を始め、王者奪還に向け国内外の移籍市場で積極的な動きを見せている。

今年もいずれかがポルトガルリーグを制覇するであろうこの3強。そのようなクラブで最も輝けば当然今年のポルトガルリーグでも「顔」になれる訳だが、果たして今季のリーグの主役となり得る選手は誰なのか。新た3強に新加入した6名の中に、その主役候補がいるのかもしれない。

<ベンフィカ>
1.アンドレ・オルタ
(前クラブ:ビトーリア・セトゥバル)

ビトーリア・セトゥバルでの36戦の試合経験を引っさげ、ユース時代から過ごした愛するクラブへ、トップチーム選手として復帰した。開幕戦のトンデーラ戦では、相手選手3人を翻弄する衝撃のゴールを決めるなど早くも注目を集め、極めつけは8月26日に発表されたU-21ポルトガル代表への選出。ブラガへレンタル中の実兄リカルド・オルタとともに兄弟揃って代表に選ばれ、注目度はうなぎ登りだ。

2.ダニーロ・シウバ
(前クラブ:バレンシア)レンタル移籍

昨季ブラガから強豪バレンシアへレンタル移籍した注目選手。U-20ブラジル代表ではキャプテンを務めていた将来のスター候補である。バイエルンに移籍したレナト・サンチェスの後釜として、ベンフィカの中盤統率を託された。

<スポルティング>
3.ジョエル・キャンベル
(前クラブ:アーセナル)レンタル移籍

強豪アーセナルから「優勝するために」スポルティングへレンタル移籍。クラブのレジェンド、ルイス・フィーゴが背負って以来、その後を継いだ選手がみな不遇に見舞われたことから呪われた背番号と呼ばれる「7」番を託された。レジェンドの重圧を解き放ち、嫌なジンクスを破れるか。

<ポルト>
4.ローラン・ドゥポワトル
(前クラブ:ゲンク)

ドミンゴス・パシエンシアやベニー・マッカーシー、ラダメル・ファルカオにジャクソン・マルティネス。錚々たるクラブのレジェンドが背負った伝統の背番号「9」。昨季背負ったアブバカルは、なんとプレシーズンに剥奪。10番を背負うこととなったアンドレ・シウバなど誰に受け継がれるのか注目されたエースナンバーは、この男に託された。ポルトのワントップに相応しい191センチの長身FWはクラブの歴史に名を残せるか。

5.オリベル・トーレス
(前クラブ:アトレティコ・マドリード)レンタル移籍

多くのポルティスタが望んだオリベルの復帰が実現。アトレティコ産のスターは「アトレティコを去るのならポルト以外はあり得なかった」と好感度でいっぱいのコメントを残した。恩師ロペテギ(現スペイン代表監督)のもとシーズンベストイレブンに選ばれる活躍をした14-15シーズンの再現を果たしたい。

6.ディオゴ・ジョッタ
(前クラブ:アトレティコ・マドリード)レンタル移籍

昨季パソス・デ・フェレイラで19歳ながら35試合で14ゴールと絶対的エースとして活躍。優れた成績を引っさげ、アトレティコ・マドリードへ移籍し、武者修行として生まれ故郷のビッグクラブ、ポルトへ舞い戻った。センターFWだけでなく、ウイングやトップ下など幅広いポジションでプレーできるポリバレントな力は、4年ぶりにリーグタイトルを狙うポルト攻撃陣に厚みをもたらす。

今年の王者はベンフィカか、スポルティングか、ポルトか。いずれにせよ、彼らが16-17シーズンのポルトガルリーグ制覇を成し遂げたとき、その中心にはこの6名のうちの誰かが君臨しているのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカ優勝の裏で感動のドラマ。スーペルタッサで感涙の兄弟愛

『A BOLA』

昨15-16シーズンのリーグ王者ベンフィカとカップ王者ブラガが対戦した、新シーズンの開幕を告げる16-17スーペルタッサ。ベンフィカが圧倒的な強さを見せて3-0でブラガを下し、今季初タイトルの栄冠を獲得した舞台裏で、涙のドラマが繰り広げられた。

そんな感動劇を演じたのが、リカルド・オルタアンドレ・オルタの「オルタ」兄弟。兄のリカルドは、10番を背負ったリーガ・エスパニョーラのマラガから、今季母国のブラガへレンタル移籍。弟のアンドレは、兄もその名を知らしめたビトーリア・セトゥバルでの活躍を経て、今季19歳ながらベンフィカに加入した。

そしてこの日、ベンフィカ所属の弟アンドレはいきなりのスタメン出場。一方で、兄リカルドはベンチ入りすることはなかった。残念ながら兄弟対決とはならなかったものの、母国の強豪クラブ同士で、兄弟が初めてプロとして顔を合わせた。

試合後、弟アンドレが感極まってリカルドのもとへ。泣きながら兄の胸に抱きついた。リカルドは兄らしく、泣きわめく弟をその胸でなだめるなど、兄弟の愛情が垣間見える一幕であった。

©FutePor -ふとぽる-