タグ別アーカイブ: アンドレ・ビラス・ボアス

リーグ無敗優勝のレジェンド監督が、好調の古巣ポルトに言及「追い上げの圧力に耐えられるか」

『O JOGO』

上海上港を率いるアンドレ・ビラス・ボアスが、ポルトガルリーグ開幕以降7試合で全勝を飾り、単独首位に立つ古巣ポルトについてコメントした。

2010-11シーズンにポルトを率い、ポルトガルリーグ無敗優勝、ポルトガルカップ、EL、そしてポルトガルスーペルタッサの「4冠」を獲得し、ポルトミュージアムに自身の像が建てられるなどクラブのレジェンドとなった同監督。ポルトでの戦績は49勝5分4敗と圧倒的な強さを見せつけていた。リーグでは常に首位に立ち、無敗を続けるプレッシャーと戦っていたビラス・ボアスらしい言葉を残した。

「大変素晴らしいスタートを切り、この上ない期待を感じられる。ベンフィカのような直接のライバルが勝ち点を落としているのがなおのこと良い。シーズン終了時までこのようにいられること(ライバルと勝ち点差を維持していること)を願っている。だがそれは、追い上げてくるプレッシャーに耐え得るポルト自身の力にもかかっている」

近年、フレン・ロペテギ監督やヌーノ・エスピリト・サント監督に率いられてきたポルトは、冬以降の失速によりベンフィカに王座の座を受け渡してきた。4冠を達成したレジェンド監督のアドバイス通り、プレッシャーに耐え我慢強く1試合1試合を戦えば、2012-13シーズンぶりのリーグ優勝も現実的だろう。ここから先は、新監督セルジオ・コンセイサオンのチームマネジメント力が問われてくるに違いない。

©FutePor -ふとぽる-

ビラス・ボアスが一足早く来日。「グッモーニン、ニセコ!」家族とスノボを楽しむ

4月10日、埼玉スタジアムで行われる浦和レッズ対上海上港戦を1ヶ月後に控え、上海上港のポルトガル人指揮官アンドレ・ビラス・ボアスが一足早く来日した。

同監督は、自身のInstagramに、「グッモーニン、ニセコ!」とし、スキーウェアに包まれたセルフィーを投稿。後ろには家族と思われる人影があり、休暇を利用して家族と旅行のため日本を訪れたと推測される。ハッシュタグにはスノーボーディングとあり、スキーではなく、スノーボードを楽しんだようだ。

ビラス・ボアスは、上海上港の監督に就任する以前に、FIFAのインタビューで「ブラジルか日本で監督をしたみたい」と語っており、日本への興味について言及していた。

©FutePor -ふとぽる-

マルコ旋風のプレミア。英メディアが母国リーグで見たい5人のポルトガル人監督を選定!

『SAPO Desporto』

ハル・シティの新監督に途中就任したマルコ・シウバが、マンチェスター・ユナイテッドやリバプールを撃破し、リーグに衝撃を与える中、英メディア『Telegraph』がプレミアリーグで見たい20名の監督を選定し、5人のポルトガル人監督が選ばれた。

5人のポルトガル人は、納得の選定となった。ベンフィカでリーグ首位に立つルイ・ビトーリアと、ポルトを率いチャンピオンを追うヌーノ・エスピリト・サント、タイトル争いから一歩脱落したが、圧倒的なタイトルホルダーであるスポルティングのジョルジ・ジェズスら、ポルトガル3強を率いる3名が選出。残りの2人は、中国リーグへ移籍したアンドレ・ビラス・ボアスと、モナコでフランスリーグ首位に立つレオナルド・ジャルディンが選ばれた。

同メディアが記載した選定の理由は、下記の通り。マルコ・シウバが英国に与えた衝撃により、再びポルトガル人監督というブランド価値が上昇しているのかもしれない。

ヌーノ・エスピリト・サント
→今季のベンフィカとのタイトル争いは見事。リオ・アベ時代には、中小クラブをELに導いた功績も忘れなかった。

ルイ・ビトーリア
→ベンフィカでの82%という驚異的な勝率。昨季はリーグ王者とリーグ杯の2冠を達成。

ジョルジ・ジェズス
→未だプレミアクラブが同監督を招聘していない事実に驚く。ベンフィカ時代は、リーグ制覇を3回、EL決勝進出2回と、ポルトガル国内の監督としては圧倒的な成績を記録している。

アンドレ・ビラス・ボアス
→チェルシーとトッテナムでは失意のシーズンを過ごしたが、ゼニトでロシアリーグを制すなど、その進化ぶりに期待してもう一度プレミアで見てみたいとの意見。

レオナルド・ジャルディン
→若手の育成力と、フランスリーグで首位に立つその手腕を評価。

©FutePor -ふとぽる-

チェルシーがオスカルの中国移籍を正式発表!ビラス・ボアスと再タッグへ

チェルシーがオスカルの退団を正式に発表。25歳のブラジル人MFは、中国リーグへ移籍する。

イングランドの名門チェルシーから、またもブラジル人スターが中国に爆買いされた。ラミレスに続き、選手としてトップレベルにあるオスカルは、かつての指揮官アンドレ・ビラス・ボアスが今季就任した上海上港へ移籍する。

2012年にインテルナシオナルからチェルシーへ入団したオスカルは、これまで203試合に出場し38ゴールを記録していた。

チェルシーファンにとっては寂しい退団となるが、かつての恩師ビラス・ボアスとの再会やブラジル代表にチームメイト、フッキらとの共演に期待したい。

©FutePor -ふとぽる-

テリーの次はクアレスマ。中国移籍のビラス・ボアスが母国の大物補強を狙う

『zerozero.pt』

上海上港の新監督に就任したポルトガル人指揮官アンドレ・ビラス・ボアスが、ベジクタシュのポルトガル代表FWリカルド・クアレスマの獲得に興味を抱いているようだ。『Tuttomercato』が報じた。

先日はチェルシーのキャプテン、ジョン・テリーの獲得を模索していることが報じられたビラス・ボアス。他にもハビエル・パストーレなど、大物選手の名前が浮上する中、かつて歴史的なシーズンを送ったポルト出身、同郷のファンタジスタを狙っていることが明らかとなった。

ポルトとゼニトで苦楽を共にした盟友フッキと三たびタッグを組むこととなったビラス・ボアス。中国リーグ制覇を目論む同監督が、さらなるスター選手の獲得を望んでいることは間違いないようだ。

©FutePor -ふとぽる-