タグ別アーカイブ: アーセナル

ポルトの18歳代表MFをめぐり「ロンドン・ダービー」と「エル・クラシコ」が勃発か

『A BOLA』

アーセナルがポルトに所属するMFルーベン・ネーベスを冬の移籍市場で狙うようだ。18歳ながらポルトで主力を務める同選手に対し、3100万ユーロを支払う用意ができているという。

アーセナルがポルトガル代表MFへ移籍時に提示する金額は1700万ユーロ。獲得に漕ぎ着けた場合、目標達成度に応じて1400万ユーロを追加で支払う契約を準備している。

アーセナルのベンゲル監督は、この冬、守備的MFの補強を画策している。スポルティングのウィリアン・カルバーリョを第一目標に、18歳ながら先日フル代表デビューを飾ったネーベスの実力にも注目しているという。

ルーベン・ネーベスには、すでにチェルシーからの関心も伝えられている。また、レアル・マドリードとバルセロナも同選手に4000万ユーロを提示する用意ができているとの報道もされており、ロンドンとスペインの超名門クラブによる争奪戦が予想される。アーセナルにとっては4000万ユーロの大金を支払うことは難しく、他クラブの動向次第では獲得を断念する可能性がある。

©FutePor -ふとぽる-

プレミアの4大クラブがベンフィカ10番の争奪戦へ。いよいよ移籍実現か?

『A BOLA』

長年ささやかれているベンフィカのアルゼンチン代表FWニコ・ガイタンの移籍騒動。これまで、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、チェルシーなどといったプレミア勢を中心にベンフィカ10番への関心が噂されてきた。

そしてここにきて、アーセナルが獲得競争に参戦することになった。『Mirror』によると、同クラブは今季より積極的にガイタンにスカウトを送り身辺調査をしているという。

ベンフィカのエースとして、今季もチームに勝利をもたらす活躍をしているガイタン。CLでの活躍ぶりからも、ヨーロッパトップクラブの関心をさらに集めているようだ。

©FutePor -ふとぽる-

プレミアのビッグスリーが、ベンフィカの若手2選手に興味

『zerozero.pt』

ベンフィカ期待の若手である2選手、すなわち、ビクトール・アンドラーデとネウソン・セメードが、イングランドの強豪クラブから注目を集めている。

『Sunday Mirror』によると、マンチェスター・シティが、ブラジル人FWアンドラーデについて身元照会をしているようだ。トップチームでの出場経験は3試合のみだが、スターリングやデ・ブライネらに次ぐ、チームの将来を担う若手選手として獲得を模索しているという。また、20歳で4500万ユーロの違約金が設定されている同選手には、チェルシーも関心を寄せている。

また、先日ポルトガルA代表に抜擢され、インテルも獲得を狙っている若手RSBのネウソン・セメードには、アーセナルが興味を示しているようだ。ベンゲル監督が、シーズン序盤のサプライズとも言えるセメードの成長に対して好意的な印象を抱いている。21歳のセメードにも、同じく4500万ユーロの違約金が設定されている。

並み居る強豪チームからの関心が報じられたベンフィカの両選手。今季よりブレイクを果たした若手選手が、早くもトップレベルのクラブへ活躍の場を移すのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

U-21ポルトガル代表LSBにアーセナルが興味

『A BOLA』

所属するフランスリーグとU-21ポルトガル代表での活躍を受け、ラファエル・ゲヘイロがアーセナルから関心を寄せられている。

『France Football』によると、アーセナルはアスレティック・ビルバオへの移籍が噂されるナチョ・モンレアルの後継者に、ロリアンで活躍する若手ポルトガル人LSBが理想的だと考えているようだ。

ラファエル・ゲヘイロは、これまでパリ・サンジェルマンからの関心が伝えられていたが、昨日パリの金満クラブがモナコからクルザワを獲得したことで、その可能性は消滅。アーセナルとしては、強力な競合相手がいなくなった形だ。

©FutePor -ふとぽる-