タグ別アーカイブ: イケル・カシージャス

UEFAが16-17ポルトガルリーグのベスト11を選出!ポルトが優勝のベンフィカを超える

『maisfutebol』

UEFAのポルトガル語版が、16-17シーズンのポルトガルリーグベストイレブンを選出した。

UEFAが選定したのは、ベストイレブンの11名とその控えとして7名。チームを率いる監督とシーズンMVPも選出した。イレブンには、3位スポルティングから2名、優勝のベンフィカから4名、2位のポルトからは優勝チームをこえる5名の選手が輩出された。

以下、UEFAが選出した16-17ポルトガルリーグベストイレブン

ベストイレブン
GK
イケル・カシージャス(ポルト)

DF
ネウソン・セメード(ベンフィカ)
フェリペ(ポルト)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ)
アレックス・テレス(ポルト)

MF
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
ビッツィ(ベンフィカ)→シーズンMVP

FW
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)
チキーニョ・ソアレス(ポルト)
コンスタンティノス・ミトログル(ベンフィカ)
バス・ドスト(スポルティング)

控え
GK
エデルソン・モラエス(ベンフィカ)

DF
マキシ・ペレイラ(ポルト)
セバルスティアン・コアテス(スポルティング)

MF
アドリエン・シウバ(スポルティング)
ヤシン・ブライミ(ポルト)

FW
ムサ・マレガ(ビトーリア・ギマラインス)
ジョナス(ベンフィカ)

監督
ルイ・ビトーリア(ベンフィカ)

©FutePor -ふとぽる-

カシージャス、リバプール移籍で事前合意か。ポルトは高額年俸がネックで放出の可能性も

『zerozero.pt』

ポルトの守護神、元スペイン代表GKイケル・カシージャスにリバプール移籍の噂が浮上した。

スペインメディア『AS』は、カシージャスがすでにリバプールと交渉を開始し、事前合意に達したと報じている。リバプールは来季のCLを勝ち抜くためGKの補強を望んでおり、経験豊富な同選手に関心を抱いているという。

また、同メディアは、カシージャスがリバプールへ移籍する手助けとして、ポルトの経済面を報じた。ポルトはレアルから獲得したカシージャスの年俸を、この2年間同クラブと共同で払っていたが、来季以降はレアルによる金銭的補助がなくなるため、高額年俸の同選手をチームに留めることができなくなるかもしれないという。

今季はポルトで往年のパフォーマンスを取り戻しファンからの信頼を回復したカシージャス。復調に合わせ、欧州の第一線へと戻る道を選ぶのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

カシージャス、来夏にポルトを離れMLS挑戦か?積極補強クラブへ入団しドリームチーム結成の噂

『A BOLA』

ポルトGKイケル・カシージャスに、来夏のアメリカ行きの噂が生じている。入団先は、MLSのニューヨーク・シティになるかもしれないという。

スペインメディア『elEconomista』によると、カシージャス自身もニューヨーク行きに興味を示しており、ニューヨーク・シティ側も同選手に多額の契約金を提示する用意ができているようだ。

同クラブには、カシージャスが良好な関係を築くスター選手が多く在籍しており、それもニューヨーク行きに傾く一因になることも予想されている。ニューヨーク・シティでは現在、元スペイン代表の同僚ダビド・ビジャや元イングランド代表フランク・ランパード、イタリア代表アンドレア・ピルロらビッグネームがプレーしている。

また新たなメガスターが、シーズン末にアメリカへ活躍の場を移すのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

カシージャスが尊敬する「8名」の歴代GKを選定。ポルトのレジェンドGKの名も

『A BOLA』

カシージャスが、最も尊敬に値する歴代GKの中で、かつてポルトとポルトガル代表のゴールマウスを支えたレジェンドGKビトール・バイーアの名を挙げた。

クラブの公式イベントで、Twitterを用いてサポーターの質問に回答したカシージャス。その中で、尊敬するGKの「トップ5」を選ぶように求められた。そして、5名に絞ることが「難しい」としたカシージャスは「8名」の名を答えたのだった。

「ピーター・シュマイケル、ビトール・バイーア、ブッフォン、カニサレス、カーン、ファン・デル・サール、ペトロ・チェフ、そしてビクトール・バルデスかな」

現在所属するポルトのレジェンドを答え、クラブとサポーターに最大限の敬意を示したカシージャス。ポルティスタ間の好感度はさらに高まったことだろう。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョとカシージャスの確執に終止符。ポルト対チェルシー戦後に挨拶を交わす

『A BOLA』

2-1でポルトの勝利に終わったCLポルト対チェルシーの一戦。この日、試合内容以上に世間の関心を集めたのが、レアル時代に確執を抱えていたモウリーニョとカシージャスの再会であった。試合前の前日記者会見から本件について取り上げられ、「すれ違う機会があれば挨拶をする」と明言していたモウリーニョの動向が注目されていた。

そして、ポルトのホーム、ドラガオン・スタジアムでの試合後に、モウリーニョとカシージャスは再会。その状況について、両者ともにコメントを残した。

ポルトのGKを務めるカシージャスは「我々は挨拶を交わしたが、そこに何ら問題はなかった。我々は紳士的な握手を交わした。すでに長い時間が経過した。少なくとも、私は過去を生きてはいないのだ」とコメント。同様にモウリーニョも「特別なことでも何でもなかった。カシージャスには挨拶をし、彼の幸運を祈った。ともに教養があり、3年間を一緒に過ごした間柄には、至って普通のことであった。素晴らしい時も難しい時も過ごしたが、それも含めて人生だ」と語った。これにて両者の確執は「時効」を迎えたことが明かされたのだった。

両者が挨拶をしたことで、レアル時代の確執には終止符が打たれたのだろうか。表面上のものでないことを祈りたい。

©FutePor -ふとぽる-