タグ別アーカイブ: インテル

またも大型補強成立か。「ガビゴウのプライオリティはスポルティング」と代理人が明言

『zerozero.pt』

ブラジル人FWガビゴウことガブリエウ・バルボーザのスポルティング移籍の可能性が高まっている。

ガビゴウの代理人であるワグネル・ヒベイロ氏が、『Record』のインタビューに応答。「ガビゴウのプライオリティはスポルティングであると明言できる」と、インテルで苦戦する同選手がポルトガル移籍を第一候補に考えていることを明かした。

移籍交渉は進展を見せ、選手自身もスポルティング移籍について良い印象を抱いているようだ。「インテルのピエロ・アウシリオ氏と話してきたところだ。そしてガビゴウも1シーズンだけスポルティングでプレーすることに興味を抱いている。そしていま、我々はスポルティングのブルーノ・デ・カルバーリョ会長と話し合いをしているところだ。スポルティングとは今日中に話をまとめたい。他のクラブも彼に興味を寄せており、早いうちに解決する必要がある」と、金曜日までに移籍交渉の締結を目指していることを明かした。

移籍に向けて最大の障壁は、同選手の高額年俸になりそうだ。現在ガビゴウはインテルで300万ユーロの年俸をもらっており、スポルティングにレンタル移籍させる場合、インテルがその70%を支払うことになりそうだという。

今季、スポルティングはブルーノ・フェルナンデスやセイドゥ・ドゥンビア、ファビオ・コエントランにマテューなど、世界各国の有名プレーヤーの大型移籍を実現させてきた。すでにライバルであるポルトがガビゴウに興味を抱いていることは報じられていたが、スポルティングがまたも有名スタープレーヤーを手中に収めてしまうのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、ブラジルの至宝インテルFWガビゴウに興味。選手の代理人がポルトに好印象とも

『zerozero.pt』

エースFWアンドレ・シウバをミランへ放出したポルトが、前線の新たなオプションとして、インテルのガビゴウこと、ガブリエウ・バルボーザに興味を寄せているようだ。『GloboEsporte』が報じた。

ブラジルメディアによると、インテルの新監督ルチアーノ・スパレッティは、ガビゴウを構想に入れておらず、同選手の代理人は、ポルトが選手が成長するには理想的な環境であると考えているという。

3000万ユーロでインテルに加入したブラジルの至宝だが、昨季はわずか10試合に出場して1ゴールを挙げたのみ。再起をかけて、ポルトの名門クラブへの移籍を決断するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

レアルでの10年間に別れ?ぺぺの新天地はイタリアで交渉は順調か

『O JOGO』

レアル・マドリードに所属するポルトガル代表DFぺぺに、今季限りで10年間過ごしたクラブを去る可能性が浮上。そして、新天地の有力候補としてイタリアの名前が挙がった。

『Sky Italia』によると、ぺぺの移籍先として有力なのはインテルであるようだ。金曜日には、すでに代理人ジョルジ・メンデスがクラブ幹部と話し合いの場を設け、交渉は順調に進んでいるという。また、選手自身も、イタリア移籍に対して好意的であると報じられている。

今季、レアルが提示したわずか1年の契約延長オファーをすでに2度断っているぺぺ。長年過ごしたマドリードへ別れを告げる時が近づいているのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

インテルのジョアン・マリオが、解任された監督と適応に苦しむブラジル人FWを擁護

『SAPO Desporto』

ポルトガル代表MFジョアン・マリオが、先日成績不振を理由に解任されたフランク・デ・ブール元監督の退任について語った。

「デ・ブールには働く時間がなかった。難しい状況だった。メガクラブではいい成績を残せなかったら監督は解任されるものではあるけど」

また、同選手は同じタイミングでインテルに加入したガビゴウことガブリエウ・バルボーザについてもコメントを残した。同選手はリオ五輪金メダルの成績を引っさげ、鳴り物入りでインテルに加入しながら、ここまでインパクトを残せていない。

「ガビゴウは素晴らしい選手だ。しかし、ブラジルでプレーしてヨーロッパに移籍することは常に難しいものだよ。彼には時間が必要だが、タレントはある」

©FutePor -ふとぽる-

インテル、2017年にモウリーニョ帰還を画策か

『O JOGO』

インテルが、来季にジョゼ・モウリーニョの監督招聘を画策しているようだ。

成績不振によりフランク・デ・ブール監督を解任したインテルは、現在その後任を探している。マルコ・シウバビトール・ペレイラらポルトガル人監督も候補に挙げられる中、『Tuttosport』によると、インテルは来季モウリーニョを復帰させるために、次の監督は約半年の短期間の就任にする意向だという。

同メディアによると、現在マンチェスター・ユナイテッドで不振に陥るモウリーニョが、名門クラブの復興に失敗した場合、かつてセリエAを2度、イタリア杯とスーペルタッサを1度、そしてCLまでもを制したクラブの英雄の帰還を試みるという。果たして、モウリーニョはチェルシー時代と同じく、自身を英雄視するクラブへ復帰することになるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-