タグ別アーカイブ: ウィリアン・カルバーリョ

コンテ・チェルシー、スポルティングの若手ポルトガル代表MF2選手の獲得を狙う

『A BOLA』

アントニオ・コンテ新監督率いるチェルシーが、スポルティングに所属する2名の若手ポルトガル代表MF、ジョアン・マリオウィリアン・カルバーリョの獲得を狙っているようだ。

欧州王者ポルトガル代表の10番ジョアン・マリオに関し、『The Sun』によると、チェルシーは5500万ユーロを用意しているという。スポルティングは、同選手を違約金である6000万ユーロ以下では売り出さない方針を貫いており、先日はインテルによる5000万ユーロのオファーを拒否していた。また、同メディアによると、ポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョが就任したマンチェスター・ユナイテッドもジョアン・マリオ獲得に興味を示しており、ユベントスのポール・ポグバとの交渉が決裂に終わった場合の代替として注視しているようだ。

U-21世代のEURO2015で大会MVPに輝いたウィリアン・カルバーリョに関し、『Daily Mirror』によると、チェルシーは近々獲得オファーを提示するようだ。他にもエバートンが同選手の獲得を狙っており、同じく近日中のオファーを検討するなど、争奪戦が予想される。

欧州王者に輝いたEURO2016ですっかり株を上げた2名のポルトガル代表若手MF。世界のメガクラブがこぞって獲得を狙うスポルティングの両雄が、揃ってチェルシーへ加入することはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

プレミア制覇で話題のレスター、主力流出に備えポルトガルリーグNo.1若手MFに興味

『A BOLA』

奇跡のプレミアリーグ優勝で全世界の話題をさらっているレスターが、主力選手の流出に備え、ポルトガル代表MFウィリアン・カルバーリョに関心を寄せている。

『The Sun』によると、今季大活躍を果たし、プレミアのメガクラブからの関心を集めるMFカンテを残留させるのは、非常に難しいと推測されている。そのため、レスターはポルトガルリーグで圧倒的な存在感を放つウィリアンを、カンテの後釜として注目しているようだ。

ただ、若くしてポルトガル代表の中盤を支えるウィリアン・カルバーリョは、同じくプレミアの強豪クラブがこぞって関心を寄せる注目株である。アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドらとの熾烈な獲得競争を勝ち抜くのは、奇跡のリーグ制覇を果たしたレスターといえど、簡単ではないだろう。

©FutePor -ふとぽる-

PSGがリスボン・ダービーにスカウトを派遣。お目当てはポルトガルで名を馳せる2名のMF

『zerozero.pt』

土曜日にジョゼ・アウバラーデ・スタジアムにて開催された、スポルティング対ベンフィカのリスボン・ダービー。アウェイのベンフィカが1-0で勝利し、リーグ首位に躍り出たこの日、パリ・サンジェルマンのスカウトが、両チームに熱視線を送っていた。

フランス王者が熱心にそのプレーを追ったのは、スポルティングのポルトガル代表MFウィリアン・カルバーリョと、ベンフィカの新人MFレナト・サンチェス。特にウィリアンを最優先に追跡しており、ブラン監督のお眼鏡に叶う選手として大きな関心を寄せているようだ。同クラブは、スポルティングで主軸を務める若き代表MFに3500万ユーロを用意しているという。

対して、18歳のポルトガル人MFレナト・サンチェスは、今後数試合を観戦し、じっくりとその実力を見極めたいようだ。レアル・マドリードやバルセロナ、バイエルンにユベントス、マンチェスター・ユナイテッドなど世界各国のメガクラブが追い求める才能には、今後も熱心にスカウトを派遣することだろう。

両者ともにポルトガルリーグを代表する強力MF。パリ・サンジェルマンは、その豊富な資金力で若き才能を引き抜くのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

UEFAが注目するEURO2016で主役になり得る100選手にポルトガルからは5名が選出!

『SAPO Desporto』

フランスで開催されるEURO2016の開幕まで、残り100日となった。そこで、UEFAが大会で主役になり得る100名の選手を選定し、公式Twitter上で紹介した。

ポルトガル代表からは5選手が選出された。大本命のクリスティアーノ・ロナウドを始め、ぺぺとナニのベテランコンビ。中盤にはジョアン・モウティーニョと期待の若手ウィリアン・カルバーリョがピックアップされた。

15回目のEUROは、6月10日から7月10日にかけて行われ、24国の代表チームが優勝カップをめぐって激突する。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティングが主軸MF2名と契約延長!2001-02季以来のリーグ制覇へ準備万端

『A BOLA』

スポルティングが、チームを支える2名のMFと契約延長を果たした。

先日、2月8日には、キャプテンのポルトガル代表MFアドリエン・シウバと新契約を締結。2020年+1年のオプションが付けられ、違約金は前契約より500万ユーロが上乗せされた4500万ユーロに再設定された。

そして昨日の9日には、チームの未来を背負う若手ポルトガル代表MFウィリアン・カルバーリョとも契約延長で合意した。2020年までの契約で、違約金は4500万ユーロである。

3強の一角とされながらも、ここ十数年はリーグタイトルから見放されているスポルティングだが、名将ジョルジ・ジェズスが就任した今季は好調を維持し、現在ベンフィカと同ポイントで首位に並んでいる。2名の主軸MFと無事に契約延長を果たし、万全の状態で2001-02以来となるリーグタイトル奪還へ突き進む。

©FutePor -ふとぽる-