タグ別アーカイブ: ウィリアン・カルバーリョ

リオ五輪で日本と戦う可能性も。優勝候補筆頭、EURO2015準優勝世代U-23ポルトガル代表の「ハンパない!」20人

日本代表の2016リオ・オリンピック出場が決定しました。これで、日本は世界各国の強豪チームと対戦する可能性があるわけですが、その中でもポルトガル代表は強敵です。リオ五輪に出場する現在のU-23世代は、2015年に行われたU-21世代のEUROで、ヨーロッパNo.2に輝いた黄金世代です。大会ベストイレブンにも、優勝したスウェーデンを超える5人もの選手が選ばれるなど、優秀な若手選手がゴロゴロいます。

そこで今回は、日本代表の五輪出場に即し、我が国と戦う可能性もあるそんなポルトガル代表のU-23世代から、20名の「ハンパない」選手たちを「ハンパないポイント」とともに紹介していきます。

<A代表主力編>
この3選手は、すでにA代表でも欠かせない主力選手になろうとしています。優秀なU-23世代の中でも突出した、もはや世界的ヤングスターです。

1.ウィリアン・カルバーリョ(スポルティング)

MF、23歳(リオ五輪の頃には24歳に)
ここが「ハンパない!」→実績がハンパない!2014年ブラジルW杯に出場し、EURO2015ではヨーロッパNo.1若手の称号である大会MVPを獲得。
最も関心を寄せるクラブ→アーセナル

2.ベルナルド・シウバ(モナコ)

MF-FW、21歳
ここが「ハンパない!」→21歳の若さでモナコのエース「10番」に。EURO2015では代表のエースとしてベスト11に選出。A代表でも準レギュラークラスへと成長。
最も関心を寄せるクラブ→ユベントス

3.ジョアン・マリオ(スポルティング)

MF、23歳
ここが「ハンパない!」→デコやティアゴ、ジョアン・モウティーニョの系譜を継ぐポルトガル代表期待の万能型ミッドフィルダー。
最も関心を寄せるクラブ→アトレティコ・マドリード

<A代表当落線上編>
最近A代表に選ばれ始めた、代表での将来がまだまだ不明瞭な面々。リオ五輪と同時期に行われるEURO2016のA代表メンバーに選出されなかった場合、オリンピックで「憂さ晴らし」の大暴れをする可能性大!

4.ネウソン・セメード(ベンフィカ)

RSB、22歳
ここが「ハンパない!」→2015-16季に大ブレイク。トップチームデビューから僅か半年でA代表に選出されるシンデレラ・ストーリーを演じる。今後10年は代表のRSBを務めるであろう逸材。
最も関心を寄せるクラブ→インテル

5.ラファエル・ゲヘイロ(ロリアン)

LSB、22歳
ここが「ハンパない!」→EURO2015ベスト11。ファビオ・コエントランの後継者筆頭候補。
最も関心を寄せるクラブ→アーセナル

6.ルーベン・ネーベス(ポルト)

MF、18歳
ここが「ハンパない!」→18歳ながらポルトの史上最年少キャプテンを務めた試合あり。
最も関心を寄せるクラブ→チェルシー

7.アンドレ・ゴメス(バレンシア)

MF、22歳
ここが「ハンパない!」→ポルトガルのレジェンドMFデコが古巣バルセロナに「シャビの後継者」として公に推薦するファンタジスタ。
最も関心を寄せるクラブ→ナポリ

8.ゴンサロ・グエデス(ベンフィカ)

MF-FW、19歳
ここが「ハンパない!」→2015-16季、CLアウェイのアトレティコ戦で、ベンフィカに歴史的勝利をもたらした立役者。本試合での決勝ゴールは、18歳と305日というポルトガル人選手CL歴代最年少得点記録に。クリスティアーノ・ロナウドの後継者筆頭。
最も関心を寄せるクラブ→マンチェスター・ユナイテッド

9.ラファ・シウバ(ブラガ)

MF-FW、22歳
ここが「ハンパない!」→当時21歳で2014年ブラジルW杯メンバー最後のピースに。同大会で代表復帰が期待されたリカルド・クアレスマのW杯出場枠と、彼の十八番である「トリベーラ」を自らのものにした。
最も関心を寄せるクラブ→ポルト

<A代表候補以外にも…ハンパない!編>
これだけ「ハンパない!」同世代が揃い、上の世代にはクリスティアーノ・ロナウドやコエントランも。まさにA代表は飽和状態。だから、「今は入れなくても数年後には入ってやる!」そんな気概を持った将来有望な若手選手たち。

10.ジョゼ・サー(ポルト)

GK、23歳
ここが「ハンパない!」→EURO2015ベスト11。スポルティングとポルトが争奪戦を繰り広げた逸材。ラウール・メイレレスを彷彿とさせる口ひげもハンパない!

11.ジョアン・カンセーロ(バレンシア)

RSB、21歳
ここが「ハンパない!」→この若さで強豪バレンシアのレギュラー格に。すでに紹介したネウソン・セメードのライバル筆頭。

12.トビアス・フィゲイレード(スポルティング)

CB、2月2日に22歳
ここが「ハンパない!」→188センチの屈強センターバック。将来はフル代表のディフェンスラインを統率するであろうリーダー候補。

13.ロニー・ロペス(リール)

MF、20歳
ここが「ハンパない!」→ベンフィカやマンチェスター・シティなど、メガクラブのユースで育ったエリート中のエリート。今はモナコからレンタル移籍中もポテンシャルは随一。

14.レナト・サンチェス(ベンフィカ)

MF、18歳
ここが「ハンパない!」→トップチームデビュー僅か半年でベンフィカの絶対的主力選手に。CLで対戦したアトレティコのシメオネ監督も絶賛した豪快な若手MF。
最も関心を寄せるクラブ→マンチェスター・ユナイテッド

15.ブルーノ・フェルナンデス(ウディネーゼ)

MF、21歳
ここが「ハンパない!」→「ルイ・コスタ2世」としてミランが注目するファンタジスタ。
最も関心を寄せるクラブ→ミラン

16.リカルド・オルタ(マラガ)

MF-FW、21歳
ここが「ハンパない!」→21歳ながらマラガの10番を背負う。若き頃のクリスティアーノ・ロナウドの如く、縦への推進力と積極的なシュート意識が売り。

17.イバン・カバレイロ(モナコ)

FW、22歳
ここが「ハンパない!」→EURO2015ベスト11。若き頃からの同僚ベルナルド・シウバとの相性は抜群。チームに相乗効果をもたらす。

18.ディオゴ・ジョッタ(パソス・デ・フェレイラ)

FW、19歳
ここが「ハンパない!」→現ブラガ監督パウロ・フォンセッカが「ポルトガルのフェルナンド・トーレス」と大絶賛。飛び級でU-21代表にも選ばれ、バルセロナやモナコが狙う逸材。
最も関心を寄せるクラブ→ベンフィカ

19.リカルド・ペレイラ(ニース)

SB-FW、22歳
ここが「ハンパない!」→圧倒的なスピードでサイドを駆け上がるスピードスター。A代表にも呼ばれたことのある期待の若手。

20.ゴンサロ・パシエンシア(アカデミカ)

FW、21歳
ここが「ハンパない!」→血筋がハンパない!父はポルトのレジェンドFWドミンゴス・パシエンシア。母国に不足する9番として大成が望まれる。

この中から、多くの選手がリオ・オリンピックメンバーに入ってくるような気がします。もし日本が対戦することになったら、是非この「ハンパない!」20人に注目してください。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティングの2大スターを抑え、ポルトガルリーグ10月11月の最優秀若手選手に19歳が選出!

『zerozero.pt』

リーグ6位と好調を維持するパソス・デ・フェレイラ所属のディオゴ・ジョッタが、10月と11月期のポルトガルリーグの最優秀若手選手に選ばれた。ポルトガル代表にも選出されているスポルティングの2大スター、ジョアン・マリオとウィリアン・カルバーリョと大差をつけ、19歳の新星FWが名誉を手にした。

19歳ながらU-21ポルトガル代表にも選ばれているディオゴ・ジョッタは、現ブラガ監督パウロ・フォンセッカが「ポルトガルのフェルナンド・トーレス」と絶賛する逸材である。投票では23.71%もの得票を集め、最も優れた若手選手に選出された。ジョッタは、10月11月のリーグ戦で5試合に出場。マリティモとエストリル相手に得点を挙げ、2ゴールをマークしていた。

2位には、スポルティングのポルトガル代表MFジョアン・マリオが、16.38%の得票数を集めランクイン。3位には、同じくスポルティングの代表MFウィリアン・カルバーリョが、9%のポイントを獲得し、ベスト3に名を連ねた。

ちなみに、同期間における2部リーグの最優秀若手選手には、ベンフィカBに所属するU-21ポルトガル代表ペドロ・ヘボッショが選出された。

©FutePor -ふとぽる-

リバプールがU-21欧州選手権MVPウィリアン・カルバーリョを狙う

『A BOLA』

プレシーズンでの負傷により戦線離脱しているスポルティング所属ポルトガル代表MFウィリアン・カルバーリョ。現在はトレーニングに復帰しつつあるU-21欧州選手権MVP選手に対し、リバプールが関心を寄せているようだ。

レアル・マドリードを始め、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドなど強豪クラブがこぞって獲得を狙う人気銘柄のウィリアン。イギリスメディア『Daily Express』によると、リバプールの監督ブレンダン・ロジャースが、同選手を獲得リスト最上位の1人に掲載しているという。1月に開幕する冬の移籍市場で獲得を目指しているようだ。

ポルトガルフル代表の中盤も支える世界的な若手のホープであるウィリアン・カルバーリョ。この冬には、各国の強豪クラブによる争奪戦が予想される。

©FutePor -ふとぽる-

主力残留に成功したスポルティングが新たに2名の中心選手と契約延長へ

『A BOLA』

移籍市場で多くの注目選手を抱えるスポルティング。今季はチームのエース、スリマニとポルトガル代表若手MFジョアン・マリオの両選手と2020年までの契約延長を果たした。ジョルジ・ジェズス新監督のもと積極的に主力選手の残留を進めるクラブは、新たに2選手と契約延長にこぎつけるようだ。

1人目が、現在負傷離脱中のポルトガル代表若手MFウィリアン・カルバーリョ。レアル・マドリードも今季に獲得を狙ったと噂される注目選手と、2年の契約延長を結ぶ意向だ。現在ウィリアンは2018年までの契約を保持しているため、実現すれば上記選手らと同じく2020年までの延長となる。

2人目が、ペルー代表FWアンドレ・カリージョ。昨季のCLチェルシー戦で大活躍しプレミアのチームがこぞって注目した。今季はレスターからのオファーがあり、スポルティングは人気銘柄をこちらも2020年までの契約延長でチームに残留させたいようだ。

両選手とも、スポルティングがカンペオナート(リーグ戦)を10数年ぶりに勝ち取るには不可欠な存在だ。そのためか、2名ともにチームいちを争う高給を用意しているという。果たして、スリマニとジョアン・マリオに続き、ウィリアンとカリージョの契約延長も成功させられるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

レアルがU-21欧州選手権MVPウィリアン・カルバーリョを補強リストのトップに

『A BOLA』

レアル・マドリードのラファエル・ベニテス監督が中盤の補強を模索しており、スポルティングの中盤の要、ウィリアン・カルバーリョを補強リストの最上位に掲載した。

ベニテス監督はセントラルのポジションに早急な補強の必要性を感じているようだ。モドリッチとクロース、カゼミロの3選手だけでは、リーグとCLなど高質な試合を長いシーズン戦うには不十分だと認識している。

ウィリアン・カルバーリョは、ポルトガル代表としてブラジルW杯にも出場し、U-21欧州選手権では大会MVPに輝くなど、若手世代の中では傑出した成績を残している。すでに代理人ジョルジ・メンデスがレアルと接触したというが、4500万ユーロに設定されている高額移籍金が交渉の鍵となる。

©FutePor -ふとぽる-