タグ別アーカイブ: エクトル・エレーラ

17-18季ポルトガルリーグ各種賞が発表!MVPはあの1億ユーロ男。ベスト11ノミネートの中島翔哉・ファブリシオは選外に

『zerozero.pt』

ポルトガルリーグが、2017-18シーズンの各種賞を発表。1部リーグの最優秀選手賞には、同シーズンにスポルティングへ加入して、1億ユーロの違約金が設定されたことで注目を集めたブルーノ・フェルナンデスが、得点王のジョナスやリーグ王者ポルトのエースFWムサ・マレガらを退けて、年間MVPの栄誉を獲得。最優秀監督賞には、ポルトでクラブ最多勝ち点を積み上げ、2012-13シーズン以来となるリーグ王者を奪還したセルジオ・コンセイサオンが輝いた。

※以下、所属クラブは2017-18シーズン当時のもの

Liga NOS(ポルトガル1部リーグ)
◆フェアプレー賞(チーム)
シャービス

◆フェアプレー賞(個人)
イケル・カシージャス(ポルト)

◆最優秀若手選手賞
ルーベン・ディアス(ベンフィカ)
その他のノミネート選手:
ユリ・ヒベイロ、マテウス・ペレイラ

◆得点王
ジョナス(ベンフィカ) 34ゴール

◆最優秀ゴール賞
ロドリゴ・ピーニョ(マリティモ)

◆最優秀選手賞
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
その他のノミネート選手:
ジョナス、ムサ・マレガ

◆最優秀監督賞
セルジオ・コンセイサオン(ポルト)
その他のノミネート監督:
ペパ、アベル・フェレイラ

◆ベストイレブン
GK ルイ・パトリシオ(スポルティング)
RSB リカルド・ペレイラ(ポルト)
CB コアテス(スポルティング)
CB フェリペ(ポルト)
LSB アレックス・テレス(ポルト)
CMF エクトル・エレーラ(ポルト)
CMF ピッツィ(ベンフィカ)
CMF ブルーノ・フェルナンデス
(スポルティング)
RWG ムサ・マレガ(ポルト)
CF ジョナス(ベンフィカ)
LWG ジェウソン・マルティンス
(スポルティング)

Ledman LigaPro(ポルトガル2部リーグ)
◆フェアプレー賞(チーム)
ベンフィカB

◆フェアプレー賞(個人)
アルトゥール・アブレウ
(ビトーリア・ギマラインスB)

◆最優秀若手選手賞
チキーニョ(アカデミカ・コインブラ)
その他のノミネート選手:
ラファエル・バルボーザ、フェデ・バレーラ

◆最優秀GK賞
リカルド・リベイロ
(アカデミカ・コインブラ)
その他のノミネート選手:
ブラカリ、ダニエウ

◆得点王
リカルド・ゴメス(ナシオナル) 22ゴール

◆最優秀監督賞
コスティーニャ(ナシオナル)
その他のノミネート監督:
カルロス・ピント、アルマンド・エバンジェリスタ

◆最優秀選手賞
リカルド・ゴメス(ナシオナル)
その他のノミネート選手:
ムリージョ、チキーニョ

なお、ポルトガル1部リーグのベストイレブン候補には、ポルティモネンセから、リーグで唯一2桁得点2桁アシストを記録した中島翔哉と、得点ランキング4位のファブリシオ(現浦和レッズ)もノミネートされていたが、両者ともに惜しくも選外となった。

©FutePor -ふとぽる-

今週末のクラシコに、ユベントスがスカウトを派遣。視察するポルトの4選手とは

『O JOGO』

今週末にポルトのドラガオン・スタジアムで行われるポルト対ベンフィカの『クラシコ』に、ユベントスがスカウトを派遣する。そのお目当てはポルトの4選手であるようだ。

ユベントスが視察予定の選手とは、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバ、好調の若きブラジル人オタービオ・モンテイロ、メキシコ代表MFエクトル・エレーラ、そしてU-21ポルトガル代表MFルーベン・ネーベス。ちなみに『Tuttosport』によると、ユベントスはベンフィカのSBグリマルドにも関心を寄せているというが、同選手は負傷離脱中のため、招集メンバーに含まれていない。

特に代表でも絶好調、20歳のエースFWアンドレ・シウバは、多くのメガクラブが関心を寄せる存在。ユベントスの他にも、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリード、チェルシーにマンチェスター・ユナイテッドらも熱い視線を寄せている。

©FutePor -ふとぽる-

ユベントスがポルトの3選手に興味。今季急成長オタービオの名前も

『O JOGO』

イタリア王者ユベントスが、ポルトの3選手に興味を示しているようだ。『Tuttosport』が報じた。

ユベントスが獲得に関心を抱いたのは、ポルトガル期待の若手MFルーベン・ネーベスと、現在チームでキャプテンの一角を担うメキシコ代表エクトル・エレーラ、そして今季よりポルトに復帰し、レギュラーを奪取したブラジル人FWオタービオ・モンテイロだ。

人気銘柄であるネーベスとエレーラへの関心を昨季から度々報じられていたが、オタービオの名前が挙がったのは今回が初。今季ビトーリア・ギマランエスへのレンタルからポルトに復帰した21歳の同選手は、並み居る強力ライバルをよそ目に、11試合に出場。早速チームのレギュラーに定着している。

前ブラジル代表監督ドゥンガからもブラジル代表になりうる人材と讃えられたオタービオ。早速メガクラブへのステップアップが実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

両者の因縁再び。イグアイン獲得のユベントスが、ナポリが獲得間近のポルトMFを狙う

『zerozero.pt』

複数のイタリアメディアによると、ユベントスがポルトのメキシコ代表MFエクトル・エレーラに関心を寄せているようだ。ポール・ポグバが移籍した際の後釜として、ポルトでレギュラーを張る同選手に注目しているという。

エレーラといえば、ナポリ移籍が間近との報道がされていたが、再びユベントスとナポリが移籍市場で因縁を繰り広げることとなった。ナポリは、悔しくもユベントスにイグアインを引き抜かれたが、その移籍金9000万ユーロで再度ポルトにオファーを出す可能性が高い。ポルトはエレーラの移籍金を2500万ユーロから引き下げる意思はなく、2200万ユーロを提示していたナポリは、一時交渉が停止されていた。

2013年にポルトに加入したエレーラは、同クラブで最も試合に出場している選手の1人となった。現在、ヌーノ・エスピリト・サント新監督のもとプレシーズンを行うチームにおいても、キャプテンの1人として重宝されている。

©FutePor -ふとぽる-

ナポリ移籍基本合意と噂のポルトMF、残すは300万ユーロの「微差」のみ

『A BOLA』

イタリアメディアが、引き続きポルトのメキシコ代表MFエクトル・エレーラのナポリ行きを報道している。

今週の始めに、ポルトがエレーラの移籍に関してナポリと合意に達したとの報道がされていたが、『RAI』が新たな情報を捉えたようだ。

同メディアによると、ポルトとナポリが望む移籍金の差は「わずか」300万ユーロ。ポルトは2000万ユーロを要求し、ナポリは1500万ユーロ+200万ユーロのボーナスを提示したという。

残りの300万ユーロの微差が埋まれば、エレーラのナポリ移籍正式発表は近いのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-