タグ別アーカイブ: エデン・アザール

「アザールは10番ではない」。モウリーニョが理想とする「10番」像とは?

『A BOLA』

チェルシーでトップ下「10番」のポジションを担うことを直談判したと噂されるエディン・アザールだが、モウリーニョ監督の考えは違うようだ。記者会見の場で、自らが理想とする10番像を、かつて率いた名手を例に描写した。

「アザールを10番として使うか?私にはその考えはない。私の考えでは、10番の選手は様々な役割をこなさなくてはならない。ボールを持っているときも持っていないときもだ。私のチームでは「10番」は特別な存在なのだ」

「ゴールを決め、エリア近くに侵入していく10番が好きだ。私の理想では、10番の選手は、守備をしているときには「8.5番」として、チームがボールを保持しているときには「9.5番」としてプレーしなければならない」

「理想的な10番?ウェズレイ・スナイデルとデコだ。彼らは守備をこなし、決定機に顔を出し、そしてゴールを決めることができる」

アザールはモウリーニョが求める10番としては、運動量が少なく、守備面での貢献度が低いということだろう。選手本人は、この発言から自身の監督が求める理想的な10番像に成長することができるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョが昨季のベストプレーヤーについて言及「チームが第一であるべき」。クリスティアーノよりもアザール?

『A BOLA』

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督にとって、昨季のベストプレーヤーは、2年連続バロンドール受賞中のクリスティアーノ・ロナウドよりも、自チームのエデン・アザールであるようだ。その理由は、レアルのポルトガル人選手とは違い、アザールがチームでタイトルを獲得していることにある。

「昨季は、(アザールがクリスティアーノよりも良かったことについては)イエスだ。クリスティアーノも素晴らしかったけどね。驚くべき数のゴールを決めていた。クリスティアーノが良くなかったと言っている訳ではない。私が言っているのはただ単に、自分自身の意見として、すべての選手はチームが第一にあることを理解しなくてはならないということだ」。『Daily Mail』のインタビューに対し、ポルトガル人監督はこのように答えた。

その意味で言うと、アザールと同様にバルセロナのリオネル・メッシもバロンドール獲得レースにおいてクリスティアーノの先を行く。

「明白に言えるのは、すべてはそのシーズンと、獲得したタイトル次第だ。タイトルのないフットボールなんて何にもならない。昨季メッシは3つのコンペティションに勝ち、コパ・アメリカでは決勝に辿り着いた。チームで素晴らしいシーズンを送ったのだ。私は、選手や監督がチームとは関係なしに個人タイトルを獲得するのは好きじゃない」

度々声を大にして言い続けてきた「個人タイトルはチームありき」というモウリーニョの考え。本インタビューに対しても、その「らしさ」がブレることはなかった。

©FutePor -ふとぽる-