タグ別アーカイブ: エバートン

マルコ・シウバを逃したエバートン、次は「3億ユーロを生み出した」ポルトガル人監督に注目か

『zerozero.pt』

イングランドプレミアリーグのエバートンが、新監督としてベンフィカを率いるポルトガル人監督ルイ・ビトーリアに注目しているようだ。

ロナルド・クーマン監督を成績不振により解任したエバートンは、後任監督としてワトフォードで快進撃を続けるマルコ・シウバを第一候補として追っていたが、ワトフォード側に拒否され同監督の招聘を断念。次なる候補として、同じポルトガル人監督であるルイ・ビトーリアに狙いを定めたという。『Mirror』によると、ルイ・ビトーリア監督自身もエバートン行きに対して興味を抱いているようだ。

同メディアは、ルイ・ビトーリアのベンフィカでの成績を紹介しており、2年連続でポルトガルリーグを制し、リーグカップ、ポルトガルカップ、スーパーカップなどのカップ戦でも頂点に立っていることを掲載した。また、同監督のベンフィカでの最大の功績であろう人材育成についても言及し、ネウソン・セメード(バルセロナ)やエデルソン・モラエス(マンチェスター・シティ)、ビクトル・リンデロフ(マンチェスター・ユナイテッド)、ゴンサロ・グエデス(バレンシア)、レナト・サンチェス(スウォンジー)らを育て上げ、ベンフィカに3億ユーロもの売却益をもたらしていたことも紹介した。

すでにポルトガルリーグでは突出した成績を残しているルイ・ビトーリア。イングランドの名門へのステップアップを狙い、シーズン途中に母国を巣立つことはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

エバートン、ルカクの後釜としてポルトガルリーグ得点王に興味。高額移籍金がネックか

『SAPO Desporto』

エバートンが、スポルティングに所属するオランダ代表FWバス・ドストに興味を抱いているようだ。

エバートンは、エースのロメウ・ルカクに移籍の噂が絶えず、その後釜としてポルトガルリーグで得点ランキングを独走するドストに注目しているという。同選手は、ここまで28試合で31ゴールを記録し、得点ランキング2位チキーニョ・ソアレス(ポルト)の19ゴールを優に上回るほど得点を量産している。ゴールデンブーツ賞も視野に入れており、現在トップに立つリオネル・メッシとは2ゴール差の2番手につけている。

ただし、スポルティングのブルーノ・デ・カルバーリョ会長は、ドストの移籍に関し違約金である6000万ユーロの移籍金を求めている。ルカクの売却益があれば捻出可能な金額であるが、ポルトガルリーグのトップスコアラーとはいえ、将来有望な若手選手と引き換えに、27歳のドストにこれほどの移籍金を用意するかは疑わしいだろう。

©FutePor -ふとぽる-

EURO決勝でもファインセーブ連発。ポルトガル代表守護神にプレミアクラブが関心

『zerozero.pt』

『The Sun』によると、ポルトガル代表GKルイ・パトリシオにエバートンが関心を寄せているようだ。

エバートンは、パトリシオがEURO2016で魅せたパフォーマンスから獲得に興味を抱いたという。フランスとの決勝戦でもファインセーブを連発し、大会ベストGKにも選ばれた守護神に、700万ユーロを用意しているようだ。

スポルティング一筋のルイ・パトリシオ。28歳というキャリアの全盛期に初の移籍、そして海外挑戦となるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ジョルジ・ジェズス新監督の構想外となったスポルティングFWディエゴ・カペルにエバートンが関心

『zerozero.pt』

スポルティングとの契約が残り1年となったスペイン人FWディエゴ・カペルに、今季限りでの退団の噂が浮上した。そして、イングランドメディアによると、プレミアの強豪エバートンが近々同選手へ獲得オファーを提示するようだ。

現在南アフリカでプレシーズンを送るスポルティング。ジョルジ・シェズス新監督は、ウイングのポジションに、U-21ポルトガル代表のカルロス・マネや、昨季大ブレイクを果たし、欧州3大リーグからの関心を集めるペルー人アンドレ・カリージョらを信頼しており、カペルのチーム内における序列は低い。

スポルティングが2011年の夏にセビーリャより契約したスペイン人FWにとって、このような状況は今に始まったことではない。毎シーズン、カペルは出場機会を徐々に減らしていた。2011-12シーズンには49試合に出場して7ゴールを記録。2012-13シーズンには36試合で5ゴール。2013-14シーズンには31試合で3ゴールと出場機会を減らし、昨季(2014-15)は27試合で1ゴールにとどまっていた。

©FutePor -ふとぽる-