タグ別アーカイブ: エリアキム・マンガラ

バレンシアがポルトガルリーグ3強の元センターバック3選手の獲得に興味か

『O JOGO』

バレンシアが、ゼニトのエゼキエル・ガライとマンチェスター・ユナイテッドのマルコス・ロホの獲得に興味を抱いているようだ。

『Deporte Valenciano』によると、バレンシアはマルコス・ロホに1200万ユーロを用意。ジョゼ・モウリーニョ新監督の構想から外れ、ジョゼ・フォンテ獲得のために売りに出されると噂されるロホの獲得を狙っている。

また、ゼニトを退団しベンフィカへ復帰することを望んでいるとされるガライに関し、ベンフィカからの横取りを画策。スペインメディアによるとすでにオファーを用意しているようだ。

マンチェスター・シティに所属する元ポルトのマンガラを狙うバレンシア。偶然にも、さらに元ベンフィカのガライと元スポルティングのロホの獲得を目指すことで、同時期にポルトガルリーグの3強でCBとしてプレーした3選手を確保する可能性が浮上したのだった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、マンガラのレンタルによる復帰を画策。ミラン、バレンシアと競合へ

『A BOLA』

『Tuttosport』によると、ポルトがマンチェスター・シティに所属するエリアキン・マンガラをレンタルで獲得することを画策しているようだ。新監督グアルディオラの構想から外れた同選手の復帰を、今夏の移籍市場閉幕までに試みるという。

なお、25歳のマンガラにはバレンシアとミランも興味。鳴り物入りでマンチェスター・シティに加入した注目選手を巡り、3クラブが獲得競争を繰り広げる。

©FutePor -ふとぽる-

マンガラ、バレンシア移籍か

『zerozero.pt』

フランス人CBエリアキム・マンガラの名が移籍市場を騒がせている。同選手が所属するマンチェスター・シティからの移籍の可能性が日に日に強まっている。

『The Sun』によると、マンガラの新天地として第一候補に挙がっているのが、バレンシアだという。他にも同選手に興味を寄せるクラブは複数存在するようだが、代理人を務めるジョルジ・メンデスとバレンシアの強い結びつきからも、スペインに活躍の場を移す可能性が高い。

ポルトから鳴り物入りで加入するも、未だイングランドの地でインパクトを残せていないマンガラ。心機一転、スペインの強豪チームへと移籍するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

FIFAが元ポルトCBマンガラの移籍を調査。ポルトに新規選手登録禁止処分の可能性も

『A BOLA』

FIFAが2014年の夏にポルトからマンチェスター・シティへ移ったマンガラの移籍を調査している。同選手の移籍は、選手の保有権の一部を持つ投資ファンドDoyenが介入し、3050万ユーロの移籍金にて成立していた。

FIFAは現在本件を調査中。Doyenが、FIFAが示す、移籍に関わる第三者の規定に違反し、ポルトから移籍交渉の全権を継承してマンガラの移籍を手がけた可能性があるという。

また、同報道によると、場合によってはポルトには罰金処分が下され、さらに、数期間にわたって新規選手登録の禁止処分が課される可能性もあるようだ。

選手を安く買って高く売る戦略を取り、選手の入れ替わりが激しい文化を持つポルトにとって、新規選手の登録禁止処分はどんな刑罰よりも深刻なものとなるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

元ポルト現マンCのマンガラが、自身の「ミニ・ドリームチーム」を選定

『A BOLA』

かつてポルトに所属し、現在はマンチェスター・シティのCBを務めるエリアキン・マンガラが、自身の考える「ドリームチーム」を選定した。

クラブのサイトにて催された企画にて、フランス代表CBは、これまでのチームメイトから5名の選手をドリームチームに加えるよう促された。1名のGKと2名のDF、MFとFWをそれぞれ1名ずつの計5選手だ。

マンガラが選定した「ベスト・ファイブ」には、かつてのポルトの同僚である3選手が含まれた。GKにはエウトン、DFにはユベントスへ移籍したアレックス・サンドロ、そしてMFには、かつてのキャプテンで自身のポルトガルへの適応を助けてくれた「重要な選手」、ルチョ・ゴンザレスを選出した。

残りのDFには、現在セルティックに所属するボヤタ、FWにはマンCのエース、アグエロを選定した。

©FutePor -ふとぽる-