タグ別アーカイブ: オタービオ・モンテイロ

ポルトガルリーグ2019-20季各種賞が発表。王者ポルトが総ナメ!

ポルトガルリーグ2019-20シーズンの各種賞が発表された。

各クラブの監督及びキャプテンが選出するリーグMVPには、ポルトのヘスス・コローナが選出。右サイドのウイングからサイドバックまでユーティリティ性を発揮したメキシコ代表FWが、現マンチェスター・ユナイテッドのブルーノ・フェルナンデスが2年連続で鎮座していた最優秀選手の座を引き継いだ。なお、ポルトからリーグMVPが選ばれるのは、2011年と2012年にフッキが2年連続で獲得して以来となった。

王者ポルトからは他にも、最優秀監督賞にセルジオ・コンセイサオン、最優秀ゴール賞にFWゼ・ルイス、ベストイレブンにGKマルチェシン、CBぺぺ、LSBアレックス・テレス、MFオタービオ・モンテイロ、RWGヘスス・コローナら計5名が選出されるなど、個人タイトルを総ナメする結果となった。

以下、ポルトガルリーグ2019-20各種賞

・最優秀選手賞
ヘスス・コローナ(ポルト)

・ベストイレブン
GK アグスティン・マルチェシン(ポルト)
RSB エスガイオ(ブラガ)
CB ぺぺ(ポルト)
CB ルーベン・ディアス(ベンフィカ)
LSB アレックス・テレス(ポルト)
MF オタービオ・モンテイロ(ポルト)
MF ピッツィ(ベンフィカ)
MF ペドロ・ゴンサウベス(ファマリカオン)
RWG ヘスス・コローナ(ポルト)
LWG パウリーニョ(ブラガ)
CF メフディ・タレミ(リオ・アベ)

・最優秀ゴール賞
ゼ・ルイス(ポルト)

・最優秀監督賞
セルジオ・コンセイサオン(ポルト)

・最優秀若手選手賞
ペドロ・ゴンサウベス(ファマリカオン)

©FutePor -ふとぽる-

好調ポルトMFにユナイテッドとアーセナルが興味。違約金は6000万ユーロ

『A BOLA』

ポルトのブラジル人MFオタービオ・モンテイロに、プレミアの強豪マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが関心を寄せている。『Transfer Market』が報じた。

21歳のオタービオは、今季ビトーリア・ギマラインスへのレンタル移籍からポルトへ復帰し、ここまでレギュラーとしてプレー。2ゴール6アシストと、アンドレ・シウバやディオゴ・ジョッタ、オリベル・トーレスなど、ポルトの前線を支える若手プレーヤーの一角として活躍している。

ポルトはそんなオタービオを評価し、先日2021年までの新契約を締結したばかり。そのため、同選手には6000万ユーロの違約金が設定されている。

©FutePor -ふとぽる-

今週末のクラシコに、ユベントスがスカウトを派遣。視察するポルトの4選手とは

『O JOGO』

今週末にポルトのドラガオン・スタジアムで行われるポルト対ベンフィカの『クラシコ』に、ユベントスがスカウトを派遣する。そのお目当てはポルトの4選手であるようだ。

ユベントスが視察予定の選手とは、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバ、好調の若きブラジル人オタービオ・モンテイロ、メキシコ代表MFエクトル・エレーラ、そしてU-21ポルトガル代表MFルーベン・ネーベス。ちなみに『Tuttosport』によると、ユベントスはベンフィカのSBグリマルドにも関心を寄せているというが、同選手は負傷離脱中のため、招集メンバーに含まれていない。

特に代表でも絶好調、20歳のエースFWアンドレ・シウバは、多くのメガクラブが関心を寄せる存在。ユベントスの他にも、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリード、チェルシーにマンチェスター・ユナイテッドらも熱い視線を寄せている。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトが絶好調MFオタービオと2021年まで契約を延長。違約金は6000万ユーロに設定

『Record』

木曜日、ポルトがオタービオ・モンテイロとの契約を2021年まで延長したことを発表した。

現在21歳のブラジル人MFオタービオは、2014年の夏にポルト・アレグリから250万ユーロという格安な移籍金でポルトに加入。ポルトBを主戦場にプレーし、昨季はビトーリア・ギマラインスにレンタル移籍していた。そして、今季からポルトに復帰してAチームに定着。新監督ヌーノ・エスピリト・サントの信頼を得て、レギュラーとしてプレーしている。

ポルトはここまで6ゴール9アシストと絶好調なオタービオと5年の契約延長を果たし、違約金は6000万ユーロと超高額に設定。ユベントスからの関心も伝えられるほど注目度の増した同選手を、簡単には売却しないという姿勢を明かすこととなった。

©FutePor -ふとぽる-

ユベントスがポルトの3選手に興味。今季急成長オタービオの名前も

『O JOGO』

イタリア王者ユベントスが、ポルトの3選手に興味を示しているようだ。『Tuttosport』が報じた。

ユベントスが獲得に関心を抱いたのは、ポルトガル期待の若手MFルーベン・ネーベスと、現在チームでキャプテンの一角を担うメキシコ代表エクトル・エレーラ、そして今季よりポルトに復帰し、レギュラーを奪取したブラジル人FWオタービオ・モンテイロだ。

人気銘柄であるネーベスとエレーラへの関心を昨季から度々報じられていたが、オタービオの名前が挙がったのは今回が初。今季ビトーリア・ギマランエスへのレンタルからポルトに復帰した21歳の同選手は、並み居る強力ライバルをよそ目に、11試合に出場。早速チームのレギュラーに定着している。

前ブラジル代表監督ドゥンガからもブラジル代表になりうる人材と讃えられたオタービオ。早速メガクラブへのステップアップが実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-