タグ別アーカイブ: オリンピアコス

オリンピアコス監督マルコ・シウバ、強豪アーセナル相手にも攻めの姿勢を崩さず

『A BOLA』

CLでイングランドの強豪アーセナルと対戦するオリンピアコス。ポルトガル人指揮官マルコ・シウバが、劣勢と見なされるアウェイでの決戦に向けて、最高の結果を得られるよう、チームとして守備的には臨まないことを示した。

「望んでいる結果を得るのが不可能などと考えて試合に挑むことはない。我々は、決してそのようには考えていない。最善の結果を残すためにこの場に来た。難しい試合になることは重々承知だが、そもそも我々は厳しいコンペティションを戦っているのだ。アーセナルは偉大なクラブだが、自分たちの強みを信じているし、試合への準備はできている」

「明日、チームのアイデンティティーを変更することはないが、全ての試合に順応する必要があることは分かっている。我々よりボールを支配できるチームと対戦するときには、それに適応する必要があるが、チームのアイデンティティーを全て変えることはしない」

©FutePor -ふとぽる-

オリンピアコス指揮官マルコ・シウバがエストリルから教え子を獲得

『A BOLA』

エストリルに所属するブラジル人FWセバが、かつての恩師マルコ・シウバ率いるオリンピアコスと4年契約を結ぶことが決まった。

エストリルのティアゴ・ヒベイロ会長はA BOLA紙に対して、セバの移籍を明言。また、この移籍によりウイングのポジションを補強することになると、以下のように述べた。

「まだ誰を取るかは決まっていないが、確実に言えることは補強することになるということだ」

23歳のブラジル人FWは、火曜日にメディカルチェックのためアテネへ到着する。かつてはポルトに所属した経歴を持つセバは、2013-14シーズンにエストリルへ入団し、当時の指揮官マルコ・シウバと出会った。33試合で8ゴールの記録を残し、指揮官がスポルティングへ去った翌2014-15シーズンには42試合で5ゴールを決めている。1年越しにかつての指揮官とアテネの地で再会することになった。

©FutePor -ふとぽる-

ブラガの長身DFにポルトガル人監督が指揮する2つのビッグクラブが関心

『A BOLA』

ブラガに所属する大型センターバック、アデルラン・サントスに、マルコ・シウバが率いるオリンピアコスと、エスピリト・サントが率いるバレンシアが興味を抱いている。

現在26歳のブラジル人DFは、192センチの長身を武器にする大型センターバックである。2012年にブラガのトップチームに昇格すると、そこから主力選手としてチームを支えてきた。2013-14シーズンには37試合に出場して4ゴールを記録。昨2014-15シーズンには、41試合で5ゴールをマークするなど、攻撃面でも存在感を発揮している。

ポルトガルリーグから積極補強を続けるエスピリト・サントとマルコ・シウバの2人のポルトガル人監督が指揮するバレンシアとオリンピアコス。再び母国から有力選手を引き抜くのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

マルコ・シウバ率いるオリンピアコスが昨季ポルトガルリーグMVPジョナスに興味

『A BOLA』

ギリシアメディアによると、ポルトガル人新監督マルコ・シウバ率いるオリンピアコスが、昨季監督がスポルティングを率いた際に対戦したベンフィカのブラジル人FWジョナスの獲得に興味を抱いているようだ。

実は31歳のジョナスは、昨夏の移籍市場でオリンピアコス移籍間近であった。しかし、バレンシアからの退団交渉を終わらせ、ゼロ円移籍で向かった先はベンフィカとなった。ジョナスはベンフィカとの契約を残り1年としているため、オリンピアコスは前回とは違い、今回の獲得交渉では移籍金を支払わなくてはならない。

なお、ジョナスは昨季FIFAが選定するポルトガルリーグMVPと、ポルトガルリーグが選定するそれのダブルMVPに選出されている。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトの若手FWが元スポルティング監督マルコ・シウバ率いるオリンピアコスへ?

『zerozero.pt』

ポルトに所属するFWエルナーニに、昨季スポルティングの監督を務め、来季よりオリンピアコスを率いるポルトガル人監督マルコ・シウバが関心を示している。選手自身も、出場機会を得るために移籍を決断する可能性があるという。

ポルトガルメディア『Record』によると、エルナーニはポルトのウイングとしてロペテギ監督の第4オプションに沈んでいるようだ。同選手は、アルジェリア代表ヤヒン・ブライミや、元バルセロナのクリスティアン・テージョ、今季チームに復帰した元ポルトガル代表シルベストレ・バレラらの後塵を排している。マルコ・シウバ率いるオリンピアコスでは、ポルトより多くの出場機会を得ることができると予想されている。

一昨季にはビトーリア・ギマラインスで活躍し、21試合で4ゴールを挙げたエルナーニ。同選手のパス75%を290万ユーロで買い取ったポルトに移籍してからは出場機会を激減させた。現在23歳、昨季のポルトでは、ロペテギ監督の信頼を勝ち取ることができずに、テージョが負傷離脱したシーズン後半に10試合に出場するのみに終わった。

©FutePor -ふとぽる-