タグ別アーカイブ: クリスティアーノ・ロナウド

マンC移籍のベルナルドは歴代3位。ポルトガル人の歴代移籍金ランキングトップ12はこれだ!

『O JOGO』

モナコのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのマンチェスター・シティへの移籍が正式に決定した。その移籍金について、イギリス『BBC』は、4920万ユーロ(4300万ポンド)と報じ、フランス『L’Equipe』は、5000万ユーロ+2000万ユーロの成果報酬と報道。どちらの報道を正としても、ベルナルド・シウバは、ポルトガル人では歴代3番目となる高額の移籍金を生み出したことになった。

そんな中、ポルトガル『O JOGO』がポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングを取りまとめた。

1位は、誰もが知るクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードへ移籍した際の推定9400万ユーロ。2位は、こちらもレアルへ加入したルイス・フィーゴ。移籍金が現在のように高騰していない当時にしては破格の金額となる6000万ユーロであった。

ミランへ4200万ユーロで移籍したルイ・コスタは、今回のベルナルド・シウバの移籍により、歴代4位に転落。5位、6位、7位は、昨季、ジョアン・マリオレナト・サンチェスアンドレ・ゴメスがそれぞれインテル、バイエルン、バルセロナへ移籍した際に塗り替えた記録である。

8位には、3000万ユーロで4人の名選手が並んだ。リカルド・カルバーリョ、ダニー、ぺぺ、ファビオ・コエントランなどベテラン勢は、当時としては眼を見張るような金額で移籍を実現させたが、移籍金の高騰が著しい若手選手に追いやられる形となった。

昨季は上述の3選手が歴史的な金額を記録したが、わずか1年でベルナルド・シウバがそれらを優に越える金額を叩き出した。ポルトガルにはまだまだ多くのタレントがいるため、来季以降もこのランキングは塗り替えられることだろう。

以下、ポルトガル人歴代移籍金ランキング

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ベルナルド・シウバ 5000万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(モナコ→マンチェスター・シティ)

4位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

5位 ジョアン・マリオ 4000万ユーロ(+ボーナス500万ユーロ)(スポルティング→インテル)

6位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ(+ボーナス4500万ユーロ) (ベンフィカ→バイエルン)

7位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(バレンシア→バルセロナ)

8位-12位 3000万ユーロ
・リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
・ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト
・ぺぺ(ポルト→レアル・マドリード)
・ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

©FutePor -ふとぽる-

クリロナ、レアルを苦しめたポルトガル代表の同僚をペレス会長に推薦か

『Record』

レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドが、フロレンティーノ・ペレス会長にポルトガル代表の同僚FWジェウソン・マルティンスの獲得を進言したようだ。『Diario Gol』が報じた。

ジェウソン・マルティンスは、今季スポルティングで中心選手としての地位を確立し、ポルトガル代表にも定着した注目の若手選手。今季のCLでは、グループステージでレアル・マドリードと対戦し、サンティアゴ・ベルナベウで行われた一戦ではレアル守備陣を大混乱に陥れた。レアルは、プレミアリーグ移籍が報じられるハメス・ロドリゲスやガレス・ベイルの後釜となる前線の選手を探しており、クリスティアーノが代表のチームメイトをクラブ会長に推薦したようだ。

しかし、クリスティアーノの一言で同選手の獲得が決まるほど簡単ではなく、すでに多くのビッグクラブが関心を寄せている。それは、ライバルであるバルセロナとアトレティコ・マドリードや、マンチェスター・ユナイテッドとシティ、バイエルンにパリ・サンジェルマンなど錚々たる面々である。

現在22歳のジェウソンは、スポルティングとの契約を2022年まで保持。違約金は6000万ユーロに設定されている。クリスティアーノ・ロナウドの後押しを受けたレアルは、競合との獲得競争に勝ち、チームのエースを満足させられるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

「CR7」誕生のきっかけは名将の一言。ロナウドが7番を背負うようになった理由を語る

『SAPO Desporto』

クリスティアーノ・ロナウドが、自身の代名詞となった背番号「7」を背負うようになったきっかけを語った。

「CR7」のニックネームが定着し、すっかり7番が板に付いたロナウドだが、スポルティング時代は28番を背負っていた。同選手が7番を背負うようになったのは、マンチェスター・ユナイテッド時代の恩師アレックス・ファーガソンのひと言だったようだ。

「君に7番を背負って欲しい」

ロナウドは当時を振り返り、こう語った。

「(あの言葉には)驚いたよ。偉大な選手たちがこのユニフォームを着ていたことは知っていたからね」

そして、イングランドの地で、CR7のキャリアがスタートした。ロナウドも、マンチェスター時代が自身のフットボールキャリアのスタート地点だったことを振り返った。

「僕のフットボール人生のスタートだった。テクニック面でなく、フィジカル面でも成長できた」

フットボール界を代表する7番へと成長したクリスティアーノ・ロナウド。その誕生の裏には、名将との伝説的なエピソードがあったようだ。

©FutePor -ふとぽる-

もしもクリロナの顔があの銅像だったら?ポルトガルメディアが抱腹絶倒のオモシロ動画を紹介

『SAPO Desporto』

マデイラ空港にクリスティアーノ・ロナウドの名前が付き、それを記念して建てられた銅像があまりに醜いと全世界で話題になっている。インターネット上では、様々なオモシロ画像が出回るなか、ポルトガルメディア『SAPO Desporto』が、「もしもクリスティアーノ・ロナウドが、あの銅像通りの顔だったら」という動画を紹介した。

動画には、クリスティアーノ・ロナウド本人のインタビューが使用されているが、その顔は、銅像のように大きく歪んだ状態に加工されている。この世のものとは思えない形相のクリスティアーノ・ロナウドがインタビューに応える、抱腹絶倒のオモシロ動画をぜひともご覧あれ。

©FutePor -ふとぽる-

あまりにひどいクリロナ像。作製者本人が製作の経緯を語る「15日で作った」

『maisfutebol』

クリスティアーノ・ロナウドの故郷マデイラ島が、島内の空港に地元のヒーローの名を名付け、そのよしみとして建てられた同選手の銅像があまりにひどいとインターネット上で話題になっている。

なぜこのような銅像ができあがってしまったのか。製作者エマヌエル・サントス氏がポルトガルメディア『RTP』のインタビューに対し、製作の経緯と選手への思いを語った。

同氏は空港にクリスティアーノ・ロナウドの名称がつけられる可能性が浮上した際に、空港の管理局に銅像建設プロジェクトを持ち込んだという。そして、なんと、銅像はわずか「15日間で」建てられたようだ。

「私のイニシアチブで、空港管理局にプロジェクトの提案をすることを決めた。プロジェクトを見せた時、彼らは進めるようにと言ってくれた」

そして、2週間後に銅像が完成。まだ、クリスティアーノ・ロナウド本人から感想は聞いていないという。

「まだ彼と会うチャンスはない。けれどもうじき、私の作品にフィードバックをもらうため、彼に会うよ」

銅像の建立が、まさか名誉なのか不名誉なのか分からない事態となってしまった今回の一件。果たして、クリスティアーノ・ロナウド本人は、ブサイクすぎる自身の銅像について何と語るのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-