タグ別アーカイブ: ジョアン・カンセーロ

U-21ポルトガル代表が「暫定」25名を発表!レナトら招集の最強メンバーで念願のEURO2017優勝へ!

U-21ポルトガル代表ルイ・ジョルジが、EURO2017に向けた「暫定」代表メンバー25名を発表した。

最大のサプライズとなったのは、EURO2016にフル代表の一角として出場し、史上最年少で優勝メンバーとなったレナト・サンチェス(バイエルン)の招集。同日発表されたコンフェデレーションズカップに臨むフル代表から同じく漏れたジョアン・カンセーロ(バレンシア)とともに、1つ下のレベルでプレーすることとなった。

彼らフル代表を経験したメンバーのリスト入りは、念願の優勝を狙うU-21代表にとっては願ってもいなかった幸運だ。前回のEURO2015では、同日コンフェデ杯メンバーに選ばれた前回大会MVPウィリアン・カルバーリョ(スポルティング)やベストイレブンのベルナルド・シウバ(モナコ)、ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)らを擁しながら、惜しくも準優勝に終わっていた。

今回は、前述のレナト・サンチェスやジョアン・カンセーロに加え、フル代表経験のあるゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)やルーベン・ネーベス(ポルト)、リオ・オリンピック10番ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)や同大会のチーム得点王ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)らもメンバー入り。他にも、ジョゼ・モウリーニョが期待を寄せてるGKジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)に、今季の国内リーグでますます株を上げたスポルティングCBルーベン・セメード、ポルトFWディオゴ・ジョッタ、ブラガFWリカルド・オルタら、数えればキリがないほど、注目の若手選手が出揃った。まさに史上最強メンバーと言っても過言ではない、死角のない布陣となった。

グループBに所属するU-21ポルトガル代表は、6月17日に初戦のセルビア戦を戦い、20日には最大のライバルであるスペイン、そして23日にはマケドニアと対戦する。なお、大会規定のメンバーは23名であるため、この25人の中から2人が、6日に招集外となり、選ばれし23名で念願のEURO制覇へ挑むこととなる。

以下、U-21ポルトガル代表暫定メンバー25名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手。五輪マークはリオ・オリンピックメンバー)

GK
ミゲウ・シウバ(ビトーリア・ギマラインス)
ブルーノ・バレーラ(ビトーリア・セトゥバル)☆五輪
ジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)☆五輪

DF
ペドロ・ヘボッショ(モレイレンセ)
ルーベン・セメード(スポルティング)☆☆
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆五輪
トビアス・フィゲイレード(ナシオナル)☆五輪
エドガル・イエー(ベレネンセス)☆五輪
ケビン・ロドリゲス(レアル・ソシエダ)
ジョアン・カンセーロ(バレンシア)☆☆☆

MF
ルーベン・ネーベス(ポルト)☆☆☆
フランシスコ・ラモス(ポルト)五輪
トーマス・ポドスタウスキー(ポルト)☆五輪
ジョアン・カルバーリョ(ビトーリア・セトゥバル)
フランシスコ・ジェラウデス(スポルティング)
ロニー・ロペス(リール)☆
ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)☆☆☆五輪
レナト・サンチェス(バイエルン)☆☆☆

FW
ディオゴ・ジョッタ(ポルト)☆☆☆
ダニエル・ポデンセ(スポルティング)
リカルド・オルタ(ブラガ)☆☆
イウリ・メデイロス(ボアビスタ)☆
ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)☆☆五輪
ブルマ(ガラタサライ)☆
ゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)☆☆☆

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガル代表がコンフェデ杯に向けた24名を発表!レナトはU-21へ、GKは2人がサプライズ!

ポルトガル代表監督フェルナンド・サントスが、ロシアで行われるコンフェデレーションズカップ2017に向けた代表メンバー24名を発表した。

最大のサプライズは、バイエルンで出場機会に苦しむレナト・サンチェスのU-21への「降格」。同じく、RSBで頭角を現していたジョアン・カンセーロ(バレンシア)も、U-21代表へと格下げとなった。

また、GKはガラリと変わり、ポルトでイケル・カシージャスからレギュラーを奪えず、最終節にようやく同クラブでデビューを果たしたEURO2015準優勝メンバーのジョゼ・サーがサプライズ選出。リヨンのアントニー・ロペスは選ばれず、スポルティングの控え選手であるベトがこちらもサプライズ招集となった。

FW陣では、EURO2016優勝決定ゴールのエデルが選外に。好調モナコのベルナルド・シウバやエースのクリスティアーノ・ロナウドらは順当に選ばれた。

以下、コンフェデ杯に臨むポルトガル代表メンバー24名
(☆印はサプライズ選出)

GK
ルイ・パトリシオ(スポルティング)
ベト(スポルティング)☆
ジョゼ・サー(ポルト)☆

DF
セドリック・ソアレス(サウサンプトン)
ネウソン・セメード(ベンフィカ)
ジョゼ・フォンテ(ウェストハム)
ルイス・ネト(ゼニト)
ぺぺ(レアル・マドリード)
ブルーノ・アウベス(カリアリ)
ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)
エリゼウ(ベンフィカ)

MF
ウィリアン・カルバーリョ(スポルティング)
アドリエン・シウバ(スポルティング)
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
アンドレ・ゴメス(バルセロナ)
ジョアン・マリオ(インテル)
ジョアン・モウティーニョ(モナコ)
ピッツィ(ベンフィカ)

FW
ベルナルド・シウバ(モナコ)
リカルド・クアレスマ(ベジクタシュ)
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)
アンドレ・シウバ(ポルト)
ナニ(バレンシア)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

©FutePor -ふとぽる-

バルセロナ、ポルトガル代表期待のRSB獲得が濃厚に?

『Record』

バレンシアのポルトガル代表RSBがジョアン・カンセーロのバルセロナ移籍が有力となっている。『Sport』は同選手のバルセロナ移籍を確実視し、移籍実現に向けた残す論点は、バレンシアが3000万ユーロを望んでいる移籍金のみであると報じている。

今季バレンシアから移籍したアンドレ・ゴメスに続き、再び代表期待の若手ポルトガル人が、同じルートを辿りバルセロナへ加入することになりそうだ。ただ、カンセーロ自身は今季末までバレンシアでプレーすることを望んでおり、移籍実現は来シーズンになりそうだという。

ポルトのアンドレ・ゴメスやスポルティングのジェウソン・マルティンスと並び、母国が欧州王者に輝いたEURO2016後にメキメキと頭角を現し始めたカンセーロ。セドリックの負傷離脱中に代表の定位置を獲得し、バレンシアでも主力を務める若手のRSBのバルセロナ移籍は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

レアルもポルトガル代表若手SBに興味。バルサやバイエルンらと競合へ

『zerozero.pt』

レアル・マドリードが、バレンシアに所属するポルトガル代表RSBジョアン・カンセーロに興味を抱いているようだ。『Calciomercato』が報じた。

今季より選出されているポルトガル代表に定着しつつある期待の若手カンセーロは、バレンシアでレギュラーをはる22歳。バルセロナが強い関心を示していることは度々報じられてきたが、ここにきて最大のライバル、レアルも参戦することとなった。なお、カンセーロには、他にもマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘン、パリ・サンジェルマンも興味を寄せているという。

代表ではSBながらデビュー後3戦3連発と高い攻撃力を発揮したジョアン・カンセーロ。世界的な名選手が不足するポルトガル代表のこのポジションに、いよいよ大物登場となるか。

©FutePor -ふとぽる-

バルセロナがバレンシアのポルトガル代表RSBに関してジョルジ・メンデスと交渉中?

『A BOLA』

バルセロナが、バレンシアに所属するポルトガル代表RSBジョアン・カンセーロの獲得に向け、代理人であるジョルジ・メンデスと交渉中のようだ。

スペインラジオ『Cope Valencia』によると、バルセロナの上層部がカンセーロとの交渉のためジョルジ・メンデスと会談。ポルトガル代表でデビュー3戦3連発と攻撃力がウリの若手RSBを獲得リストのトップに掲載し、確保を目指しているようだ。

今夏には、バレンシアからポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスを獲得したバルセロナ。もしカンセーロを確保すれば、バレンシアからバルセロナへ移籍する2人目のポルトガル人となる。

©FutePor -ふとぽる-