タグ別アーカイブ: ジョアン・フェリックス

18-19季ポルトガルリーグ各種賞が発表!年間MVPは2季連続ブルーノ・フェルナンデスに!

ポルトガルリーグが来たる19-20シーズン開幕を前に、前年18-19シーズンの各種賞を発表した。

1部の年間MVPには、スポルティングのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが、昨季に続いて選出。リーグ優勝を果たしたベンフィカのピッツィとジョアン・フェリックスとともにノミネートされていたが、MFながら33試合で20ゴールという驚異の成績が評価され、元ポルトのフッキや、ベンフィカのジョナスらに続き、2年連続の栄冠に輝いた。

1億2600万ユーロでアトレティコ・マドリードへの移籍が決まったベンフィカのジョアン・フェリックスは、年間MVPが期待されていたが、年間最優秀若手選手賞に選出。レナト・サンチェスネウソン・セメード、ルーベン・ディアスに続き、4シーズン連続でベンフィカの選手が同賞に輝いた。

年間ベストイレブンには、逆転優勝を果たしたベンフィカよりポルトの選手が多く選出。ポルトから5名、ベンフィカから4名、スポルティングから2名が選ばれ、例年のごとく、ポルトガルの3強が同賞を独占する形となった。なお、最優秀監督賞には、ベンフィカを大逆転優勝に導いたブルーノ・ラージュが選ばれた。

GK
イケル・カシージャス(ポルト)
DF
アレックス・テレス(ポルト)
エデル・ミリタオン(ポルト)
ジェレミー・マテュー(スポルティング)
グリマルド(ベンフィカ)
MF
エクトル・エレーラ(ポルト)
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)
FW
ハリス・セフェロビッチ(ベンフィカ)
ラファ・シウバ(ベンフィカ)
ムサ・マレガ(ポルト)

各種賞の詳細は、下記の通り

ポルトガル1部リーグ

最優秀選手賞 ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)

最優秀監督賞 ブルーノ・ラージュ(ベンフィカ)

最優秀若手選手賞 ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)

最優秀ゴール賞 ジョバネ・カブラウ(スポルティング)

得点王 ハリス・セフェロビッチ(ベンフィカ)
23ゴール
次点:ブルーノ・フェルナンデス20ゴール、ラファ・シウバ17ゴール

最優秀ゴールキーパー賞 イケル・カシージャス(ポルト)

フェアプレークラブ賞 ベレネンセス
フェアプレー個人賞 エデル・ミリタオン(ポルト)
最優秀ピッチ賞 ポルティモネンセ

ポルトガル2部リーグ

最優秀選手賞 ルイス・カルロス(パソス)

最優秀監督賞 ビトール・オリベイラ(パソス)

最優秀若手選手賞 ジョッタ(ベンフィカB)

得点王 ピレス(ペナフィエル)

最優秀ゴールキーパー賞 リカルド・リベイロ(パソス)

フェアプレークラブ賞 ベンフィカB

フェアプレー個人賞 ルーベン・フレイタス(マフラ)

©FutePor -ふとぽる-

ジョアン・フェリックスのアトレティコ移籍が決定!注目の移籍金、契約期間、背番号は?

アトレティコ・マドリードが、ベンフィカのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスを獲得したことを発表。19歳の若手選手には異例づくめといえる移籍劇となった。

まずは移籍金。アトレティコがベンフィカに支払ったとされるのは、1億2600万ユーロ。これは、元ブラジル代表FWフッキが、ポルトからゼニトに移籍した際に要した移籍金6000万ユーロを優に上回り、ポルトガルリーグ史上最高額を記録。ベンフィカにとっても、ウィツェルがゼニトに移籍した際の移籍金4000万ユーロの3倍にも上る、クラブ史上最高額となった。

そして、契約期間と背番号。アトレティコはジョアン・フェリックスに対して異例の長期契約となる7年間の契約を締結。チームの顔であったグリーズマンが背負っていた「7番」のユニフォームを託した。

2018-19シーズンにベンフィカのトップチームデビューを飾ったフェリックスは、わずか1年間で公式戦43試合に出場し20ゴール8アシストを記録。ELでもフランクフルト相手にハットトリックを決めてEL最年少記録を更新。リーグ戦ではポルトを逆転優勝で退けてタイトル獲得に大いに貢献していた。

移籍に際して、ベンフィカはジョアン・フェリックスへのお別れ動画を公開。それに対して、同選手は「ありがとうベンフィカ。いつまでも僕の心の中に。また会おう!」と返信。ヨーロッパの舞台で再会することはあるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガル、19年3月の代表メンバー25名を発表。ロナウド復帰、絶好調4名が初招集!

『zerozero.pt』

ポルトガル代表監督フェルナンド・サントスが、ユーロ2020予選ウクライナおよびセルビア戦に向けた代表メンバー25名を発表。「5名」の選手がサプライズ選出された。

最大のニュースは、クリスティアーノ・ロナウドの代表復帰だろう。ロシアW杯以降招集を見送られていた大エースが、CLアトレティコ・マドリード戦で歴史的な大逆転劇を演じたこのタイミングでリストに戻ってきた。

また、4名がフル代表に初招集。ベンフィカで飛躍的なシーズンを送る19歳のワンダーボーイ、ジョアン・フェリックスが満を持して招集。プレミアリーグでポルトガル人としてはクリスティアーノ・ロナウド以来となるハットトリックを記録するなど活躍するディオゴ・ジョッタも選ばれた。さらに、ブラガのエースとしてリーグの得点ランキング2位につけるディエゴ・ソウザが29歳にして初の代表入り。ポルトからオリンピアコスに移籍して以来好調を維持するジョゼ・サーもフル代表には初めて選出された。

注目の若手と代表を長らく引っ張ってきたベテランがバランスよく選出された今回のポルトガル代表。大エースの復帰となった新たな船出を好パフォーマンスで飾れるか。

以下、ポルトガル代表25名

GK
ルイ・パトリシオ(ウルバーハンプトン)
ベト(ギョズテペ)
ジョゼ・サー(オリンピアコス)

DF
ジョアン・カンセーロ(ユベントス)
ネウソン・セメード(バルセロナ)
ジョゼ・フォンテ(リール)
ぺぺ(ポルト)
ルーベン・ディアス(ベンフィカ)
マリオ・ルイ(ナポリ)
ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)

MF
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
ルーベン・ネーベス(ウルバーハンプトン)
ウィリアン・カルバーリョ(ベティス)
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
ジョアン・マリオ(インテル)
ジョアン・モウティーニョ(ウルバーハンプトン)
ピッツィ(ベンフィカ)

FW
ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)
ゴンサロ・グエデス(バレンシア)
ラファ・シウバ(ベンフィカ)
アンドレ・シウバ(ゼビージャ)
クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
ディオゴ・ジョッタ(ウルバーハンプトン)
ディエゴ・ソウザ(ブラガ)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)

©FutePor -ふとぽる-