タグ別アーカイブ: ジョアン・マリオ

マンC移籍のベルナルドは歴代3位。ポルトガル人の歴代移籍金ランキングトップ12はこれだ!

『O JOGO』

モナコのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのマンチェスター・シティへの移籍が正式に決定した。その移籍金について、イギリス『BBC』は、4920万ユーロ(4300万ポンド)と報じ、フランス『L’Equipe』は、5000万ユーロ+2000万ユーロの成果報酬と報道。どちらの報道を正としても、ベルナルド・シウバは、ポルトガル人では歴代3番目となる高額の移籍金を生み出したことになった。

そんな中、ポルトガル『O JOGO』がポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングを取りまとめた。

1位は、誰もが知るクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードへ移籍した際の推定9400万ユーロ。2位は、こちらもレアルへ加入したルイス・フィーゴ。移籍金が現在のように高騰していない当時にしては破格の金額となる6000万ユーロであった。

ミランへ4200万ユーロで移籍したルイ・コスタは、今回のベルナルド・シウバの移籍により、歴代4位に転落。5位、6位、7位は、昨季、ジョアン・マリオレナト・サンチェスアンドレ・ゴメスがそれぞれインテル、バイエルン、バルセロナへ移籍した際に塗り替えた記録である。

8位には、3000万ユーロで4人の名選手が並んだ。リカルド・カルバーリョ、ダニー、ぺぺ、ファビオ・コエントランなどベテラン勢は、当時としては眼を見張るような金額で移籍を実現させたが、移籍金の高騰が著しい若手選手に追いやられる形となった。

昨季は上述の3選手が歴史的な金額を記録したが、わずか1年でベルナルド・シウバがそれらを優に越える金額を叩き出した。ポルトガルにはまだまだ多くのタレントがいるため、来季以降もこのランキングは塗り替えられることだろう。

以下、ポルトガル人歴代移籍金ランキング

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ベルナルド・シウバ 5000万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(モナコ→マンチェスター・シティ)

4位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

5位 ジョアン・マリオ 4000万ユーロ(+ボーナス500万ユーロ)(スポルティング→インテル)

6位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ(+ボーナス4500万ユーロ) (ベンフィカ→バイエルン)

7位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(バレンシア→バルセロナ)

8位-12位 3000万ユーロ
・リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
・ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト
・ぺぺ(ポルト→レアル・マドリード)
・ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

©FutePor -ふとぽる-

メガクラブが狙う人材の宝庫!O JOGOが2016年ポルトガルリーグベスト11を選定!

『O JOGO』

『O JOGO』が、約3万人の読者投票から、2016年のポルトガルリーグベストイレブンを選定した。

対象となったのは、ベンフィカが快進撃を見せ逆転優勝をした昨15-16シーズンの後半戦と、今16-17シーズンの前半戦をプレーした選手。昨季活躍した選手からは、ベンフィカの大逆転優勝を支えたGKエデルソン・モラエスや、インテルへ羽ばたいたポルトガル代表の10番ジョアン・マリオ、昨季の得点王ジョナスら。今季のポルトガルリーグからは、ポルトへ新加入したブラジル人フィリペや、ポルトガル代表にも選ばれるほどにブレイクしたジェウソン・マルティンスアンドレ・シウバの若手注目2選手が選ばれた。

以下、O JOGOが選定した2016年ポルトガルリーグベストイレブン

GK
エデルソン・モラエス(ベンフィカ)

DF
ネウソン・セメード(ベンフィカ)
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ)
フェリペ(ポルト)
グリマルド(ベンフィカ)

MF
ジョアン・マリオ(当時スポルティング)
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
アドリエン・シウバ(スポルティング)
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)

FW
ジョナス(ベンフィカ)
アンドレ・シウバ(ポルト)

©FutePor -ふとぽる-

UEFAがEURO2015のベストイレブンを振り返る。準優勝ポルトガルからはフル代表定着の4名が選出!

『maisfutebol』

U-21世代のEURO2017の最終予選開戦を前に、UEFAが2015年当時のU-21世代ベストイレブンを発表した。

決勝でスウェーデンがポルトガルを下した2015年の欧州選手権。1年が経過した現在、この大会から多くの若手選手がフル代表へとステップアップしたが、UEFAが発表したリストは、まさにEURO2017世代のポテンシャルも予見させる構成に。UEFAの記者が選んだベストイレブンには、優勝したスウェーデンからベンフィカのビクトル・リンデロフが選出。準優勝のポルトガルからは、ウィリアン・カルバーリョジョアン・マリオベルナルド・シウバラファエル・ゲヘイロの現フル代表4名が選出された。

以下、UEFAが選出した当時のU-21ベストイレブン

GK
テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)

RSB
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/ドイツ)

CB
ビクトル・リンデロフ(ベンフィカ/スウェーデン)

CB
アンドレアス・クリステンセン(ドルトムント/デンマーク)

LSB
ルドビク・アウグスティンソン(コペンハーゲン/スウェーデン)

DMF
ジョアン・マリオ(インテル/ポルトガル)

DMF
ウィリアン・カルバーリョ(スポルティング/ポルトガル)

RMF
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

OMF
ベルナルド・シウバ(モナコ/ポルトガル)

LMF
ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント/ポルトガル)

FW
ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド)

©FutePor -ふとぽる-

インテルのジョアン・マリオが、解任された監督と適応に苦しむブラジル人FWを擁護

『SAPO Desporto』

ポルトガル代表MFジョアン・マリオが、先日成績不振を理由に解任されたフランク・デ・ブール元監督の退任について語った。

「デ・ブールには働く時間がなかった。難しい状況だった。メガクラブではいい成績を残せなかったら監督は解任されるものではあるけど」

また、同選手は同じタイミングでインテルに加入したガビゴウことガブリエウ・バルボーザについてもコメントを残した。同選手はリオ五輪金メダルの成績を引っさげ、鳴り物入りでインテルに加入しながら、ここまでインパクトを残せていない。

「ガビゴウは素晴らしい選手だ。しかし、ブラジルでプレーしてヨーロッパに移籍することは常に難しいものだよ。彼には時間が必要だが、タレントはある」

©FutePor -ふとぽる-

ジョアン・マリオ、インテルを選んだ理由を語る「モウリーニョやフィーゴの名前が語られている」

『zerozero.pt』

今季よりインテルに加入したポルトガル代表MFジョアン・マリオが、同クラブを選択した理由をメディアに語った。

「この場にいれることはとても光栄だ。信頼に報いたい。なぜインテルかって?常に偉大であり、フットボール界で歴史を作ったクラブだからだよ。そして、このクラブではモウリーニョやフィーゴといった名前が語られているからだ」

また、ポルトガル代表では10番を背負いトップ下でプレーするジョアン・マリオは、インテルでのポジションについても語った。同選手は、スポルティングでは右サイドハーフやディフェンシブハーフでもプレーするなど、ポリバレントな才能を発揮してきた。

「8番や10番としてプレーするのが好きだけど、スポルティングでは様々なポジションで使われてきた。チームを助けたいから、必要とされるポジションでプレーする準備はできている」

歴史的な移籍金で加入したジョアン・マリオ。次はそのプレーで、ジョゼ・モウリーニョやフィーゴらインテルの歴史に名を刻んだポルトガルの先人と肩を並べられるか。

©FutePor -ふとぽる-