タグ別アーカイブ: ジョアン・マリオ

インテル、ジョアン・マリオへの興味はユースでプレーしていた4年前から?

『Record』

今季よりインテルに加入したポルトガル代表10番ジョアン・マリオが、インテルは2012年の1月から自身に興味を抱いてくれていたことを明かした。

「EURO2016以前から、インテルからの興味は知っていた。僕に最初にコンタクトを取ってくれたのは、ピエロ・アウシリオ(スポーツディレクター)だった。彼はインテルとスポルティングのユースが対戦したときから僕のことを知ってくれていた」

そして、『Record』はアウリシオ氏のコメントも掲載。ジョアン・マリオが語ったその試合で、インテルに確かな爪痕を残していたようだ。

「2012年1月、NexGen Series大会でストラマッチョーニが率いた我々のジュニアチームはスポルティングと対戦したが、ジョアン・マリオはそのチームですでに際立った存在だった。高いクオリティを示し、素晴らしいパフォーマンスを発揮した。もしあのとき彼を獲得していたら、交渉は今よりずっと安上がりだっただろう。しかし、当時スポルティングは彼の売却を望んでいなかった。なぜなら、後から分かるように彼はクラブの将来を担う有望な選手だったからだ。今や23歳、完成された選手になり、ヨーロッパチャンピオンにも輝いた。ジョアン・マリオに関して我々が正しかったことは、時間が証明してくれた」

インテルが目をつけたスポルティングユースの中心選手は4年の時を経て欧州王者の10番へと成長した。どうやら、4年前にその将来性を見出したインテルの目は確かなものだったようだ。

©FutePor -ふとぽる-

スターの宝庫スポルティングアカデミー、これまでの選手売却累計額はなんと200億円に!

『A BOLA』

スポルティングが自クラブで育成した選手の累計売却額が、1億7500万ユーロに達した。この金額は、現在の1ユーロ約115円のレートで計算すると、日本円にして約200億円にものぼる。

シモンやクリスティアーノ・ロナウド、ルイス・ナニなど、数々のスーパースターを輩出してきた世界に名高いスポルティングアカデミー。今季、生え抜きのジョアン・マリオを4000万ユーロでインテルに売却したことで、ついに日本円にして200億円の大台を突破したのだった。

ちなみに、ジョアン・マリオの移籍金には、500万ユーロのボーナスが設定されていることから、スポルティングはさらにこの金額を増やすと推測される。

©FutePor -ふとぽる-

16-17季から新たに日本人とプレーするポルトガルリーグ関連4選手をご紹介

ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したポール・ポグバや、ユベントスがその巨額な移籍金でナポリから強奪したゴンサロ・イグアインなど、歴史的なビッグディールが見られた2016-17シーズン夏の移籍市場。ポルトガルリーグでも、3500万ユーロでバイエルンに移籍したレナト・サンチェスやインテル史上最高額とも言われる移籍金でスポルティングから移ったジョアン・マリオなど、リーグの歴史に名を刻む大型取引が頻発した。

多くのポルトガルリーグ所属選手が国外に活躍の場を移した今夏。その影響の余波は日本にも到達しそうであり、先のジョアン・マリオのように、数名の選手が仲間としてまたはライバルとして日本人海外組が所属するクラブへ加入した。そこで今回は、日本人所属クラブへ加入したポルトガルリーグ出身者を4名選抜。日本代表選手のプレーに直接的に影響を与えるであろうツワモノたちを紹介する。

1.ジョアン・マリオ
スポルティング→インテル

インテル歴代最高額とも言われる4500万ユーロの移籍金で加入した欧州王者の10番は、長友佑都とチームメイトに。中盤で攻守に渡り汗をかくそのプレースタイルは、日本代表不動のLSBに通ずるものがある。運動量豊富な両者のパフォーマンスは、覇権奪還を目指すインテルの順位に直接的に影響を及ぼすことだろう。

2.ラファエル・ゲヘイロ
ロリアン→ドルトムント

ファビオ・コエントランの代役としてEURO2016で主力級の活躍をし、大会ベストイレブンに選ばれたポルトガル期待のLSB。大胆にサイドを駆け上がり攻撃に厚みを与えるゲヘイロの特徴は、香川真司の得点数にも貢献する。

3.イスラム・スリマニ
スポルティング→レスター

日本代表監督ハリルホジッチがチームのエースとして信頼を寄せる岡崎慎司に強力なライバルが登場した。そのハリルホジッチがブラジルW杯で率いたアルジェリア代表で、エースFWとして4試合で2ゴールを挙げ大躍進に貢献したのが、今季スポルティングからレスターに加入したスリマニである。スポルティングでも不動のエースに成り上がり、3年間の集大成となった15-16シーズンには、46試合で31ゴールを記録するなど、現在がキャリアのピーク。レスターは最高3500万ユーロにものぼる大金を積み上げ、スリマニを新エースとして獲得しており、昨季のエースFWバーティーと岡崎を含めた熾烈なスタメン争いが予想される。

4.カルロス・マネー
スポルティング→シュツットガルト

ルイス・フィーゴやクリスティアーノ・ロナウド、ナニにリカルド・クアレスマなど、スポルティングアカデミーが輩出してきた名ウインガーの系譜を継ぎ得る存在。この2年間は出場機会に恵まれず、シュツットガルトへレンタルされることに。リオ五輪に母国代表のジョーカーとして参加した俊敏ドリブラーは、同じくアーセナルからシュツットガルトへ貸し出されたリオ五輪世代浅野拓磨にとって強力なライバルとなる。同じリオ五輪世代の両選手。ともにスポルティングとアーセナルという所属クラブへの復帰を目指し、ポジションを争いながら切磋琢磨して成長していくことだろう。

ポルトガル代表としてヨーロッパチャンピオンに輝いたジョアン・マリオとラファエル・ゲヘイロは、長友と香川の頼れるチームメイトに。かたや、スポルティングの得点王スリマニと同クラブ期待の星マネーは、岡崎と浅野という日本代表の新旧エースFWにとって越えがたい強力なライバルになった。この4選手が日本代表海外組と所属クラブでどのようなプレー・スタメン争いを演じるのか、16-17シーズンの見所になるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティング監督、失った主力3選手と過大評価される新戦力の「ギャップ」を語る

『zerozero.pt』

スポルティング監督ジョルジ・ジェズスが、『Record』のインタビューに応じ、閉幕した夏の移籍市場についてコメント。チーム力を大幅に低下させることとなる主力3選手の退団とメガクラブから移籍した2選手を含む新戦力の加入の間にある「ギャップ」を語った。

「(新戦力について)私がすでに知っていた選手もいれば、所属クラブでプレーしていなかった選手もいる。エリアス、バス・ドスト、アンドレー、アラン・ルイスを獲得したが、他はそれぞれのチームで出場機会を得ていない。多くの人がマルコビッチとジョエル・キャンベルを話題にしているところを聞くが、彼らはこの2年間で何か成し遂げたかい?もちろん彼らの能力を信じているし、大きなポテンシャルのある選手だということは分かっている。しかし、スポルティングで価値を見せられるかを判断するのは時期尚早だ。例えば、もしマルコビッチがベンフィカでプレーしていたときのレベルにあれば…彼らがクラブを去ることはなかっただろう」

「移籍市場ではチームの主軸3選手を失った。テオ・グティエレス(ロザリオ・セントラル)、ジョアン・マリオ(インテル)、スリマニ(レスター)だ。テオとスリマニに関しては昨季合計47ゴールも記録している。我々のFW陣がそんなに多くのゴールを決められるかは疑わしい」

ジョアン・マリオとスリマニは合わせて7000万(ボーナス含めると8000万ユーロ)をクラブに残して巣立ったが、ジェズスが言及したマルコビッチやキャンベルはジョアン・マリオの、アンドレーやバス・ドスト、ルーク・カスタイニョスらはスリマニの代替選手として活躍する使命を追っている。新戦力に厳しい言葉を投げかけたのは、それほどのビッグネームの代わりとしてプレーしなければならない重圧を取り除く意図があったのだろう。

今こそ、そのマルコビッチの移籍を許容したベンフィカで多くの戦力を失いながらリーグを制したジョルジ・ジェズスの手腕が試されている。

©FutePor -ふとぽる-

16-17季に新天地へ移ったポルトガル代表選手8名。超新星から百戦錬磨のベテランまで

EURO2016を悲願の初優勝で終えたポルトガル代表。本大会を境にその前後で、多くの選手が新天地へと活躍の場を移した。母国期待の若手スターから百戦錬磨のベテランまで、ビッグクラブ入りを果たしたケースも多く見られた本プレシーズンのポルトガル代表選手の移籍を、以下8件ご紹介する。

<百戦錬磨のベテラン選手>
1.ナニ
フェネルバフチェ→バレンシア

マンチェスター・ユナイテッド退団後は、フェネルバフチェや古巣スポルティングへのレンタル移籍など中位リーグのクラブを転々。EURO2016でもその実力を世界に再認識させ、鳴り物入りで主要リーグへの復帰が実現した。

2.ブルーノ・アウベス
フェネルバフチェ→カリアリ

ポルトガル屈指のバトルファイターは、大歓迎の中カリアリに迎え入れられた。

3.エドゥアルド
ディナモ・ザグレブ→チェルシー

急遽噂が浮上したかと思えば即決となったエドゥアルドのチェルシー行き。欧州王者のベテランGKは名手クルトゥワを前に「ポジションを取りに来た」と意気込む。

<世界が注目する超新星>
4.レナト・サンチェス
ベンフィカ→バイエルン

ベストヤングプレイヤーに選ばれるなど、記憶に新しいEURO2016での大車輪の活躍。バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督も「大会のベスト選手」と期待を寄せる。

5.アンドレ・ゴメス
バレンシア→バルセロナ

レアルとバルサが争奪戦を繰り広げた長身MFは、母国のキャプテン、クリスティアーノ・ロナウドよりも、メッシやイニエスタらとともにプレーする道を選んだ。

6.ラファエル・ゲヘイロ
ロリアン→ドルトムント

EURO2016開幕前からドルトムント行きが決まっていたゲヘイロ。コエントランの不在を感じさせないパフォーマンスで得た大会ベストイレブンの栄誉を引っさげ、ドイツへ乗り込む。

7.ジョアン・マリオ
スポルティング→インテル

欧州王者の10番を背負った若きアタッカーは、ポルトガルリーグの自国選手としては歴代最高額となる4500万ユーロの移籍金でインテルへ。3500万ユーロを記録したレナト・サンチェスとアンドレ・ゴメスの移籍金を一夏で上回り、歴代ポルトガル人選手の移籍金ランキングでも、クリスティアーノ・ロナウドとフィーゴにつぐ3位に割り込んだ。

8.ラファ・シウバ
ブラガ→ベンフィカ

ポルトとベンフィカが争奪戦を繰り広げた若手ホープは、ブラガと同色のベンフィカ移籍を選択した。他のポルトガル代表の若手同僚よりもステップアップに一段多くかかってしまった感は否めないが、ポルトガル王者で確実に結果を残し、数年で欧州のメガクラブへ移ることだろう。

<おまけ>
9.ジョゼ・モウリーニョ
無所属→マンチェスター・ユナイテッド

やはり今季メガクラブへ移ったポルトガル人といえばこの男。インテル時代からの相棒イブラヒモビッチと再び同盟を組み、すでにプレミア優勝候補級のインパクトを与えている。

世界が注目する若手スターから、あらゆる国際大会を経験してきた大ベテランまで、今季は多くのポルトガル人が新たな挑戦を決意した。16-17シーズンも、新天地に移った彼らのプレーに期待したい。

©FutePor -ふとぽる-