タグ別アーカイブ: ジョアン・モウティーニョ

今夏で4&5位が更新!高騰するポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングトップ10とは?

『Record』

この夏、ポルトガル人2選手を取り巻くビッグディールが行われた。ベンフィカからバイエルン・ミュンヘンに移籍したレナト・サンチェス、そしてバレンシアからバルセロナへ移籍したアンドレ・ゴメスが、ポルトガルフットボール史にその名を刻む歴史的な移籍を果たした。

両選手は、ともに3500万ユーロの固定額で世界トップのメガクラブへ移籍した。しかしそれだけにはとどまらず、バイエルンのレナト・サンチェスには最高4500万ユーロ、バルセロナのアンドレ・ゴメスには最高2000万ユーロの変動額が付与されている。

両者は固定額だけを考慮してもなお、ポルトガル人歴代移籍金ランキングで4位と5位を更新する歴史的なビッグディールとなった。近年移籍金が高騰しているポルトガル人選手だが、今回はこれまでの高額移籍を振り返る。

歴代最高額の値が付けられたのは、言わずもがな、クリスティアーノ・ロナウド。レアル・マドリードは、マンチェスター・ユナイテッドから同選手を9400万ユーロで獲得した。

歴代2位にも、レアル・マドリードの名が上る。2001年のバロンドーラーであるルイス・フィーゴが、違約金と同額の6000万ユーロでバルセロナからレアルへ禁断の移籍を果たした。

3位は、フィオレンティーナからミランへ移籍したルイ・コスタ。4000万ユーロ強の移籍金を記録した。

そして前述の通り、4位にはバイエルンのレナト・サンチェス、5位にはバルセロナのアンドレ・ゴメスがランクイン。両者は、3000万ユーロでポルトからチェルシーへ移籍したリカルド・カルバーリョ、同額でディナモ・モスクワからゼニトへ移籍したダニー、ポルトからレアルへ移籍したペペ、そしてベンフィカからレアルへ移籍したファビオ・コエントランの4件を塗り替えた。

ポルトガル人選手による歴代トップ10を締めくくったのは、2550万ユーロでスポルティングからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したルイス・ナニ。2500万ユーロでポルトからモナコへ移籍したジョアン・モウティーニョはランク外に弾き出された。

<以下、ポルトガル人選手歴代移籍金ランキングトップ10>

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

4位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ+変動額4500万ユーロ(ベンフィカ→バイエルン)

5位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ+変動額2000万ユーロ(バレンシア→バルセロナ)

同率6位 3000万ユーロ
リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト)
ペペ(ポルト→レアル・マドリード)
ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

10位 ナニ 2550万ユーロ(スポルティング→マンチェスター・ユナイテッド)

©FutePor -ふとぽる-

UEFAが注目するEURO2016で主役になり得る100選手にポルトガルからは5名が選出!

『SAPO Desporto』

フランスで開催されるEURO2016の開幕まで、残り100日となった。そこで、UEFAが大会で主役になり得る100名の選手を選定し、公式Twitter上で紹介した。

ポルトガル代表からは5選手が選出された。大本命のクリスティアーノ・ロナウドを始め、ぺぺとナニのベテランコンビ。中盤にはジョアン・モウティーニョと期待の若手ウィリアン・カルバーリョがピックアップされた。

15回目のEUROは、6月10日から7月10日にかけて行われ、24国の代表チームが優勝カップをめぐって激突する。

©FutePor -ふとぽる-

ユベントスがポルトガル市場に大注目。代表2選手の他にクラシコで3選手を偵察

『A BOLA』

中盤の強化を狙うユベントス。その照準はポルトガル市場に定められたようだ。先週の金曜日にルス・スタジアムで行われたベンフィカ対ポルトのクラシコにスカウトを派遣し、2016-17シーズンの新戦力候補として3名のMFを視察した。

アーセナル、マンチェスター・シティ、リバプール、アトレティコ・マドリードなど強豪クラブのスカウトも駆けつけたこの日、ユベントスが注目したのは、ベンフィカのレナト・サンチェスニコ・ガイタン、そしてポルトのエクトル・エレーラであった。

この3選手は、いずれも各国の強豪クラブが争奪戦を繰り広げる人気銘柄である。18歳でベンフィカの中盤を統率する新星ポルトガル人MFレナト・サンチェスには、レアル・マドリード、バルセロナ、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッドが関心。ベンフィカの10番を背負い、ここ数年の移籍市場で常にビッグクラブ入りが噂されてきたアルゼンチン代表ニコ・ガイタンには、ユナイテッドとアトレティコが特に興味を持っている。また、ブラジルW杯でも活躍したポルトのメキシコ代表MFエクトル・エレーラには、ナポリが強い関心を抱いている。

ユベントスは、これまでモナコのポルトガル代表MF2名、すなわち、ベルナルド・シウバとジョアン・モウティーニョに対して強い関心を示してきたが、新たにポルトガル市場から3選手をピックアップした形となった。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティング会長、クラブ出身のスター選手ポルトガル代表トリオを狙う

『zerozero.pt』

スポルティングのブルーノ・デ・カルバーリョ会長が、クラブに大変革をもたらそうと計画している。スポルティングからポルトガル代表に羽ばたいた3名のスター選手を、クラブへ復帰させようと目論んでいるようだ。

1人目がベジクタシュに所属するリカルド・クアレスマである。スポルティングは、ベジクタシュとELで同グループなったことを利用して、敵地での第1戦後に、トルコクラブへ同選手の移籍交渉を投げかけたようだ。また、最終節ではクアレスマがリスボンに凱旋するため、その際にも選手が尊敬するジョルジ・シェズス監督を交え、カルバーリョ会長が移籍交渉の可能性を探るという。

2人目がミゲウ・ベローゾである。同選手は、ディナモ・キエフとの契約の最終年にあり、クラブ退団を考慮に入れている。選手自身は、スポルティングへの復帰を好意的に考えており、家庭事情を理由に1年間はイタリアクラブに移籍し、その後は母国ポルトガルへ復帰したいと計画しているようだ。

3人目がジョアン・モウティーニョである。しかし、同選手の獲得はこの3選手の中で最も困難を極めるだろう。モウティーニョは、スポルティングからポルトへ禁断の移籍を果たした過去があり、ライバルクラブへの愛情を示している。また、現在所属するモナコへの不満を明かしたことを機に、アトレティコ・マドリードやゼニトなど、各国の強豪クラブが熾烈な獲得競争を繰り広げるようになった。スポルティングがこれらクラブとの競合に勝利するのは容易でない。

世界レベルの選手に成長したかつてのスター選手が、古巣スポルティングに一堂に会するという、サポーターが願ってもみなかった壮大な夢が実現することはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

イタリアの2大巨頭がモナコのポルトガル代表MF2選手に熱視線

『A BOLA』

ポルトガル代表MFのジョアン・モウティーニョとベルナルド・シウバの2選手に、モナコを退団する可能性が浮上している。どうやら、イタリアのメガクラブが両選手に注目しているようだ。

『Calciomercatoweb』によると、ユベントスとインテルが両選手の獲得を狙ってるという。

ユベントスはポルトガル代表とモナコで中盤のタクトを振るうジョアン・モウティーニョに対し、2000万ユーロを用意。前回の移籍市場でゼニトやアーセナルへの移籍、そして古巣ポルトへの復帰が噂されたが実現しなかった同選手の獲得に対し、モナコ側を納得させられる金額である踏んでいるという。選手自身も、「モナコでは夢であるCL優勝は難しい」と語っており、新天地を求める可能性が高い。

また、インテルのロベルト・マンチーニ監督が攻撃的MFの補強を模索しており、ベルナルド・シウバが3名の獲得候補に名を連ねている。インテルは、ラツィオのカンドレーバ、ナポリのメルテンスらとともに、ベルナルドを調査しているようだ。争点となるのは、ベルナルドに設定されている高額な違約金であろう。モナコはポルトガル代表の将来を担うと嘱望されている若手選手に対し、最低3000万ユーロの移籍金を求めている。対して、マンチーニ監督の意志も強く、クラブ会長を説得し、資金の確保を試みるとも予想されている。

ジョアン・モウティーニョとベルナルド・シウバは、ともにポルトガル代表とモナコを支える中心選手である。そのため、レオナルド・ジャルディン監督も両選手を簡単に手放すとは考えにくい。フランスでの経験は、前者は3年目、後者は2年目を迎えており、リーグへの適応も十分に済ませている。

富豪クラブ、モナコの看板選手となった両名。その行き先はイタリアの強豪クラブとなるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-