タグ別アーカイブ: ジョゼ・モウリーニョ

マルコ・シウバ、モウリーニョの17戦無敗を止める。クラブに約40年ぶりの勝利も

『A BOLA』

プレミアリーグ杯準決勝のセカンドレグ、マンチェスター・ユナイテッド戦に臨んだハル・シティが、2-1で勝利した。

今季ハル・シティの監督に途中就任したマルコ・シウバにとっては、母国の英雄ジョゼ・モウリーニョに土をつける嬉しい一戦に。マンチェスター・ユナイテッドの17戦無敗をとめ、ハルに1974年以来負けていないという同クラブに約40年ぶりに勝利した。

2戦合計では、2-3で惜しくも決勝進出を逃したマルコ・シウバ。プレミアリーグの監督ときてはまだまだ世界的には無名な監督であるが、徐々にその実力が知られてきたようだ。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョがUEFAによる「サッカー界に大きなインパクトを残した」監督10名に選出!

『Record』

UEFAが、1954年の創設以来、約60年間でサッカー界に最もインパクトを残した監督10名を選出し、ポルトガルからは唯一、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョが選ばれた。

モウリーニョは、2000年にベンフィカでトップチームの監督としてデビューし、その後、ウニアオン・デ・レイリアを経てポルト監督に就任。ポルトでは、ポルトガルのクラブがUEFAカップ(現在のEL)とCLを連覇する偉業を成し遂げた。その後、チェルシーでプレミアリーグ、インテルでセリエAと自身2度目となるCL、レアル・マドリードではリーガ・エスパニョーラを制覇するなど、異なるクラブで2度CLを制し、3大リーグの王者に輝いた監督として、現在のフットボールシーンを彩る世界一の名将の栄誉を獲得している。

UEFAが選んだ監督10名は以下の通り。モウリーニョが獲得したタイトルに引けを取らない成績を残しているカルロ・アンチェロッティやグアルディオラが含まれず、モウリーニョが世界を賑わしたそのパーソナリティも選出基準に含まれているのかもしれない。

UEFAが選定したサッカー界にインパクトを残した監督10名

ブライアン・クラフ
ヨハン・クライフ
ビセンテ・デル・ボスケ
アレックス・ファーガソン
エレニオ・エレーラ
ウド・ラテック
バレリー・ロバノフスキー
リヌス・ミケルス
アリーゴ・サッキ
ジョゼ・モウリーニョ

©FutePor -ふとぽる-

【動画付き】久々のモウリーニョ劇場。会見中になんと記者の電話に出てしまう!

『SAPO Desporto』

リバプール戦を控えた試合前記者会見に臨んだマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョが、久々に会見で「らしさ」を見せた。

チェルシー監督初就任時の「スペシャル・ワン」発言など、その記者会見がメディアを賑わすことの多いモウリーニョ。年を経て近年は昔ほど記者会見での言動が目立つことはなくなってきたが、久々に「モウリーニョ劇場」を披露してくれた。

モウリーニョが記者の質問に答えている最中に、1人の記者が録音のためにテーブルに置いていた携帯電話が鳴り出した。すると、モウリーニョはその電話に応答。「TalkSportsのAbiからだよ」と持ち主に知らせたのだった。

会見場は笑いに包まれ、してやったりとニンマリ笑うモウリーニョ。メディアを喜ばせるパフォーマンスは未だ健在のようだ。

動画は以下のツイートからリンクできます。

©FutePor -ふとぽる-

マルコ・シウバとの同郷対決が迫るモウリーニョ「私と比較されるのは彼にとって良くない」

『A BOLA』

FAカップでハル・シティと対戦するマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、新たにハル・シティの監督に就任した同郷監督マルコ・シウバとの対戦について語った。マルコ・シウバは、監督就任記者会見で、モウリーニョとの比較を受け「私はスペシャル・ワンではない、マルコ・シウバだ」と、加熱する比較に対して否定的な姿勢を示していた。

「マルコ・シウバにとって、私と比較されることは良いことではない。また正当ではない。ただ、我々のキャリアの初期に類似点はあるね。どちらもポルトガルの小さなクラブで監督を始め、のちに強豪クラブに行った。(注:マルコ・シウバはポルトガル2部のエストリルで監督を始め、母国リーグ最終年はスポルティングを指揮した) 彼は素晴らしい姿勢を持った賢い青年だ。ポルトガルでは最も優れた若手監督として知られている。ここプレミアリーグでは困難に直面するだろうが、彼にとっては良い機会だろう」

マルコ・シウバがスポルティングを率いた際、チェルシーの監督であったモウリーニョはCLで初めて自身の後継者も目されるワン若手指揮官と対戦した。当時からポルトガル人監督の先駆者であるモウリーニョにその手腕を讃えられていたマルコ・シウバは、果たしてプレミアの舞台でその才能の片鱗を先人に見せつけられるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョが語るポルトガル人がフットボール界でトップを取った秘訣とは?

『A BOLA』

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がFIFAのインタビューに応答。選手や監督、クラブなど、ポルトガルがフットボール界を席巻している秘訣について、自身の考えを語った。

「エウゼビオ、ルイス・フィーゴ、クリスティアーノ・ロナウド、そして私もトップの賞を受賞した。そして次はフェルナンド・サントスだろう。(注・フェルナンデス・サントスは2016年にポルトガル代表をEURO制覇に導き、年間最優秀監督賞のノミネート3名に残っている) ベンフィカとポルトはヨーロッパのタイトルを取っているし、ポルトガル代表はEUROを制した。大西洋にのぞむこれほど小さい国がだ。信じられないだろう!その秘密は、我々のパッションだ」

人口が少なく貧しい国だからこそ、ポルトガル人はおとなしいながらも内に情熱を秘めている。クリスティアーノ・ロナウドの努力の量を見ればそれは明らかだろう。今後も、モウリーニョをはじめとする熱意あるポルトガル人がフットボール界で活躍してくれるはずだ。

©FutePor -ふとぽる-