タグ別アーカイブ: セルジオ・コンセイサオン

コンセイサオンの退団意思に怒りのナント。それでも後任監督候補は3名のポルトガル人

『zerozero.pt』

フランスリーグ・アンに所属するナントが、新監督候補として3名のポルトガル人監督に注目しているようだ。

ナントは今季、ポルトガル人監督セルジオ・コンセイサオンがチームを率い、リーグ杯ではモナコに敗れた準決勝まで残るなど健闘した。しかし、会長が信頼を寄せた同監督は、今季限りでクラブとの契約を解除し、古巣ポルトの監督就任を希望していることが報じられ、会長の怒りを買ったとも伝えられた。

契約期間中の退団意思表明でなかば裏切られる形となったナントだが、コンセイサオンの実力は買っているようで、その後任にもポルトガル人監督の招聘を検討しているという。

ナントが関心を寄せるポルトガル人監督、1人目はブラジルW杯でポルトガル代表を率いたパウロ・ベント。今季はオリンピアコスを途中解任されたため現在はフリーの身となっている。2人目は今季ギマラインスをリーグ4位に導いたペドロ・マルティンス。一気に株を上げた同監督にはポルトやスポルティング、オリンピアコスらも関心を寄せている。そして3人目はビトール・ペレイラ。ポルトでリーグ2連覇を達成し、オリンピアコスやフェネルバフチェを率いた経歴を持つなど実績は十分。今季は1860ミュンヘンをドイツ3部に降格させたことから退団が噂されている。

ポルトガル人の中でも屈指の実力と評価を兼ね備えたセルジオ・コンセイサオンの退団のダメージは大きいが、ナントの新監督はその穴を埋めるのに十分な人選となりそうだ。

©FutePor -ふとぽる-

マルコ・シウバを逃したポルト。来季監督はコンセイサオンとパウロ・ソウザに狙いを絞る!

『SAPO Desporto』

ヌーノ・エスピリト・サント監督がわずか1年で退任したポルト。新シーズンに向けて、監督探しに奔走している。

ハル・シティを退団したマルコ・シウバは、プレミアリーグのワトフォードへの監督就任が濃厚となり、ポルトは大本命を逃す格好に。そこで2人の海外リーグで指揮を執る若き名将に狙いを定めた。

1人目は、クラブOBのセルジオ・コンセイサオン。現在はフランスのナントを率いて自らの評価を高めている。海外リーグへ挑戦する以前は、ポルトガル北の2強ブラガとビトーリア・ギマラインスを率いるなど、国内リーグでの実績は十分だが、ナントとは契約を残しているため、同クラブとの交渉次第となる。すでに同クラブはポルトからの関心を認め、オファーを拒否したとも伝えられている。

2人目は、フィオレンティーナ監督パウロ・ソウザ。選手時代はスポルティングとベンフィカでプレーし、ポルトとは無縁のキャリアを送ってきた。国内クラブを率いた経歴はないが、レスターやバーゼルなど、海外での経験は豊富。今季限りでフィオレンティーナとの契約が切れることもポルトにとっては追い風となる。

国内リーグでの経験が豊富で、ポルトと関係が深いが、契約解除金が必要なセルジオ・コンセイサオンか、はたまた、国内リーグでの指揮経験がなく、ポルトとは敵対するチームでキャリアを送ってきたが、海外での経験が豊富で、今季限りでフリーの身となるパウロ・ソウザか。ポルトは今週にも新監督を決めたい意向だ。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、ヌーノ・エスピリト・サントの解任を発表。新監督候補には5名の名が

ポルトが、ヌーノ・エスピリト・サント監督の解任を正式に発表した。

昨季フレン・ロペテギを途中解任し、その後チームを託したジョゼ・ペゼイロとも契約を解除し、今季よりクラブの元GKであるヌーノ・エスピリト・サントを招聘したポルトだが、わずか1年で再び監督交代を敢行した。

ヌーノ・エスピリト・サントに率いられた今季のポルトは、ポルトガルカップでは4回戦で格下シャービスに敗れ、リーグカップではまさかのグループリーグ敗退を喫していた。2012-13シーズンぶりのタイトルを目指したリーグ戦でも、クラブ史上最悪となる4試合スコアレスドローを含め、格下相手の引き分けが相次ぎ、勝率はモウリーニョが去った2004-05以来最悪となる55.1%を記録していた。

ポルトガルメディアが報じた新監督候補には、5名の名前が浮上し、『Maisfutebol』は読者に人気投票を実施。1番人気は、ハル・シティのマルコ・シウバ、次いで、フィオレンティーナのパウロ・ソウザ、スポルティングのジョルジ・ジェズス、ナントのセルジオ・コンセイサオン、そして、最後にギマラインスを4位に導いたペドロ・マルティンスとなった。

2012-13シーズンにビトール・ペレイラがリーグを制覇してから、パウロ・フォンセッカ、フレン・ロペテギ、そして今回のエスピリト・サントと、短期政権が続くポルト。タイトル奪還とチームの安定のためにも、次の監督には長期政権を任せられる人物を選びたいところだ。

©FutePor -ふとぽる-

ラニエリの後任に海外クラブを指揮するポルトガル人監督が浮上?

『SAPO Desporto』

クラウディオ・ラニエリを解任したレスターの新監督候補に、ポルトガル人監督セルジオ・コンセイサオンが浮上した。

『Record』によると、チームをプレミア王者に導いたラニエリの後任の1人として、このポルトガル人監督がリストアップされたという。しかし、大本命はマンチェスター・シティを率いるなどプレミアでの実績に優れるマヌエル・ペジェグリーニとされており、コンセイサオンは数多いる後任候補の1人であるようだ。

セルジオ・コンセイサオンは、かつてモウリーニョが率いたポルトでもプレーした元名選手。昨季はビトーリア・ギマラインスの監督に途中就任し、見事、不調に喘ぎ一時は降格圏に沈んだ強豪クラブを中位まで持ち直した。今季より、フランスのナントを指揮している。

©FutePor -ふとぽる-

インテル移籍のジョアン・マリオ、クレスポや怪物ロナウド、イブラヒモビッチ越え!

『Record』

土曜日、インテルへの移籍が決まったスポルティングMFジョアン・マリオ。『Record』によると、移籍金は4000万ユーロ+500万ユーロのボーナスと見られており、1999年に3200万ポンドで加入したクリスティン・ビエリにつぎ、クラブ歴代2位の高値がついた。(なお、『O JOGO』はビエリの移籍金を4500万と推定しており、「トップタイ」の移籍金と報じた)

ポルトガル代表10番は、このビッグディールで数々の名プレーヤーの記録を塗り替えた。インテルの移籍金ランキングでジョアン・マリオの後ろにつける3位は、2002-03にラツィオから3600万ユーロで加入したエルナン・クレスポ。5位につける怪物ロナウド(1997-98、2800万ユーロ)や、イブラヒモビッチ(2006-07、2480万ユーロ)ら錚々たるレジェンドプレーヤーの移籍金を超えた。

ジョアン・マリオの移籍金は、インテルでプレーしたポルトガル人選手の中でもトップとなった。2008-09にポルトから加入した9位リカルド・クアレスマ(2460万ユーロ)や2001-02に移籍してきた20位セルジオ・コンセイサオン(1800万ユーロ)、1997-98にドルトムントから加入したパウロ・ソウザ(760万ユーロ)など、母国のレジェンド越えを果たした。なお、2005年に加わったルイス・フィーゴは移籍金ゼロで加入している。

「移籍金に関しては」インテルの歴史に名を刻んだレジェンドたちを優に超えたジョアン・マリオ。果たして、その高額移籍金に相応しいパフォーマンスを発揮できるか。

©FutePor -ふとぽる-