タグ別アーカイブ: ゼニト

ベルギー代表MFウィツェルがユベントス行きを明言

『zerozero.pt』

かつてベンフィカでプレーしたゼニトのベルギー代表MFアクセル・ウィツェルが、将来のユベントス行きを明言した。

「現時点では、1月になるか6月になるかは分からない。ユベントスに行くかって?それは実現するだろう。ただ、いつになるかは分からない」

これまで幾度となくユベントス移籍が報じられてきたウィツェル。いよいよ長年の移籍の噂がこの1年のうちに実現するか。

©FutePor -ふとぽる-

欧州王者の若手MFラファ、その心はポルトでもゼニトでもなくベンフィカにあり?

『zerozero.pt』

ポルトガルメディア『Record』によると、EURO2016でポルトガル代表として欧州王者に輝いたブラガMFラファ・シウバが、ベンフィカ移籍を希望しているという。

複数クラブからの関心を集める欧州王者の若手MF。ただし同メディアによると、その未来はポルト、ベンフィカ、ゼニトの3チームに絞られつつあるという。そして、なかでもラファは、ベンフィカへの移籍に興味を示しているようだ。

ブラガに最も好条件のオファーを用意しているのは、さすがの金満クラブ、ゼニト。しかし、選手自身にはロシアリーグへ移籍する意思はなく、ポルトガルの2強を新天地として考えているようだ。

そして、ラファが選んだのは近年弱体化するポルトを尻目にリーグ3連覇を果たしたベンフィカ。一昔前前だと、ディ・マリアやコエントラン、ダビド・ルイス、ラミレス。最近だと、マティッチやシケイラ、ロドリゴにニコ・ガイタンなど、数々のスター選手を育成し、ビッグクラブに送り出しているベンフィカに、自身のキャリアにおける価値を感じているようだ。

ポルトガルで最も注目を浴びる若手選手となったラファ。新天地は、自身のキャリアをルス(ポルトガルで光の意。ベンフィカのホームスタジアムの名前)で照らす登竜門クラブになるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ブラガ、今夏の人気銘柄ラファ売却に強気な姿勢。ゼニトの1500万ユーロを拒否

『zerozero.pt』

ブラガのポルトガル代表MFラファ・シウバが、今夏の移籍市場において人気銘柄となっている。複数のプレミアクラブやポルトガルの強豪クラブからの興味に続き、ロシアの強豪ゼニトもその争奪戦に加わった。

ただしロシアメディアによると、ブラガはゼニトによる1500万ユーロのオファーを拒否。違約金である2000万ユーロ以下での売却は認めないようだ。

EURO2016を制し欧州王者に輝いた期待の若手ラファ・シウバ。同選手の希望は、ロシアではなくプレミアリーグであるという。母国の強豪ポルトへの移籍が間近との報道もあるが、注目選手の選択やいかに。

©FutePor -ふとぽる-

ユベントス、ポグバの売却資金でヴィツェルに触手か

『Record』

イタリアメディア『Tuttosport』によると、ユベントスがゼニトのベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルに興味を示している。

ゼニトとの契約を2017年の6月に終えるヴィツェルは、すでにクラブからの退団希望を明言。27歳のベルギー代表MFには、約2500万ユーロの市場価格が付けられている。ユベントスは、ポール・ポグバをマンチェスター・ユナイテッドに売り渡した場合の移籍金を獲得資金として活用する意向であるという。ただし、ユベントスは2000万ユーロ以上の移籍金を支払う意思はなく、同選手の成果によって増額させる契約形態を望んでいる。

ちなみに、2012年7月にベンフィカからゼニトに加入した当時、ヴィツェルの移籍金は4000万ユーロであった。当時の金額を鑑みると、ユベントスは「格安」で手に入れることになりそうだ。

©FutePor -ふとぽる-

EURO参戦中のポルトガル代表若手MFラファ、新天地の有力候補はあの金満クラブに?

『A BOLA』

ベンフィカでもポルトでもない。ラファ・シウバの新天地として有力となったのは、ロシアの金満クラブ、ゼニトであるようだ。同クラブは、現在ポルトガル代表の一員としてEURO2016に臨む23歳の若手MFの獲得に興味を示している。

アンドレ・ビラス・ボアスが退任し、新たに監督就任したミルチェア・ルチェスクは、昨季シャフタール・ドネツクを率いた際に対戦したブラガのエースであるラファを気に入っているようだ。そして、ブラジル代表FWフッキが中国へ移籍し、前線の枠が空いたことで、ラファ獲得への意欲を強めているという。

ただし、ブラガは、チームのエースを容易に手放すことはしないだろう。アントニオ・サウバドール会長は違約金である2000万ユーロを要求している。それでも、この比較的安価な違約金は、ゼニトにとって障壁とはならない。ただでさえヨーロッパ随一の金満クラブとして知られているゼニトだが、今季はフッキを中国に売却し、5500万ユーロもの大金を獲得したばかり。移籍交渉の手始めに、ブラガへ1500万ユーロのオファーを準備しているようだ。

ベンフィカやポルトなど国内の強豪クラブがこぞって獲得を目指す期待のMFラファ。ゼニトは、圧倒的な経済力を武器に熾烈な獲得競争を勝ち抜き、チームの新エースを迎え入れることができるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-