タグ別アーカイブ: ディオゴ・ジョッタ

ポルトガル、19年3月の代表メンバー25名を発表。ロナウド復帰、絶好調4名が初招集!

『zerozero.pt』

ポルトガル代表監督フェルナンド・サントスが、ユーロ2020予選ウクライナおよびセルビア戦に向けた代表メンバー25名を発表。「5名」の選手がサプライズ選出された。

最大のニュースは、クリスティアーノ・ロナウドの代表復帰だろう。ロシアW杯以降招集を見送られていた大エースが、CLアトレティコ・マドリード戦で歴史的な大逆転劇を演じたこのタイミングでリストに戻ってきた。

また、4名がフル代表に初招集。ベンフィカで飛躍的なシーズンを送る19歳のワンダーボーイ、ジョアン・フェリックスが満を持して招集。プレミアリーグでポルトガル人としてはクリスティアーノ・ロナウド以来となるハットトリックを記録するなど活躍するディオゴ・ジョッタも選ばれた。さらに、ブラガのエースとしてリーグの得点ランキング2位につけるディエゴ・ソウザが29歳にして初の代表入り。ポルトからオリンピアコスに移籍して以来好調を維持するジョゼ・サーもフル代表には初めて選出された。

注目の若手と代表を長らく引っ張ってきたベテランがバランスよく選出された今回のポルトガル代表。大エースの復帰となった新たな船出を好パフォーマンスで飾れるか。

以下、ポルトガル代表25名

GK
ルイ・パトリシオ(ウルバーハンプトン)
ベト(ギョズテペ)
ジョゼ・サー(オリンピアコス)

DF
ジョアン・カンセーロ(ユベントス)
ネウソン・セメード(バルセロナ)
ジョゼ・フォンテ(リール)
ぺぺ(ポルト)
ルーベン・ディアス(ベンフィカ)
マリオ・ルイ(ナポリ)
ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)

MF
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
ルーベン・ネーベス(ウルバーハンプトン)
ウィリアン・カルバーリョ(ベティス)
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
ジョアン・マリオ(インテル)
ジョアン・モウティーニョ(ウルバーハンプトン)
ピッツィ(ベンフィカ)

FW
ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)
ゴンサロ・グエデス(バレンシア)
ラファ・シウバ(ベンフィカ)
アンドレ・シウバ(ゼビージャ)
クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
ディオゴ・ジョッタ(ウルバーハンプトン)
ディエゴ・ソウザ(ブラガ)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)

©FutePor -ふとぽる-

18年9月のU-21ポルトガル代表メンバーが発表!トゥーロン日本戦で芸術弾の次世代エースも招集

『maisfutebol』

U-21ポルトガル代表監督ルイ・ジョルジが、9月のルーマニア戦およびウェールズ戦の2連戦に臨む22名の代表メンバーを発表した。

注目は、今年U-19世代の欧州選手権で王者に輝いた2人の飛び級選手。アーセナルの下部組織に所属するGKジョアン・ビルジーニアが初選出され、トゥーロン国際大会では日本戦で芸術的なFKを沈め、U-19欧州選手権では得点王に輝いたジョアン・フィリペも再度選出された。

他にも、マンチェスター・ユナイテッドから今季セトゥバルにレンタル移籍したジョエル・ペレイラや、今季ポルトのトップチームでデビューし早くも得点を記録したディオゴ・レイテ、アメリカに活躍の場を移したアンドレ・オルタ、20歳で名門ブラガの10番を背負うブルーノ・シャダス、ウルバーハンプトンで活躍するディオゴ・ジョッタら注目の若手選手もリストに名を連ね、ロシアW杯では悔しい結果に終わった母国の将来を担う若手選手が集った。

以下、U-21ポルトガル代表メンバー22名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手)

GK
ジョアン・ビルジーニア(アーセナル)☆ 初
ジョエル・ペレイラ(ビトーリア・セトゥバル)☆☆

DF
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆
ディオゴ・レイテ(ポルト)☆
フェーホ(ベンフィカ)
イバニウド・フェルナンデス(モレイレンセ) 初
ジョルジ・フェルナンデス(トンデーラ)
ペドロ・アマラウ(ベンフィカ)
ユーリ・ヒベイロ(ベンフィカ)☆☆

DF
ぺぺ(ビトーリア・ギマラインス)
ステファン・エウスターキオ(シャービス)
ブルーノ・コスタ(ポルト)
アンドレ・オルタ(ロサンゼルス)☆☆
ブルーノ・シャダス(ブラガ)☆☆☆
ジョアン・カルバーリョ(ノッティンガム・フォレスト)
ジョアン・フェリックス(ベンフィカ)☆
ペレイラ・ラージュ(クレルモン・フット) 初

FW
ディオゴ・ゴンサウベス(ノッティンガム・フォレスト)☆
ディオゴ・ジョッタ(ウルバーハンプトン)☆☆☆
ジウ・ディアス(ノッティンガム・フォレスト)☆
エリベルト(モレイレンセ)
ジョアン・フィリペ(ベンフィカ)☆☆

©FutePor -ふとぽる-

U-21ポルトガル代表が「暫定」25名を発表!レナトら招集の最強メンバーで念願のEURO2017優勝へ!

U-21ポルトガル代表ルイ・ジョルジが、EURO2017に向けた「暫定」代表メンバー25名を発表した。

最大のサプライズとなったのは、EURO2016にフル代表の一角として出場し、史上最年少で優勝メンバーとなったレナト・サンチェス(バイエルン)の招集。同日発表されたコンフェデレーションズカップに臨むフル代表から同じく漏れたジョアン・カンセーロ(バレンシア)とともに、1つ下のレベルでプレーすることとなった。

彼らフル代表を経験したメンバーのリスト入りは、念願の優勝を狙うU-21代表にとっては願ってもいなかった幸運だ。前回のEURO2015では、同日コンフェデ杯メンバーに選ばれた前回大会MVPウィリアン・カルバーリョ(スポルティング)やベストイレブンのベルナルド・シウバ(モナコ)、ラファエル・ゲヘイロ(ドルトムント)らを擁しながら、惜しくも準優勝に終わっていた。

今回は、前述のレナト・サンチェスやジョアン・カンセーロに加え、フル代表経験のあるゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)やルーベン・ネーベス(ポルト)、リオ・オリンピック10番ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)や同大会のチーム得点王ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)らもメンバー入り。他にも、ジョゼ・モウリーニョが期待を寄せてるGKジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)に、今季の国内リーグでますます株を上げたスポルティングCBルーベン・セメード、ポルトFWディオゴ・ジョッタ、ブラガFWリカルド・オルタら、数えればキリがないほど、注目の若手選手が出揃った。まさに史上最強メンバーと言っても過言ではない、死角のない布陣となった。

グループBに所属するU-21ポルトガル代表は、6月17日に初戦のセルビア戦を戦い、20日には最大のライバルであるスペイン、そして23日にはマケドニアと対戦する。なお、大会規定のメンバーは23名であるため、この25人の中から2人が、6日に招集外となり、選ばれし23名で念願のEURO制覇へ挑むこととなる。

以下、U-21ポルトガル代表暫定メンバー25名
(☆は筆者の独断と偏見による注目選手。五輪マークはリオ・オリンピックメンバー)

GK
ミゲウ・シウバ(ビトーリア・ギマラインス)
ブルーノ・バレーラ(ビトーリア・セトゥバル)☆五輪
ジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)☆五輪

DF
ペドロ・ヘボッショ(モレイレンセ)
ルーベン・セメード(スポルティング)☆☆
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)☆五輪
トビアス・フィゲイレード(ナシオナル)☆五輪
エドガル・イエー(ベレネンセス)☆五輪
ケビン・ロドリゲス(レアル・ソシエダ)
ジョアン・カンセーロ(バレンシア)☆☆☆

MF
ルーベン・ネーベス(ポルト)☆☆☆
フランシスコ・ラモス(ポルト)五輪
トーマス・ポドスタウスキー(ポルト)☆五輪
ジョアン・カルバーリョ(ビトーリア・セトゥバル)
フランシスコ・ジェラウデス(スポルティング)
ロニー・ロペス(リール)☆
ブルーノ・フェルナンデス(サンプドリア)☆☆☆五輪
レナト・サンチェス(バイエルン)☆☆☆

FW
ディオゴ・ジョッタ(ポルト)☆☆☆
ダニエル・ポデンセ(スポルティング)
リカルド・オルタ(ブラガ)☆☆
イウリ・メデイロス(ボアビスタ)☆
ゴンサロ・パシエンシア(リオ・アベ)☆☆五輪
ブルマ(ガラタサライ)☆
ゴンサロ・グエデス(パリ・サンジェルマン)☆☆☆

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、ディオゴ・ジョッタの買取オプションを不履行へ

『SAPO Desporto』

ポルトは、アトレティコ・マドリードからレンタル移籍しているU-21ポルトガル代表MFディオゴ・ジョッタの買取オプションを行使しないようだ。

ポルトは、2200万ユーロで同選手を買い取るオプションを保有しているが、その移籍金に見合う活躍ができていないと考えているという。ジョッタは、シーズン前半戦こそ、デビュー戦の前半だけでハットトリックを記録するなど大活躍したが、シーズン後半になると、アルジェリア代表ヤシン・ブライミの復調もあり、出場機会を激減させていた。

完全移籍の可能性がなくなり、来季はポルトに残らないことが有力となったディオゴ・ジョッタ。一度アトレティコへ戻ってもスタメン確保は困難と推測されるため、再度レンタルに出されそうだ。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、38試合8得点ディオゴ・ジョッタのレンタル延長を打診へ。シメオネの決断が鍵に

『SAPO Desporto』

ポルトがアトレティコ・マドリードからレンタルしているU-21ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタのレンタル延長を検討しているようだ。

昨季、パソス・デ・フェレイラからアトレティコへ移籍したジョッタは、シーズン開幕前にポルトへレンタル移籍。シーズン前半戦は、アンドレ・シウバと組んだ2トップなどでアシストを量産する活躍。ポルトのポルトガル人としては最年少でのハットトリックも記録した。後半戦こそ、新加入チキーニョ・ソアレスにポジションを奪われたが、途中出場から絶えず結果を残し続け、直近の6試合も2ゴール1アシストと控え選手としては十分な成績を残している。

ポルトは、そんなジョッタを来季もチームに残したいと考えており、2200万ユーロという高額な買い取りオプションを行使する経済的な余裕がないことから、アトレティコにもう1年のレンタル延長を申し込む意向だという。

もし、アトレティコのシメオネ監督が同選手の復帰を望めば、ポルトの願いは叶わない。しかし、ジョッタ本人がシメオネ監督からの信頼を得ることを難しく感じ、出場機会を求めてポルトへの残留を希望すれば、もう1年の残留は実現するだろう。シメオネ監督の決断が、ポルトとジョッタの運命を握っている。

今季はアシストだけでなく、38試合で8ゴールを記録するなど、その得点力を十分に見せつけている20歳のディオゴ・ジョッタ。多くのポルトガル国民は、母国期待の若手選手の残留を望んでいることだろう。

©FutePor -ふとぽる-