タグ別アーカイブ: トッテナム

トッテナムがトルコでプレーするポルトガル人選手にコンタクトを開始か

『A BOLA』

トッテナムが、ガラタサライに所属するポルトガル人FWブルマにコンタクトを取り始めたようだ。

トルコメディア『Aksam』によると、トッテナムはすでにブルマの視察にスカウトを派遣。コンタクトを取るのに十分なプレーを見せたことから、両クラブの会話が開始したという。

同メディアによると、ブルマの移籍にかかる推定移籍金は2500万ユーロ。それほどの価値がある選手かどうかは疑わしいところだが、果たして。

©FutePor -ふとぽる-

リバプールやトッテナムらプレミアの複数クラブが、ポルトガルリーグ暫定得点王に関心

『zerozero.pt』

ビトーリア・ギマラインスに所属するマリ代表FWムサ・マレガに、プレミアリーグの強豪を含む複数クラブが関心を寄せている。

ここまで8試合で10ゴールと絶好調の25歳に関心を寄せるのは、リバプールやトッテナムら超名門クラブを始め、ストークやワトフォード、サンダーランドにクリスタルパレスなど多くの中堅クラブ。マレガは、ここまでリーグ5位と好調を維持するギマラインスのエースとして、前節リオ・アベ戦ではキャリア初となるハットトリックを記録していた。

マレガは昨季、マリティモからポルトに加入するも、結果を残せず不遇の時を過ごし、今季末までギマラインスにレンタルされている。ポルトとの契約は2020年まで保持しており、違約金は4000万と高額である。

©FutePor -ふとぽる-

トッテナム、ポルトガル代表MFアドリエン・シウバに1500万ユーロを用意か

『Record』

フランス紙『レキップ』によると、トッテナムがスポルティングのポルトガル代表MFアドリエン・シウバに1500万ユーロのオファーを用意しているようだ。

トッテナムを率いるポチェッティーノ監督が、スポルティングでキャプテンを務め、ポルトガル代表ではEURO2016決勝でもプレーし欧州王者に輝いたアドリエンを高く評価。数名の余剰戦力を放出し次第、獲得に向かう意向であるようだ。

27歳のアドリエンは、昨季スポルティングとの契約を2020年まで延長。違約金は4500万ユーロに設定されている。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティングエースを巡り、プレミアリーグで再び「頂上決戦」が勃発

『A BOLA』

今期プレミアリーグを優勝したレスターと、千載一遇のチャンスを逃した2位のトッテナムが、スポルティングのエースFWスリマニを巡り、再び「頂上決戦」を繰り広げている。

両クラブは、来季の新戦力としてスポルティングのアルジェリア代表FWを狙っているが、現在はトッテナムが優勢であるようだ。ロンドンのクラブは、違約金である3000万ユーロを支払う用意があるという。今期目覚ましい活躍を果たしたスリマニは、現在26ゴールをあげ、リーグの得点ランキングで2位につけている。

プレミアリーグでは王者の座をレスターに奪われたトッテナム。ストライカー獲得に際し、「逆襲」となるか。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティングのエースにブンデスリーガの複数クラブが関心

『Record』

スポルティングのエースFWの獲得に、ドイツの数クラブが興味を示している。

アルジェリア代表FWイスラム・スリマニは、今季全コンペティションで計8ゴールを記録。直近の2シーズンでも二桁得点を残すなど、スポルティングの絶対的エースに君臨している。

ドイツメディアによると、スリマニに関心を寄せているブンデスクラブは3つ。レバークーゼン、ブレーメン、シャルケである。ちなみに、このアルジェリア代表FWはプレミアクラブからも注目されており、ウェストハムとトッテナムも獲得競争に参戦している。

スポルティングの「9番」は、今季クラブとの契約を延長したばかり。2020年までの長期契約を結んでいる。しかし、クラブも選手のビッグクラブへの躍進に理解を示し、違約金は3000万ユーロと、スポルティングにしては「格安」に設定されている。

©FutePor -ふとぽる-